2021年 新作ペヤング振り返り。「良かった」&「ヤバかった」味14選!

 

■スポンサーリンク■


2021年のペヤングを振り返ってきます。

今年はたくさんのペヤングが登場しただけあって、良かったものとヤバいものと両極端でした。

どちらも多かったのも特徴です。

今回はその中でも記憶に残るものをピックアップしました。

どの商品もすごかったです。
あまかず
あまかず
こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。今回はペヤングのふりかえりです!

2021年のペヤングを振り返る

2021年もたくさんのペヤングが発売されました。

今年は極めて多く数で言えば35種類以上登場しました。

昨年の22種類に比べれば圧倒的な数ですよね。
バリエーション系での水増しかと思いきや、ちゃんと毎週毎週新作が登場。

追っかけるのもなかなか大変でした。

今年の特徴は「うまい系」が非常に多かったということ。

ここ数年ペヤングはネタに走りがちでした。

もちろんネタ系のペヤングは登場しましたが、それでもうまい系は多かった。

これにはファンをやっていてとても嬉しかったですね。

そしてキワモノ系も比例して多かった。

量と辛さはペヤングの代名詞と言っても過言ではありません。

ペタマックスや獄激辛系が結構登場ししました。

おかげで手がつけられないものも多く見逃した商品も幾つもあったんですよね

こればかりは残念でしたよ。

2021年良かったペヤング7選!


というわけでまずは良かったペヤングから紹介していきます。

数ある中でもピックアップしたいのは以下の6種類です。

名前から想像つきそうなものからそうでないものまでいろいろありますよ。
  • 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば
  • オムそば風やきそば
  • たっぷりメンマやきそば
  • シーフードやきそば
  • ねぎラー油やきそば
  • 辛口ホルモンねぎやきそば
  • 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ

中でも上位に入ってくるのは「メンマ」と「幸楽苑」ですね。

この二つはできればまた食べたいですね。

幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば


まず最初に紹介するのは「幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば」です。

2021年11月1日は発売になりました。

名前の通り中華レストランの「幸楽苑」とコラボしたメニュー。

幸楽苑の「味噌野菜たんめん」をペヤングで再現した商品です。

名前の通りこってりした味噌の風味がたまりません。

野菜もたっぷりだったのでとても良かったです。

ちなみに本家と比べるとやはり野菜の味が物足りなかったですね。

でも激うまペヤングでした。

余談ですが、幸楽苑でもペヤングが監修したやきそばが登場していましたよ。

オムそば風やきそば


続いて紹介するのは2021年10月25日に発売になった「オムそば風やきそば」です。

B級グルメとして定番の「オムそば」をペヤングで再現した一品。

オムそばと言っても卵で包まれているというより、スクランブルエッグが入っているイメージです。

たっぷりのマヨ、フワフワの卵、甘味のあるコッテリとしたソースの一体感は半端ない。

濃厚でめちゃ美味しい。

いつものペヤングとは一味違う味を楽しめます。

まぁ、これをオムそばというかは・・・・正直複雑なところですね

でも美味しかったので超許せます!
 

たっぷりメンマやきそば


2021年9月13日に発売された「たっぷりメンマやきそば」は過去最高クラスの美味しさでした。

今までありそうでなかった「メンマ」がたっぷり入ったペヤングです。

MAXシリーズではなく「たっぷり」というのがちょっと控えめなのも好感触。

肝心の味はというと、醤油とラー油を効かせた中華系のタレはガチでうまい。

鷹の爪やネギも入っているので風味としては最高です。

肝心の具材であるメンマも名前の通りたっぷり入っているのがいい!

1個食べたら絶対2個食べたくなるペヤングです。

もし見かけたら手に入れてみてください!

シーフードやきそば


ペヤング「シーフードやきそば」は2021年8月2日に発売になった商品です。

今まで「シーフード」単体では発売されたことはありませんでした。

満を辞して「シーフード」の登場です。

シーフードという名前の通り、カニカマ、イカ、エビなどたっぷりの海鮮具材が入っています。

味付けは塩ベース。海産物の旨みや、塩ダレの旨味をかんじられました。

具材がたっぷりなのもいいですね。

黒胡椒を少し足せばスパイシーになりますよ。

ただ、注意点を挙げるとすると塩味がかなり強くなっています。

しょっぱいのが苦手な人は注意したほうがいいかも。

ねぎラー油やきそば


2021年5月24日に登場したのは「ねぎラー油やきそば」です。

「ネギ塩マヨやきそば」と同時発売になった商品。

名前の通りネギとラー油をふんだんに使ったやきそばです。

正直、ネギとラー油の組み合わせは「最高」ですよ。

ニンニクが効いた醤油ベースのタレはラー油のおかげでピリ辛。

そこにネギの香ばしい風味が加わり食欲をそそりまくります。

結構こってり目なんですが、一度食べたら止まりません。

ネギのパリパリなのもポイント高いですよ。

僕は「ネギ塩マヨ」より「ネギラー油」派です。

もう一度出てほしいですね。

辛口ホルモンねぎやきそば

パッケージ斜め

「ペヤング 辛口ホルモンねぎやきそば」は2021年2月8日に登場したやきそばです。

過去に一度ホルモン入りはありましたが、再びの登場となります。
完成

甘辛系の味噌ベースのタレはかなり濃厚で具材のホルモンややきそばと良くあいます。

ネギのおかげで香ばしさもあるので食欲もそそられるのがいい!

ちなみに、辛口とありますがそれほど辛くなくほどよりピリ辛感ですね。

かなり完成度の高い商品でした。

ちなみに、12月27日に似たような味付けの「ペヤング ホルモン焼き風味噌仕立て やきそば」も登場しました。

そちらも美味しかったですね。

超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ

ペヤングのやきそばというと「激辛」が有名です。

その中でも10月18日に登場した「超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ」はかなり異色のペヤングでした。

名前からしてかなり異色ですよね。

どんなペヤングかというと、豆板醤ベースのピリ辛なペヤングです。

激辛や獄激辛の様に痛いような辛さはありません。

旨みをしっかりと感じれるやきそばで良かった!

ただ、過去に登場した「火炎風やきそば」に似た仕上がりですね。

今年もあった。ヤバかったペヤング7選!


今年はうまいペヤングも多かったですが、やばいペヤングも非常に多かったです。

あたりもあればハズレもあるのがペヤング。

中でも特にやばかった商品をご紹介します。

それが以下のラインナップ。
  • 獄激辛シリーズ
  • にんにく納豆やきそば
  • 超超超超超超大盛ペタマックス辛味噌ラーメン

どれも本当にやばかったですね。

獄激辛シリーズ


獄激辛といえばペヤングで最も辛いやきそばです。

刺さる辛さはマジでしんどいんですよね。

そんな「獄激辛」系のやきそばは今年数多く登場しました。

そのラインナップは以下の通り
  • 獄激辛カレーやきそば
  • 獄激辛担々やきそば
  • 獄激辛にんにくやきそば
  • 獄激辛麻婆やきそば
  • 超大盛やきそばハーフ&ハーフW獄激辛

カレーやきそばに始まり超大盛のハーフ&ハーフまであらゆるタイプの獄激辛が登場しました。

どのやきそばも激辛で本当にヤバかった。

中でもにんにくは辛さと臭いのダブルパンチでとんでもないやきそばでしたね(笑)

にんにく納豆やきそば


今年は獄激辛以外でもやばいペヤングがありました。

それが9月27日に登場した「にんにく納豆やきそば」です。

納豆とにんにくという組合せはなかなかにパンチがありますよね。

二つともにクセのある食材です。

その二つが組み合わさるとどうなるのか?

これは食べた人ではないとわからない感覚ですね。

納豆の風味とニンニクの風味が絶妙なハーモニーを奏でて
結構やばかったです(笑)

超超超超超超大盛ペタマックス辛味噌ラーメン


ペタマックスといえば通常のペヤングの7.3倍の量が特徴です。

今まではやきそばのみの発売でしたが、2021年6月17日にラーメンでもペタマックスが登場しました。

気になる味ですが、ラーメンとしては普通です。

むしろ味噌味で美味しい部類に入ります。

でも、量が多い。正直半端ない多さです。

1人では食べきれないので2人でなんとか食べきりました。

ただ、普通に食べると飽きるので工夫が必要なペヤングです。

2022年のペヤングへの期待

こうしてみるといろいろな種類のペヤングが登場してきました。

ただ、気になる点としてはネタ被り的なものも多かったかなぁと。

手を変え品を変え新作を出してくるのも面白いです。

ただ、ネタが被って別名で出すくらいないなら、ブラシュアップしてリバイバルというのもありですよね。

過去には美味しい商品も多数出てたのでその辺の復刻をやってほしなぁ。

来年もきっとたくさんのペヤングが登場することでしょう。
これからもチェックしていきたいですね。

ペヤングさん来年もよろしくお願いします。
 

■スポンサーリンク■

今日のポイント

以上、今年のペヤングを振り返る話でした。

本当に今年は新作の発売が多かったです。

手に入れるが大変なものもありちょっと焦った時もありました。

なんとか売っているお店とかも教えてくれるとありがたいあなぁ、と思うばかりです。

来年もいろいろなペヤングをチェックしていきますよ〜
あまかず
あまかず
今年はあたりとやばいが非常に多い年でした。来年も良いペヤングを!

あわせて読みたい関連記事

【最新版】「ペヤング」 の歴代商品まとめ。実食してご紹介!

2020年 新作ペヤング振り返り。「良かった」&「ヤバかった」味10選!

2019年 おすすめペヤング ベスト6。今年も個性あふれるペヤングに出会えてよかった!

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間41万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ