2021年食べて美味しかった「家ラーメン」 10選。さらなる飛躍を感じる1年だった!

 

■スポンサーリンク■


2021年家で食べたラーメンについてまとめてみました。

今年もたくさん家でラーメンを食べてきました。

本当に色々出会えましたね。

今回はコンビニ、袋麺、冷凍麺で分類しています。

来年のラーメンを選ぶ参考していただければ幸いです。

さっそく紹介していきます!
あまかず
あまかず
こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。2021年の家ラーメンのまとめです!

2021年の家ラーメンをふりかえり


2021年も昨年に引き続きなかなか外に行く機会がありませんでした。

まぁ、コロナ禍と言うことで仕方無いと言えば仕方無いです。

そんな事情もあり家ラーメンは今年も絶好調。

各企業も力に入れており様々な麺が登場しましたね。

今回は
  • 美味しかったコンビニ麺
  • 美味しかった袋麺
  • 美味しかった冷凍麺

と言う3つの切り口で紹介していきます。

来年へのラーメンへの参考にしてください。

ちなみにカップ麺はまた別記事にできたらなぁと。

美味しかったコンビニ麺


2021年もコンビニ麺は熱かったです。

中でも各社の出すインスパイア系のメニューは年々進化しています。

特にまぜそば系がすごかった。

今回ご紹介する3つはどの商品も絶品。

お店で出てきてもおかしくないくらいのメニューでしたよ。

「とみ田監修冷し豚中華 芝麻醤仕立て」(セブンイレブン)


夏に登場した「とみ田監修冷し豚中華 芝麻醤仕立て」はとてもインパクトのある麺でした。

商品名どおりゴマの風味が食欲をそそります。

ニンニクも入っているのでかなりパンチのある味付け。

かなり濃厚な仕上がりです。

そして、麺も極太でかなりコシがあります。顎が痛くなるほどの食感。

コンビニ麺でも屈指でしたね。

具材もたっぷり入っているのでかなり食べ応えのある一杯でした。

毎年ブラシュアップされるので来年が楽しみです。

「マシマシにんにく冷し中華」(ファミリーマート)


最近何かとファミマでコラボ商品が登場する「千里眼」。

もちろん、ラーメンも美味しいんですが冷やし中華はダントツに良かった。

千里眼の冷やし中華といえば行列必至の人気メニュー。

それがコンビニについに登場しました。

ワシワシとした極太麺は食べ応え十分。タレはニンニクの効いた鶏白湯系。

かなり濃厚な仕上がりでクセになります。

具材もシャキシャキの野菜や、分厚いチャーシュー、辛い揚が入って

なかなか本格的な仕上がりです。ぜひこれは夏の定番メニューにしてほしい!
 

「ジャンクガレッジ監修 まぜそば」(ローソン)


ローソンから今年3月に登場したのはガッツリ系まぜそばのパイオニアと言える「ジャンクガレッジ」監修のまぜそばです。

ジャンクガレッジ監修ということもあり具材はかなり本格的。

キャベツ、小松菜、もやし、フライドガーリック、揚げ麺、卵黄ソース

とかなりボリューミー。

気になる麺とタレですが、麺は平打ちの極太麺。かなりコシがあって食べ応えは十分すぎます。

そして味はこってりとした濃厚な醤油だれ。もちろんニンニクも入っているのでパンチは効きまくりです。

具材のさまざまな食感を楽しめる一杯でしたね。

これはまたぜひ登場してほしいです。

美味しかった袋麺


続いてご紹介するのは袋麺です

昨年から進化が続く袋麺。

今年もさらに進化した商品がたくさん出てきましたよ。

インスパイア系、激辛系、まぜそば系、鍋しめ系

と個性豊かなライナップで非常に楽しかったです!

「日清豚ラ王 アブラ、ニンニク、ショウユ」(日清食品)


日清は今年もたくさんの二郎インスパイア系の麺を出してきました。

その種類はカップ麺もあれば、袋麺、チルド麺など多種多様。

中でもラ王ブランドの「日清豚ラ王」はかなりのクオリティでした。

ノンフライの麺はかなりワシワシで食べごたえはあります。

スープも豚骨が効いた濃厚な味。ニンニクが効いているのもいいですね。

カップでもいいんですが、袋麺の方がいろいろアレンジができるので個人的には袋が1番でした。

ちなみち、レンジでも鍋でも調理できるのがすごいデス。

「日清爆裂辛麺 極太激辛ラーメン」(日清食品)


日清から登場した新しい袋麺のシリーズが「爆裂」です。

激辛以外にも焼きそばやニンニク醤油ラーメンがあります。

個人的にはやはり「極太激辛ラーメン」が良かったですね。

食べ応えのある極太麺がクセになる。

そしてスープですよ。結構バンチのある辛さで食べると汗が止まりません。

そのまま食べるより野菜ミックスがあるとより美味しく食べられます。

調理手順通り麺と一緒に煮込んでもいいですが、

野菜炒めにするとシャキシャキの野菜を楽しめるのでおすすめですね。

この麺もいろいろアレンジできるのが楽しいです。

「明星 ひとり〆ラー鍋 辛麺屋輪監修 宮崎辛鍋」(明星食品)


2021年のトレンドの一つにラーメン店監修の鍋スープがたくさん登場しました。

鍋で締めのラーメンは定番ですが、鍋スープまでラーメンなのは斬新ですよね。

いろいろ登場した中でピカイチだったのが「明星 ひとり〆ラー鍋 辛麺屋輪監修 宮崎辛鍋」です。

1人用の鍋スープと麺がセットになっている商品です。

宮崎辛麺といえば激辛のご当地麺。辛めのスープがたまらない。

汗を流しつつ鍋を食べ、締めにラーメンを食べるのは至福の一言。

1人でも楽しめしるのは嬉しいですね。

このシリーズの他の麺もめちゃ美味しかったです!

「チャルメラ もやしが超絶うまい まぜそば ニンニクしょうゆ味」(明星食品)


今年登場した袋麺で斬新だったが明星食品から登場した「チャルメラ もやしが超絶うまい まぜそば ニンニクしょうゆ味」です。

名前からしてインスパイア系の商品かと思いきや、ニンニクのパンチが効いたまぜそばでした。

もやしを使うことを前提にしているので食べるときは絶対にもやしが必要です。

また、アレンジもいろいろできるのが嬉しい。

公式サイトではインスパイア系の名店千里眼のアレンジもありなかなか良かったです。

辛いバージョンも登場してこれからも期待ができる袋麺ですね。

美味しかった冷凍麺


最後にご紹介するのは冷凍麺部門です。

冷凍麺も今年は進化をしていました。

リニューアルもありましたが、新商品も多数登場して目が離せないジャンルでしたね。

また、近年は冷凍したお店のラーメンも自宅で楽しめます。

なのでここでご紹介します。

「セブンプレミアムゴールド とみ田つけめん」(セブンイレブン)


2019年に登場したセブンイレブンの冷凍食品「セブンプレミアムゴールド とみ田つけめん」。

本格的なつけ麺でまるでお店の麺のような仕上がりです。

そんなつけ麺が2021年リニューアルしました。

具材のチャーシューが分厚くなり麺の量が増えより食べ応えが増しましたよ。

肝心の麺はというともっちして小麦の味をしっかりと味わえます。

つけ汁も魚介の風味が濃厚でクセになります。

冷凍麺には思えない一杯ですよ。

「日清本麺 こくうま醤油ラーメン」(日清食品)


日清食品から新たに登場した冷凍ラーメンシリーズが「日清本麺」です。

登場したのは「醤油ラーメン」と「味噌ラーメン」です。

今回紹介したのは「醤油」なんですがめちゃ美味い。

背脂のはいった醤油なんですがスープが美味いのもさることながら麺が美味い。

冷凍とは思えないプリプリの麺がクセになるんですよね。

普通の生麺をたべているような感覚で小麦の風味もしっかり感じました。

冷凍ラーメンの新しい可能性を感じる1杯でしたね。

「ニンニクザンマイ」(千里眼)


今年さまざまなコラボ商品が登場した「千里眼」さん。

いろいろ食べてきましたが、やはり本家の麺も食べたい!

ということでネット限定で販売されていた「ニンニクザンマイ」をゲットできました。

ニンニクをたっぷり使ったまぜそばなんです。

作って食べてみるとやはりめちゃ美味い。

ニンニクを使った濃厚なタレはパンチがありますね。

麺もモチモチで美味しい!

チャーシューも分厚くて食べ応えもバツグンです。

刻みにんにくやもやしは必須ですが、あればより美味しく食べられます。

これはまた食べたいですね。

2021年の家ラーメンへの抱負

今年は結構家ラーメンを食べましたね。

ホントこの1年で進化しました。

昨年も進化したんですが、より飛躍したという感じですね。

新しい切り口の麺も増えたのが特徴ですね。

名店の鍋ラーメンや具材を前提にした袋麺ですね。

これは面白いですよね~

果たして来年はどんな変化があるのか?

これからの進歩に期待していきたいです。

来年もたくさん食べれたらいいなぁ~
 

■スポンサーリンク■

今日のポイント

以上2021年のオススメ家ラーメンのまとめでした。

こうして食べると結構たくさんの麺を食べてきましたね。

新しいのが登場するとチェックしたくなるんですよね。

来年もきっといい麺に出会えるはず!

それを楽しみに毎日過ごしていきます。
あまかず
あまかず
来年ももちろんたくさん食べていきたいです!

あわせて読みたい関連記事

2020年食べて美味しかった「家ラーメン」 6選。麺の進化を感じた1年!

2020年ベストラーメン 5選。あまかずが東京で出会った至極の一杯

2019年おすすめラーメン ベスト6。あまかずが東京で出会った至極の一杯

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間41万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ