物足りない記事をよくするテクニック。書く前に「5W1H」でネタの深掘りをしよう!

ブログを書いた時、その内容になにか物足りなさを感じる事ってありませんか?

それは書くための情報が不足しているからかも。

書く前に一度ネタをしっかりと掘り下げる必要があります。

その掘り下げ方についてご説明します。

広告

物足りない記事をよくするテクニック。書く前に「5W1H」でネタの深掘りをしよう!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回はブログを書くときにオススメしたい方法をご紹介します!

物足りなかったらネタを掘り下げる

ブログを書いている時にこんなことが良くあります。

  • ブログの内容があっさりしすぎている
  • しっかりかけているけど何か物足りない

これはネタの掘り下げが足りないときに良く起こる現象です。

書く内容について何を書くか、どこまで書くかをはっきりさせていない証拠です。

つまり書くための情報が揃ってないんですよね。

そんな時は

書く前にネタをしっかり掘り下げる事をオススメします。

掘り下げることによって深くなる

ではなぜネタの深掘りが必要になってくるのか?

理由は単純です。

ネタを深掘ることにより、書くための情報量がふえます。

その情報が増えることによって内容が濃くなってきます。

そして、どこまで書くか、何を書くべきかなどがはっきりして伝えやすくなります。

では、そのネタを深掘りをするにはどうしたらいいのか?

一番シンプルなツールが「5W1H」の質問。

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

この質問をネタに対してぶつけていくとかなり深掘りができるよになります。

実際に深掘りをしてみる

では実際に深掘りをして見ましょう。

例えば、この「一平ソバ」を食べに行った記事。

併せて読みたい記事

ネタ的には、一平ソバという店で「ヘルシー一平ソバ」を食べた。

という内容です。

このネタに対して「5W1H」の質問を投げかけてみます。

  • いつ(When) ⇒ 最近
  • どこで(Where) ⇒ 法政大学小金井キャンパスそばの「一平ソバ」にて
  • だれが(Who) ⇒ 僕が
  • なにを(What)⇒ ヘルシー一平ソバを食べた
  • なぜ(Why) ⇒ 油そばが食べたかったから。
  • どのように(How)⇒ あっさりした味付けの油そばが美味しい!

という具合にネタの深掘りが出来ました。

必要に応じてさらに深掘りをしてあげるとさらに濃くなってきます。

  • なぜその店にいったのか?
  • その麺には何がのってるのか?

などこまかく絞って掘り下げてみても問題無いです。

また、この5W1Hは全部に答える必要はありません。

「なぜ」「なにを」の部分を集中してやってあげてもOK。

自分が必要な情報をあつめる質問がいいでしょう。

書くための情報をあつめるためにどんどん質問してください。

そうやって出てきた情報は精査して記事に盛り込むか選んで行けばいいだけです。

記事の内容が弱いと感じたらネタを掘り下げてみよう!

記事が上手にかけないのは、書くための情報が少ないからです。

この深掘りはその情報を引き出すテクニック。

試してみてください。

また、この方法は前回紹介した以下の方法と親和性が高いです。

ブログを書く前の下準備の作業になりますが

やっておいて損はないので是非やってみてください。

まとめ

それでは今日のまとめです。

  • ブログを書く前にネタを掘り下げてみる
  • 掘り下げ方は「5W1H」形式で尋ねてみる

です。

書くための情報を集めることが大切です。

今日のポイント

以上、記事を書く前にネタの深掘りをしよう。という話でした。

僕自身これをやり始めてからしっかりとかけている感覚があります。

料理もそうですが、材料がないと作れないのと同じで

文章も書くための材料がないとかけないんですよね。

書くための必要な情報をしっかりと集めてみてください。

あまかず
記事が書けないのは情報不足というのがあります。
その情報不足を補うためにも
深掘りは必要なんですよね。
ぜひ試してみてください。

参考にしたい本

あまかずブログ術関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・オタク・ペヤンガー etc。人生を好きな事、楽しいこと、幸せで満たすためのブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ