あまかずからのお知らせ

「1日ファスティング」に挑戦してみた。大食漢な僕でも手軽に出来た!

3食食べることが大好きな僕が「1日ファスティング」に挑戦してみました。

ファスティングとは断食のこと。

いろいろ心配でしたが、やってみたら案外出来るもんですね。

目に見える結果も出ました。

さっそくご紹介します!

広告

「1日ファスティング」に挑戦してみた。大食漢な僕でも手軽に出来た!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

食べることが大好きな僕がついにファスティングを決意しました。

ファスティングに挑戦してみる

今まではあまり気にしなかったのですが、僕もここ最近健康に気を使うようになりました。

昨年から休肝日を作ってアルコールの摂取量を減らしています。

健康について意識するとなると、体重も気になるところです。

いきなりですが、僕は重量級の体重の持ち主。具体的に数字を挙げると120㎏。かなりの肥満体です。

僕自身食べることが大好き。3食しっかりといただくのがこの上ない幸せです。

結果ぐいぐいと体重が増えてかなり増えてしまったんです。

太ってくるといろいろ不都合がある。やっぱり痩せたいですよね。

なんせ今年は結婚を控えていますし。かっこよくタキシードを着たい。

実際ダイエット何回か試みてみましたが、うまくいかないんですよね。

かつては糖質制限にも挑戦しました。しかし、なんか投げ出してしまう。

これは根本的に変えなければいけないと思い、今回ファスティングに挑戦しようと決心しました。

ファスティングの為にしたこと

そもそもファスティングってなんだろう?

そう思いネットで情報を検索したり、ネットだけではなく本を購入して読んでみました。

実は僕自身もあんまり知らなかったんですよね。

今回特に参考にしたのは以下の2冊です。

そもそも、ファスティングというのは簡単に言えば「断食」のこと。

しかし、タダの断食ではなく野菜の栄養が入った酵素ドリンクを飲みながら行うのが現在の主流だそうです。

半日・1日・3日・1週間といろいろ種類がある模様。

今回は手軽に出来る「1日ファスティング」に挑戦してみたいと思います。

本やネットの情報を見ている中でポイントなる点が3つありました。

  1. 準備日・実施日・回復日を用意する
  2. ファスティング中は酵素ドリンクを飲む
  3. 回復日が大切

それぞれ説明していきます

準備日・実施日・回復日を用意する

まずは、「準備日・実施日・回復日を用意する」です。

ファスティングは気が向いた日にやればいいと言うモノではありません。

断食なので体を慣らしていく必要があるそうです。

準備日はあまり食べないようにする。

回復日はゆっくりと食を戻していく。

それぞれ重要な役割があるんですね。

なお、各日数は実施した1~2日程度用意するのがいいらしいです。

実施日が1日なら前後1日ずつ準備と回復にあてる。

3日実施するなら準備に2日、回復に2日あてる。

という感じです。

ファスティング中は酵素ドリンク

ファスティング当日は栄養が不足します。

不足した栄養を補うために「酵素ドリンク」を飲むのがいいとのこと。

薬局や通販などで「酵素液」を買うことが出来ます。

安くても2000円~ですかね。

この酵素液を水や炭酸で割って飲むだけです。

僕は今回ベジアプリという酵素液を買ってみました。

酵素液が無理という方は食塩・砂糖が無添加の野菜ジュースでもOKみたいです。

回復日が大切

ファスティングの一番大切な所は実は「回復日」にあるといえます。

胃がリセットされているなかで、回復食を無理して食べるとせっかくのファスティングも台無になってしまいます。

なので、復食は胃の負担にならないモノや食物繊維など体にいい物を取るようにします。

ファスティングを実行してみた

先ほどポイントを抑えつつファスティングを実行してみます。

実施日込みで3日間。この期間の食生活を追ってみたいと思います。

準備日

朝・昼は普通に食事を取りました。

夜は翌日の実施日を意識して野菜スープのみ。

もちろん腹八分目で済ませます。

普段より少ないのでお腹は空きますね。

実施日

実施日は朝・昼共に酵素液の炭酸わり。

夜は酵素液を浄水器の水で割った酵素ドリンクです。

昼間どうしてもお腹が空くので野菜ジュースを飲みました。

食べるものが食べれていないのでかなり空腹感はありました。

回復日

大事な回復日です。

朝は酵素ドリンクのみにしました。

昼はおかゆ・おぼろ豆腐・具のない味噌汁

夜はキャベツとキノコの雑炊です。

最初は形のないものから始まり、徐々に固形物にしていきます。

久々の食事だったので無理に押し込まずゆっくりと慎重に食べました。

食べるってすごくありがたいんだなと感じる事が出来ますね。

ファスティングの結果

3日間を終えての結果です。

スッキリしたかどうかはいまいち分からないですね。空腹の方が強かったです。(笑)

しかし、数字的な結果は出ていたようです。

スタートはこの数値です。

実施日の夜には-1.5㎏。

回復日の朝はさらに-0.5㎏。

その夜にはさらに-1㎏。

ファスティング後には-0.2㎏。

トータルで3.2㎏減ることが出来ました。すごいですね。

終了後の数値はこんな感じです。

ただ、この結果は重量級の僕だから減ったものだと思います。

今まで大量に食ってましたからね。このぐらい減っても当然といえば当然ですね。

とはいえ、一定の結果が出ることは確かです。

ファスティングの感想

感想はと言うと、よくファスティングの感想にある簡単にできた~と言いたいところです。

確かに簡単にやることは事はできました。

しかし、本音を言えば、すげーお腹が空きます。ヤバいくらいに空腹。空腹の波が一定のタイミングきます。

この辺は酵素ドリンクやら、野菜ジュースでしのぐことができました。

まぁ、いままで過剰供給されていました。満たされているのが当たり前の状態で、食べることをやめれば体も抵抗しますよね。これは仕方ない。

二言目には「お腹が空いた」と口走っていました(笑)

また、途中ボーッともしてきます。激しい運動は出来ないので散歩程度にとどめました。

そんな感じで空腹に耐えていたら、気が付けは一日が終わっていました。

あっという間といえばあっという間でしたね。

デトックスできたかどうか聞かれるとまだ実感が湧かない部分ではあります。

食べる事への考え方も少し変わって気がします。大切に入れて大切に出すみたいな感じですかね。

そして、またファスティングをやりたいかと聞かれたら「YES」と答えます。

一応一定の結果が出ましたし、まだまだ、自分の中からいろいろなモノを出したいという思いがあります。

今のことろ月一くらいのペースでやろうかなと検討しています。

続けていけば体質も変わるはずです。

どう変わっていくかが楽しみです。

今日のポイント

今回自分で出来るペースでファスティングに挑戦してみました。

本格的なモノはまだですが、1日くらいなら気軽に出来ますね。

大食漢な僕でも出来るのですからきっと出来ると思います。

興味がある方は是非挑戦してみてください。

その際はしっかりとした知識を参考にしてくださいね。

今回参考にした本

こんな記事もいかがですか?

休肝日を導入。毎日2リットル以上酒を飲んでいた僕が半年経過でどうなったか?
昨年7月に休肝日を積極的に取り入れました。それから早くも半年が経過。ブログに時間を割けるようになったり、γ-GDPの減少など効果が出てきました。今回は切っ掛けや具体的な方法を話しながらご報告したいと思います。それではいってみましょう。
休肝日をたくさん作ってみた!お酒を飲むのが大好きな僕が飲むのを控えたらどうなるのか?
僕はお酒が大好きで、毎日飲むほどでした。そんな僕が家で飲む「宅飲み」を7月から控えてみました。どんな発見があったのか?それではいってみましょう!
夜だけ糖質制限して10日間以上たった。肉中心と野菜中心の食事で気づいた事
今回は先日宣言した夜だけ糖質制限について。やり始めて10日を過ぎましたが気づいた事がありました。それではいってみましょう!
ゆるい糖質制限を再開してみる!目標は前回以上に緩く!
今回は以前行っていた糖質制限を再開してみたいと思います。前回はいつの間にかやめてしまっていましたので今回はどうなるか?それではいってみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・オタク・ペヤンガー etc。人生を好きな事、楽しいこと、幸せで満たすためのブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ