「体験・経験」を記事にしよう。行動のなかにネタが隠れている!

あまかずからのお知らせ

お知らせ
■あまかず主催のブログ講座
思うようにブログが書けない。そんな悩みを解決する講座が開催です!

ブログを書き始めてまず困るのは書くネタについて。

ネタに困ったらまずは「経験」や「体験」を記事にしてみませんか?

きっとネタはたくさんあるはずです!

さっそくご紹介します。

広告

体験・経験を記事にしよう。行動のなかにネタが隠れている!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回はブログネタの各論です。経験・体験をきじにしてみましょう。

生活その物がネタになる「経験」と「体験」

ブログを書くときに大切なのが記事のネタです。

以前、記事のネタには以下の5つのパターンがあるとお伝えしました。

今回はその中の一つ「経験・体験」をネタにする方法について解説します。

実は「経験・体験」は一番書きやすいネタの一つ。

ネタに困ったらまずは、

見たこと・聞いたこと・したことを記事にしましょう。

アナタの行動のなかにブログのネタが隠れています。

一番書きやすいネタ

「経験・体験」のネタがなぜ一番書きやすいのか。

人は生きている限り何かしらの行動をしています。

その行動から得られた体験や経験、そして、そこから得られた事を書くだけなのでネタには困りません。

どこかに旅行に行ったなら行った先で体験したことや感想を書く。

セミナーに参加して学んだならその学びの経験や気づきを書く。

遊園地に遊びに行ったならそこで遊んだ経験と面白かった事を書く。

こうして見るとなんでも記事にする事が可能ですよね。

ブログを始めてまもない人でも書きやすいのがこのネタです。

書く内容のポイント

それでは実際に記事を書くときのポイントをご説明します。

ポイントは3つ。

  1. 経験・体験を書く
  2. 感想・得た事などの気づきを書く
  3. まとめを書く

この3つを書けば記事として成立します。

1.経験・体験を書く

まずは1番目。「経験・体験」を書くについてです。

ここでは経験・体験したことを事実に基づいて書きます。

したこと、見たこと、聞いたことをできる限り詳細に書いてください。

この時、話を脚色するのはもってのほかです。

2.感想・得た事など気づきを書く

続いて2番目です。

ここでは体験・経験したことの感想、得た事など気づきの部分を書くパートです。

体験を通して自分が何を感じたのか?何を得たのか?

自分の中で考えながら書いてみるといい復習になります。

まとめを書く

最後はまとめです。

体験・経験を通してどうしたいのか、気づきをどうしていきたいのか?

発展や抱負的な事を書けばOK。

それらのことで締めくくれば記事も完成です。

行動を記事にする→記事にするために行動する

いかがですか?

こうして考えると「体験・経験」のネタは何でもネタになりますよね。

ただ、なんでもとは言っても書いていると限界を感じてきます。

そうなったらチャンスです。記事にするために行動しましょう。

新しいお店に行ったり、学びに出かけたり、行ったことの無い場所に旅に行く。

そうするとどんどんネタが広がっていきますよ。

是非試してみてください。

まとめ

今日のまとめです。

■体験・経験を記事にする為の3つのポイント

  1. 経験・体験を書く
  2. 感想・得た事などの気づきを書く
  3. まとめを書く

以上です。

是非日々の生活をネタにしてみましょう

今日のポイント

以上、体験・経験をブログネタにしようでした。

経験・体験のネタはブログの定番です。

いろいろなネタを見つけて是非ブログに書いてみてください。

ブログになれる為の練習にもなりますよ。

あまかず
僕自信いろいろな体験をブログに書いていきました。
体験を書く事によって気づくことがたくさんあります。
復習や勉強にもなるので是非試してみてください。

参考になる本

ブログネタに関する関連記事

■ブログネタ総論

■ブログネタ各論

併せ読みたい「あまかずブログ術」関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ