蒼龍唐玉堂@六本木 想像を絶する辛さ!一人サウナ状態になれる超シビ辛の「無頼漢担々麺」をいただく。

 

■スポンサーリンク■

今回は六本木にある担々麺専門店「蒼龍唐玉堂」さんに行ってきました。

そこで、このお店で一番辛い 「無頼漢担々麺」をいただきました。

この担々麺想像絶する辛さでした。

どんな担々麺だったのでしょうか?

■スポンサーリンク■

蒼龍唐玉堂@六本木 「無頼漢担々麺」を実食。タオル必須!一人サウナ状態になれる超シビ辛麺。

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

六本木にある担々麺専門店で超辛い担々麺を食べてきました。

六本木の「蒼龍唐玉堂」に伺う

担々麺が食べたくなり向かったのは六本木にある美味しいと話題の担々麺屋さん。

その名も「蒼龍唐玉堂」。

場所は六本木ヒルズの反対側。六本木通りを少し入った場所にあります。

東京都港区六本木7-17-16

土曜の夜ということもありそこそこ混んでいました。

すぐに入れるかなと思いましたが、真ん中の席にむりくり席を作ってもらって案内されました。

メニューは木で作ってあるなかなか立派な作り。

実は二回目の訪問で何を食べようか迷いました。

今回は辛いのが食べたかったので一番辛いであろう無頼漢担々麺(850円)を選択。

他にも餃子を注文し到着を待ちました。

待つことしばし 。

まずは餃子の到着です!今回頼んだのは大餃子。普通の餃子の倍以上ある大きさです。

うん。なかなか美味しいです。

無頼漢担々麺との一騎打ち!悶絶必至の激シビ辛麺。

そして待望の担々麺の到着です。着丼の瞬間、恐れおのきました。

これが蒼龍唐玉堂の無頼漢担々麺です。

 

何・・・だと・・・?

 

思わず絶句。

どんぶりいっぱいにたゆたう唐辛子。紅蓮のスープはまさに地獄絵図。これは絶句せざる終えません。

漂う香りも刺激的な唐辛子の香り。これはデンジャラスな匂いしかしないぜ!

ここを進むは修羅道か。

 

少しの後悔とかなりの勇気をふりしぼってスープから頂きます。

うん。この色・・・・危険(デンジャラス)

 

・・・・・・・・・・・・・・!

口に入れた瞬間、唐辛子の辛さが体を駆け巡ります。

そして次第に感じるビリビリとした山椒の辛さ。そしてメントールのようなスースー感。

これは危険水域。一口目から汗が滴り落ちてきます。

でも、辛さの中にうまさもあります。ごま感もあってしっかり担々麺してますね。しかし辛い。

 

一口目でこれですからね。二口目以降はお察しのとおりです。

辛さはくるわ、汗はでるはの一人サウナ状態。汗が出まくるなんの。

もはや麺の食感がよくわからない(笑)

 

けっこうお酒も入っていたはずなんですが気がつけば酔も冷めていました。

なんやかんや言いながらほぼ完食。なんか癖になる感じがありました。

機会があれば再挑戦したいかも。タオルは必須ですよ。

 

余談ですが調べると3種類ほどの唐辛子が入っていました。

左から順に辛くなっていきます。

辛い物好きなら挑戦しても悪く無いと思います。

今日の一言

からいいものは好きですが、やっぱり程よい感じがいいですね。

何事もバランスいい感じが1番です。ハイ。

 

店情報

関連ランキング:担々麺 | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

こんな記事も書いてます

蒼龍唐玉堂@六本木 肉ぶっかけ汁なし担々麺をいただく。絶妙なしびれと辛さがたまらない!

麺処 井の庄@立川 辛辛魚ラーメンを実食!激辛だけど濃厚魚介スープが美味い!

「東京担々麺 RAINBOW」(立川ラーメンスクエア)に初訪問。基本のレッド担々麺をいただく。

麺創研かなで 紅@府中 「紅らーめん」を実食。濃厚味噌が辛いけどうまい!

 

■スポンサーリンク■

8月の「アナタの本気を発信しよう!あまかずブログコンサル」のスケジュール

ブログの問題を解決したい。
そんな時には「アナタの本気を発信しよう!あまかずブログコンサル」にお申し込みください!ご質問にあまかずがお答えします!

「あなたのブログを加速度をつけて成⻑させるブログセミナー」の動画セミナー販売開始

2018年11月に開催されて大人気だったきむらあきらこさんとのコラボセミナーが動画となって販売開始になりました!

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間PVは20万)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ