武蔵境「珍珍亭」で 元祖「油そば」を実食レビュー!代替わりしても変わらぬ味

 

■スポンサーリンク■

武蔵境の「珍珍亭」さんにいってきました。

ここは油そば発祥のお店と呼ばれています。

もちろんいただくのは定番の「油そば」。

キレのある醤油ダレとのこうな脂でこってりな味。

なによりボリューム満点!

さっそくご紹介します。

あまかず
油そばと言えば「珍珍亭」。カップ麺を食べたからにはお店の麺が食べたくなります!
■スポンサーリンク■

武蔵境「珍珍亭」で「油そば」を実食レビュー!代替わりしてもその味は健在

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は久々となる珍珍亭の訪問です!

武蔵境の「珍珍亭」に訪問!

武蔵境にある「珍珍亭」さんに行ってきました!約1年ぶりとなる訪問です。

珍珍亭さんは「油そば」元祖と言われるお店。

濃厚な醤油ダレとボリューム満点の麺が特徴的です。

何度食べても食べ飽きないんですよね。

珍珍亭さんはなんでもお店の店主さんが代替わりしたとのこと。

現在は3代目の店主さんがやられています。

先日発売になったカップ麺「珍々亭 油そば」いただいて、本家が食べたくなりやってきました。

元祖「油そば」を実食

今回注文するのはもちろん定番の「油そば」(大盛)750円です。

トッピングは「ネギ」(100円)と別皿で「生玉子」(50円)も頼みます。

それに加えてカップ麺でもあった「スープ」(50円)もいただきます。

注文後しばらくしてやってきました。

こちらが「油そば」(大盛)です。

あふれんばかりの麺とトッピングのネギが印象的ですね。

上からみるとこんな感じになります。

ネギの迫力がいいですよね。

そして、コチラがスープになります。

ネギが散らしてあるだけのシンプルなスープ。

これぞラーメンスープという感じがいいですね。

それではさっそく油そばからいただいていきましょう!

まずは全体を混ぜ合わせて味を馴染ませます。

麺の量が多いのでこの作業も一苦労(笑)

まずは調味料を加えずにシンプルなタレの味を楽しみます。

では一口。

うん!キレのある醤油ダレ、そして、濃厚な脂。

おいしい。この味ですよ。これはたまりません。

麺もいいですね。

変わらぬ中太麺はもっちりとして程よい弾力。これがたまりません。

食べれば食べるほどずしんとお腹にくるのがいいですね。

箸休め代わりにスープをいただきます。

スープの味は醤油ベース。

あっさりとした優しい味がうまい!

油そばは基本汁なし。食べ進めるのに液体があるとありがたいですね。

こちらもおいしいです。

具材のチャーシューやメンマも相変わらずおいしい。

やはり珍珍亭の油そばはおいしいですね。

 

締めはやはり「生玉子」

2/3ほど油そばをいただいていよいよ後半戦です。

締めはやはり「生玉子」。

コレを丼のなかに投入して一気に混ぜ合わせます。

タレやラー油を少し足して味を整えれば完成。

締めの油そばができあがりました。

結構味が濃いので後半に行けば行くほどしんどくなります。

なので最後に生玉子を入れてまろやかにしていただくのはいい味変です。

玉子でコーティングされた麺をいただくと・・・

うん!これですよ。コッテリ感が中和されてするすると入っていきます。

これは美味しいですねー

珍珍亭の油そばの感想

それでは今回いただいた珍珍亭の「油そば」の感想です。

代替わりしたとはいえ変わらずの味で美味しかったですね。

麺の硬さ、タレの濃さ、こってり具合。

どれをとってもさすがと言わんばかりの油そばです。

油そば好きは是非一度食べて欲しいです。

ちなみに、ガッツリ食べたい時は大盛り以上。軽く食べたい時は並盛りがオススメですね。

トッピングはチャーシューはけっこう早い段階で無くなるので注意してください。

やはりオススメはネギと生卵ですね。

定番のメニューなのでなかなか冒険できません(笑)

次訪問した時こそ別のメニューをいただきたいです。

珍珍亭の場所と雰囲気

それでは今回訪ねた珍珍亭の場所です。

場所は中央線「武蔵境」駅と「東小金井」駅の中間にあります。

武蔵境駅からは徒歩13分ほど、東小金井駅からは14分ほどかかります。

高架沿いを進んでいけばいいので分かりやすいです。

こちらが「珍珍亭」さん。

営業時間は11:00〜16:00くらいまで。日曜はお休みです。

昼時は亜細亜大の生徒で行列ができていることが多々あります。

店の前から列ができているのでそれにしたがって並んでください。

並んでいるとお店の人がオーダーを聞いてくのでそこでお願いします。

(空いている場合は店内です)

店はカウンターとテーブル席の2つ。家族連れでも入れるので安心です。

カウンターには醤油ダレ・ラー油・酢などの調味料があります。

そして、こちらがメニュー表。

  • 油そば(並) 680円
  • チャーシュー油そば(並) 900円
  • ラーメン(並) 650円
  • チャーシューメン(並) 900円
  • ワンタン(並) 600円

など

油そば意外にもいろいろなメニューがあります。

トッピングもいろいろあるので自分オリジナルの油そばを作るというのもありですね。

今日のポイント

以上、珍珍亭の油そばを食べてきた話でした。

やっぱり本家の油そばは美味しいですね。

定期的に食べたくなるあの味がクセになります。

ただ、珍珍亭は他にもいろいろメニューがあるのでそちらも食べてみたいですね。

次回訪問した際はいろいろ試してみます!

あまかず
本家の油そばはやはりレベルが高い!いろいろ食べ歩いてますが個人的にTOP3にはいるクオリティ。これからもいろいろ油そばを食べ歩きます!

店情報

関連ランキング:油そば | 武蔵境駅東小金井駅

珍珍亭のカップ麺

ラーメンを食べるときオススメの本

■こちらもオススメ



あわせて読みたい関連記事

「珍々亭 油そば」(2019年)を実食レビュー。極太麺とタレがめちゃうまい!油そば好きは要チェックの一杯

宝華@東小金井 「宝そば」を実食。駅近の中華料理屋さんのさっぱり絶品油そば。

一平ソバ(東小金井)であっさり系の油そば「ヘルシー一平ソバ」を実食。自分好みに味をカスタマイズできる!

武蔵境の珍珍亭さんで「油そば」を実食。ガッツリ&コッテリな油そばがめちゃうまい!

武蔵境「武蔵家」であぶらそば。シンプルだけど家系らしい麺でうまい!

 

■スポンサーリンク■

9月の「アナタの本気を発信しよう!あまかずブログコンサル」のスケジュール

ブログの問題を解決したい。
そんな時には「アナタの本気を発信しよう!あまかずブログコンサル」にお申し込みください!ご質問にあまかずがお答えします!

「あなたのブログを加速度をつけて成⻑させるブログセミナー」の動画セミナー販売開始

2018年11月に開催されて大人気だったきむらあきらこさんとのコラボセミナーが動画となって販売開始になりました!

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間PVは20万)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ