武蔵境「武蔵家」であぶらそば。シンプルだけど家系らしい麺でうまい!

武蔵境にある「武蔵家」で「あぶらそば」をいただいてきました。

武蔵家は家系ラーメンのお店です。

家系の油そばはいったいどんな感じなのでしょうか?

食べてみると太めの麺とスッキリ系のタレでこれぞ王道の油そばでした。

さっそくご紹介します。

あまかず
[コメント]
■スポンサーリンク■

武蔵境「武蔵家」であぶらそば。シンプルだけど家系らしい麺でうまい!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は家系の油そばをご紹介します。

武蔵境の「武蔵家」であぶらそばをいただく

武蔵野エリアは「油そば」発祥の地と言われています。

武蔵境の「珍珍亭」を始め、東小金井の「宝華」「一平そば」などいろいろな名店があります。

なのでいろいろなお店で「油そば」を提供しています。

今回訪ねたのは武蔵境の「武蔵家」。

武蔵家は関東を中心に展開する「家系ラーメン」のチェーン店。

ただ、店ごとに独自のメニューがあったりするので面白いお店です。

今回はこちらの店舗限定で食べられる「あぶらそば」をいただきます。

こってりなとんこつ醤油ラーメンが特徴の家系のラーメン。

そのお店のあぶらそばはどんな感じなのでしょうか?

めちゃくちゃ楽しみですね

武蔵家の「あぶらそば」を実食

今回注文したのは「あぶらそば 中盛」(750円)です。

家系なので好みを聞かれます。麺硬め以外は普通でお願いしました。

しばらくしてやってきました。

こちらが武蔵家さんの「あぶらそば」です。

中盛なのでやや多めの麺。

その上には具材のほうれん草、角切りチャーシュー、ネギととてもシンプルです。

あぶらそばなのでスープは入っておらずタレが入っています。

醤油ベースのタレ。なかなか美味しそうですね。

さっそく混ぜ合わせていただきましょう。

麺は家系用の麺なので太麺です。

しかも硬めでとお願いしたので結構な弾力。

スープに入っていないので麺の硬さをダイレクトに感じます。

なかなか美味しそう。

ではいただきます。

おお〜麺の弾力と小麦の味がすごい。

味はというとあっさり系の醤油味。

意外とさっぱりしています。

油感はあまり感じなかったのでコッテリはしてないですね。

何よりすごいのが硬めに茹でた麺の食感がいいですね。

ゴワゴワした感じがたまりません。

続けて具材もいただいみましょう。

まずは、家系といえばほうれん草。

スープがないとほうれん草のおひたしという感じがします笑

続いてチャーシューをいただきます。

チャーシューは四角に切られた角切りチャーシュー。

タレに絡めていただきます。

うん。いいですね〜美味しい。

ラー油や酢、豆板醬も混ぜていただきます。

これも悪くないですね〜自分好みの味を見つけられます。

 

おまけのキャベチャー

今回あぶらそば以外にサイドメニューのキャベチャーを注文しました。

これは角切りチャーシュー、キャベツ、タレ、ゴマで敢えてものです。

シャキシャキのキャベツとチャーシューがタレとマッチして美味しい。

ご飯のお供としてもOK。

ビールのアテにしてもOKですね。

数人で頼んでシェアするのもいいですね

武蔵家「あぶらそば」の感想

今回いただいた武蔵家さんのあぶらそばの感想です。

家系の太麺を活かして食べ応えもあるところがとても面白かったです。

味はスッキリ系のタレであっさり系のシンプルな油そばという感じ

個人的には家系のあぶらそばということでコッテリしたものを想像していましたが、いい意味で期待を裏切られました。

たしかにこれは油そば。

東小金井「宝華」の宝そばに近い感じです。

もし、コッテリ濃い味が好みなら濃いめ油多めがいいかなと。

また、味のカスタマイズもいろいろできるので好みを探すのもおススメです。

武蔵境店限定のメニューだそうなので興味がある方は食べてみてはいかがでしょうか?

武蔵家 武蔵境店の場所と雰囲気について

それでは今回尋ねた「武蔵家 武蔵境店」さんの場所です。

JR中央線「武蔵境」駅の南口から出て1分。

すきっぷ通り商店街に入る前にあります。

こちらが「武蔵家 武蔵境店」さん。

店に入ると左手に券売機があります。

主なメニューは

  • ラーメン(650円)
  • つけメン(750円)
  • 九条ネギラーメン(800円)

となっています。

麺にはそれぞれ並盛・中盛・大盛のバリエーションがあります。

味玉・ネギ・チャーシューなどトッピングも充実。

自分の好きなメニューを見つけるのも楽しいですね。

お店は2階建。1階はカウンター席のみ。2階はテーブル席となっています。

2人以上だと2階に案内されることが多いです。

水はセルフサービス。ライスも無料でおかわり自由です。

カウンターにはゴマ・ニンニク・豆板醬・酢・ラー油・のりたま・お新香

などがあり自由に使えます。

自分好みの味を作るのもいいですよね。

今日のポイント

以上、武蔵家 武蔵境店であぶらそばを食べてきた話でした。

油そばってシンプルだけど奥が深いメニューです。

タレ自体でコッテリかあっさりかも変わってきます。

食べれば食べるほどその魅力にはまっていきますね。

武蔵野エリアに来たら食べてもらいたいメニューです。

あまかず
家系だけど正統派の油そば。そのギャップに驚きましたし家系の麺を活かしたできはとてもよかったですね。オススメの一杯です

ラーメンを食べるときオススメの本

■こちらもオススメ

ラーメン大好き小泉さん 1-7巻 セット



あわせて読みたい関連記事

武蔵境の珍珍亭さんで「油そば」を実食。ガッツリ&コッテリな油そばがめちゃうまい!

宝華@東小金井 「宝そば」を実食。駅近の中華料理屋さんのさっぱり絶品油そば。

一平ソバ(東小金井)であっさり系の油そば「ヘルシー一平ソバ」を実食。自分好みに味をカスタマイズできる!

他力也@東小金井 ガッツリ系の「油そば」を実食。食べ応え十二分の極太麺でめちゃうまい!

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間38万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ