「ペヤング ふる里うどん」を実食。懐かしさと優しさあふれる味でうまい!

8/27に発売したペヤングの新商品をようやく手に入れました。

その名も「ペヤング ふる里うどん」

そう。今回の新作はやきそばではなく「うどん」です。

しかも、ノスタルジック感あふれる群馬の郷土料理「おきりこみ」を思わせます

味はと言うと・・・・とても優しくまた食べたい。

そんな味ですね。さっそくご紹介します。

あまかず
ペヤングの新商品は「うどん」です。復刻となる「ふる里うどん」はとても美味しかった!
■スポンサーリンク■

「ペヤング ふる里うどん」を実食。懐かしさと優しさあふれる味でうまい!

こんにちは、プロペヤンガーのあまかず(@amakazusan)です。

今回いただくペヤングは「うどん」です

「ペヤング ふる里うどん」をようやくゲット!

8/27に発売になった「ペヤング ふる里うどん」という商品が発売になりました。

そう、ペヤングの新商品はうどんなんです。

実は、このうどんは過去に発売されていた商品の復刻版。

ペヤングの商品紹介にはこのように書かれています。

根強い人気のあった「ふる里うどん」がついに復活!
懐かしい味わいと田舎を感じられる商品です。

公式サイトより

残念ながら僕はこのうどんを見たこと、食べた事もなかったんですよね。

ちなみに2000年頃の商品だそうです。

そんな「ふる里 うどん」ですが発売からやく1ヶ月以上経ってようやく手に入れました。

入手先は近所のスーパー「OKストア」

たまにペヤングの商品を大量入荷するのでそこで手に入りました。

「ペヤング ふる里うどん」を実食

こちらが今回買ってきた「ペヤング ふる里うどん」

哀愁あるノスタルジックなパッケージが印象的ですね。

コチラを作るとこんな感じになります。

蓋を取った瞬間「おぉ~」という感嘆がでました。

幅広のうどんとたっぷりの具材がとても印象的。

どんな具材が入って居るかというと、油揚げ、ニンジン、ゴボウ、ネギです。

見た感じけんちん汁にうどんが入ってるような見た目ですね。

群馬県人の僕からしたらこれは郷土料理の「おきりこみ」ですね。

ではさっそくいただいてみます。

まずはスープ。

醤油ベースのですが果たしお味は・・・・

うん。ダシがきいていて美味しい。ほんのり奥に野菜の風味がして優しい感じ。

また、ややスパイシーな感じもします。

これは美味しい。そして、なんとなく懐かしさを感じます。

続いて麺もいただきますよ。

麺は幅広いタイプ。これぞおきりこみという感じの麺です。

さっそくこれをいただきます。

うん。柔らかく口の中で程よくほぐれる感じがたまりません。

これは美味しい。

具材もそれぞれが風味をしっかりと活かしてうどんにマッチ。

とても美味しかったです

「ペヤング ふる里うどん」の感想

今回いただいた「ペヤング ふる里うどん」感想です。

とても食べやすく優しいまさに「ふるさと」の味。

疲れたときにふと食べたくなるそんな感じです。

個人的には前述どおり、群馬の郷土料理「おきりこみ」感を堪能できて良かったです。

特に野菜をしっかりと感じれたのも良かったですね。

できればペヤングソースやきそばのように定番商品になって欲しい。

どこでも手に入るようになって欲しい!

そんな思いがあります。

これが「ペヤング ふる里うどん」だ!

それでは改めて「ペヤング ふる里うどん」をご紹介。

▲パッケージは田舎の家をモチーフにしたデザイン。哀愁があります
▲蓋を開けると中にはかやく入りスープが入っています
▲麺はノンフライ麺
▲側面にはロゴ
▲こちらは原材料表
▲成分分析表があります。気になるカロリーは306kaclとやや軽め
▲お湯を入れて5分で完成です。

やきそばのよう湯切りやソースを混ぜる作業がないので手間はかかりません。

今日のポイント

以上、「ペヤング ふる里うどん」をいただいた話でした。

ペヤングには過去にいろいろな商品が発売されています。

是非それらも復刻して欲しいですね。

わかめラーメンとか、ラーメンライスとかもう一回食べてみたいです。

それも期待しちゃいましょう!

あまかず
ペヤングはやきそばだけではありません。他にもいろいろあるんです。そんな風に思わせてくれるメニューですね。興味がある方は是非食べてみてください。美味しいですよ。

今回紹介したペヤング

あわせ読みたい関連記事

「ペヤング」各種シリーズまとめ【すべて実食】

ペヤング ちょい足し&アレンジ まとめ

「ペヤングヌードル」を実食!実はペヤングにもヌードルがあった!レアなカップ麺!

「ピーヤング タイ風春雨」を実食。パッタイを再現したエスニックを感じる春雨!

「ペヤング 激辛やきそばEND」を実食。激辛過ぎて胃が痛くなる

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします