熱中症にかかった!原因は水分不足にあり

2018年の夏は酷暑といわれています。そんななかで熱中症にかかりました。

軽い物だと思っていたましたが、実は症状が重いかったみたいです。

今はなんとか持ち直してはいます。

熱中症対策は水分補給と涼しい場所にいること。

これに限りますね。

あまかず
熱中症を正直なめてました。ここまでしんどいとは思いませんでした注意したいですね。
■スポンサーリンク■

熱中症にかかった!原因は水分不足にあり

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

熱中症にかかってしまいました。水分補給はとても大切ですね。

熱中症になりました

2018年の夏は暑い!

毎日35℃以上の日が東京では続いています。

そんな中で注意したいのが熱中症。ニュースでもしきりに言っていますよね。

よくあるのが「私はかからないよ」と対岸の火事的な感じで無関心であること。

そんな甘いことは言ってられません。

なんせこの僕も熱中症にかかってしまいました。(今は回復に向かって進んでますよ。)

明日は我が身、いつこの熱中症が自分を襲うかわかりません。

しっかりと対策して熱中症にかからないように注意しましょう!

そもそも熱中症とは?

熱中症、熱中症とは言うけどそもそも熱中症とは何なのか?

熱中症は、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。(引用元

簡単に言えば暑さで身体に異常が出てしまったということ。

軽い物ですめばいいですが、重症の場合は意識がなくなったり

最悪死んでしまうという実は恐ろしい症状なんです。

熱中症の症状とは?どんな症状が出た?

ではこの熱中症の症状はどんな物があるのか?

主に以下の7つがあるとされています。

  • めまいや顔のほてり
  • 筋肉痛や筋肉のけいれん
  • 体のだるさや吐き気
  • 汗のかきかたがおかしい
  • 体温が高い、皮ふの異常
  • 呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
  • 水分補給ができない

ちなみに今回僕に出た主な症状はこんな感じです

  • 身体のほてり
  • だるさ
  • 異常な汗
  • 意識がもうろうとする
  • 手先のしびれ
  • 筋肉の痙攣(足がつりそうになる)
  • 頭痛

書き出してみると熱中症の典型的な症状です。

倒れたり、意識がなくなったりはしなかったのですが、それでもかなりの症状ですね。

自覚的には大したことは無かったですが身体のほてりがキツかったです。

ずーっと身体が熱い状態。正直寝るのもつらかったですね。

熱中症の原因は?

今回僕がなった熱中症ですが、原因は何なのか?

ずばり、水分不足です。

水曜日は午後まで自宅で作業。夕方は講座のために出かけました。おおよそ普段と変わらない感じでした。

ただ、一つ違うと言えば、朝軽く汗をかいて以降昼過ぎまで水分をほとんど取っていませんでした。

これが今考えられる最大の理由でしょう。

水分不足の中で外出する
    ↓
暑いので発汗します。
    ↓
水分不足の中での発汗
    ↓
熱中症の発症

これはもう熱中症になってくださいというようなもんですね。

熱中症対策にはやっぱり水分

熱中症を自覚してから最初にしたのは水分と塩分の補給です。

これを同時にできるのが経口補水液。

経口補水液「OS-1」をこまめに摂取しました。

あと、やったのは以下の方法

  • 動脈に保冷剤を当てる
  • 部屋を涼しくする
  • 安静にする

この方法のおかげで何とか症状は回復してきました。

ただ、やはり熱が抜けない。

そんな時はやっぱり病院です。

しっかりと点滴を打って貰い安静にしていること。

これが大切ですね

今日のポイント

以上、熱中症になってしまった話でした。

水分と塩分の補給はしっかりしないといけない。

そう改めて気づかされました。

熱中症をなめていると痛い目に遭いますね。

皆さんも要注意ですよ。

あまかず
なめてかかるとひどい目に遭います。水分補給は屋内にいても欠かせないですね。

熱中症の時に欠かせない経口補水液

あわせ読みたい関連記事

麻疹の予防接種をうけてきた!30代は要注意。予防のためにしっかりと受けよう

睡眠時無呼吸症候群の検査をしてきた。その方法とは?

軽い肛門周囲膿瘍という病気になった。早期の診断で一安心。

■スポンサーリンク■

あまかずからのお知らせ


個別ブログ相談受付中

ブログを書きたいけど思うように書けない。誰かに相談したいけどどうしていいかわからない。そんな時は是非あまかずにご相談ください!個別のブログ相談を受付中です!