あべこべ体操 北洞誠一さん講師の「カラダのコリがとれる!ユルユル体質1dayセミナー」に参加してきました

今回はあべこべ体操の北洞誠一さんのセミナーに参加してきました。

体のコリを取るセミナーです。どんな内容だったのか?

それでは行ってみましょう

■スポンサーリンク■

あべこべ体操 北洞誠一さん講師の「カラダのコリがとれる!ユルユル体質1dayセミナー」に参加してきました

体の硬さはバリカタなのでユルユルに(笑)

僕は歩くぐらいしか運動はしていないので体の硬さはかなり硬いです。

冗談でバリカタとか言うくらいです(笑)

そのためか体のあちこちが凝りまくって、かなり疲れやすい体質になっています。

そんな中でふと目に入った、ブロガー仲間の青木正儀さん主催のセミナー

「カラダのコリがとれる!ユルユル体質1dayセミナー」

です。

以前から気になっていたんですが、タイミングが合わず参加できませんでした。

今回は「いけ!」と心の声がして参加申し込みしました。

(最近このパターンおおいですね。)

講師はあべこべ体操の北洞誠一さん。

あべこべ体操といえばテレビでやったり、

とあるまとめサイトで見て以来、度々お世話になった動画の先生です。

実際にお会いできてレクチャーしていただけるなんて思っても見ませんでした。

 

90分間体を緩める

90分ほどのセミナーでしたが、動かすという意味ではすごく有意義なセミナーでした。

主な内容は

  • 腹式呼吸を意識しつつ骨盤の動かす運動。
  • 骨盤の動きと反対の動きを含めた運動。

例えば骨盤を前に出したら背中を丸めて猫背、骨盤の引いたら背中を反らす運動。

そう。動画で有名なあべこべ体操です。

他には、前後の動き、左右の動き、ねじりの動き、脱力の動きなどいろいろな動きをしました。

背骨の動きを意識した運動をしていると、

今まで部分的に動かしてた部分が全体で連動しているんだなと感じる事ができました。

例えば、振り向くにも首の骨だけでなく、

骨盤から腰、背中、そして、首と連動している。

人体の構造から考えると体をほぐしやすいと思います。

今まではコリのほぐしとかで、筋肉単位では人体は意識できてたんですが、

今回のこの講座で骨の動きを意識する事ができました。

今後はもっとこの連動性を意識できればなと。

まとめ

体の作りを意識して、硬い体を緩めていきたいと思います!

まずは骨盤を動かすことからですね。

併せ読みたい関連記事

https://amakazusan.net/archives/2076

https://amakazusan.net/archives/3413

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします