真っ黒な吉田うどん「竹炭黒麺」を買ってきた!インパクト大の富士吉田の土産!

20161110-blog-002

先日富士吉田に行ったときに「竹炭黒麺」といううどんを買ってきました。

このうどんがとてもインパクトのあるうどんです。

どんなうどんかというと麺が真っ黒なんです。

さっそくご紹介したいと思います。

真っ黒な吉田うどん「竹炭黒麺」を買ってきた!インパクト大の富士吉田の土産!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は富士吉田で買ってきた真っ黒なうどんをご紹介します。

真っ黒な「竹炭黒麺」を買ってきた

今年の夏に富士吉田に行ったとき買ってきたお土産がありました。

このブログでも紹介しましたが、

富士吉田にある高校「ひばりが丘高校」さんが企画したうどん「顎砕きMAX」

20160816 blog-007

顎が疲れるほど強いコシが印象的でした。

このうどん以外にも実は「ひばりが丘高校」さんが企画したうどんがありました。

先日富士吉田に行ったときに、そのうどんを買ってきました。

どんなうどんかというと、その名も「竹炭黒麺」

20161110-blog-009

ご覧の通り真っ黒な麺ですよ。

なかなかインパクトがありますよね。

併せて読みたい記事

「竹炭黒麺」を調理する

見てくださいこのうどんの黒さ、なんともいえません。

20161110-blog-007

 

この黒はイカスミではなく竹炭が練り込んであるからだそうです。

早速調理していきたいと思います。

しっかり沸騰させたお鍋にうどんを入れて15分ほどゆでます。

黒い鍋に入れてしまったのでわかりずらいですね。(笑)

20161110-blog-005

 

途中吹きこぼれなんかにも注意しながら15分待ちます。

長い時間ゆでるのはなかなか根気と注意が必要ですね。

茹で上がったうどんは流水でさっと洗い、冷水でガッツリしめます。

20161110-blog-004

どんどん固くなっていくのが面白い(笑)

これでできあがりです。

コシがたまらない「竹炭黒麺」をいただく

コチラが茹で上がった「竹炭黒麺」です。

20161110-blog-003

なかなかの太さ。そしてつややかな麺ですね。

黒光りしているのがなかなかよいです。

 

今回もつけ汁うどんスタイルでいただきたいと思います。

箸でまとめてつかもうとしたのですが、固くてなかなか上手につかめない(笑)

さすが吉田うどん。

ようやくつかめたうどんを汁につけいただきます。

20161110-blog-001

おぉ~これはなかなかパンチのある麺ですね。

かなりのコシですよ。

顎砕きMAXもハードでしたが、こちらも負けじとかなりのコシですよ。

気になる味はと言うと炭感は一切なく、小麦の味がしっかりしている感じですね。

 

つけ汁うどんスタイルが多いので次いただくときは

ちゃんとした吉田うどんを作って食べたいですね。たのしみです。

吉田うどんはかなりコシの強いうどんなので

うどん好きの方には是非試していただきたいうどんです。

■スポンサーリンク■

今日の一言

今回実は顎砕きMAXと同時にいただいていました。

両方ともなかなかのコシなので食べ終わった後顎がすごく痛かったです(笑)

このうどんを食べると顎が鍛えられていいですね(笑)

また是非食べたいです。

企画元の高校

山梨県立ひばりが丘高等学校

カップ麺で食べる吉田うどん

富士吉田関連の記事もいかがですか?

■吉田うどん関連記事

ほり端うどん@富士吉田 めっちゃ固い!独特のコシが特徴の富士吉田名物「吉田うどん」をいただく!

おお野@富士吉田市 シンプルだけど丁寧な「吉田うどん」をいただく

■富士吉田のお土産

絶叫の茶漬け@富士急ハイランド 辛い系お茶漬けを食べてみた。これは意外といける!

山梨県富士吉田市のお土産「桃カレー」を食べてみた。カレーに桃も意外とありか?

吉田うどん「顎砕きMAX」を実食!富士吉田の土産は顎が痛くなるほどコシが強い!

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします