心屋塾BeトレVol.57 「人生のターニングポイント」をみた!人生のターニングポイントは意外と簡単に起こせる!

先日入った心屋仁之助さんの「心屋塾Beトレ」のDVDをみました。

今回はそのDVDから得たことを書いてみたいとおもいます。

「人生のターニングポイント」は意外と簡単に起こせるんです。

それではいってみましょう!

■スポンサーリンク■

心屋塾BeトレVol.57 「人生のターニングポイント」をみた!人生のターニングポイントは意外と簡単に起こせる!

心屋塾BeトレのDVDが届いた!

先日入会した心屋塾Beトレ。すぐにDVDが届きました。

2016-04-22 10.55.36

2016-04-22 10.56.02

入っていた内容は以下の三つ。

  • BeトレのDVD
  • 卓上カレンダー
  • 「こころがラクになる心屋仁之助」手帳

いろいろもらえるんですね。まずここにびっくりです。

また、DVDにはポストカードついてきました。グッとくるメッセージです。

2016-04-22 10.55.49

早速DVDを拝見してみます。

今回のテーマは「人生のターニングポイント」とのこと。どんな話が聞けるか楽しみです。

本では心屋さんは知っていていました。しかし、実は動く心屋さんは初めてだったりします。ワクワクしながら拝見しました。

人生のターニングポイントは意外と簡単に起こせる

最初はオープニングアクト。30分ほどですが

そして、いよいよ心屋仁之助さんの登場です。出てきていきなりインフルエンザについて冗談を混ぜつつ話していきます。

初めてなのですごく新鮮です。引き込まれる話し方ですね。こころに響いてきます。

beトレの説明や近況などをいろいろ脱線しつつ話がすすんでいきます。

そして、話題が本日の本論になってきました。今回のテーマは「人生のターニングポイント」だそうです。

心屋さん曰く ターニングポイントは簡単に起こせるらしいです。そのきっかけとは「捨てる事」であると。

「捨てる」こととは、今まで信じていた事、やっていたこと、持っていた物。いろいろなものを捨てていくこと。

それらを「捨てる」ことがターニングポイントなんだそうです。しかも、ターニングポイントだとは後から気づくという・・・

心屋さんもいろいろ捨ててきたとのこと。プライドや立場、頑張ること、成長することなどなど。

言われてみればその通りです。

僕自身も今までの人生を振り返ると、大きなターニングポイントは何かを「捨てた」時でした。

例えば、考え方だったり、住む環境だったり、何度か転職もしてるのでそれまでの職だったり、他にもいろいろ。

それまであった物がなくかったとき、何かしらの変化が起きています。

僕もターニングポイントの真っ只中

僕自身もここ一年でかなり大きな物を「捨てる」ことを経験しています。つまり、現在進行形でターニングポイントを迎えているといってもいいですね。

果たして僕はこの先どうなっていくのでしょうか?

また、心屋さんの話の中で「怪しい船頭さん」の話が出ていました。

この船頭さん。もしかしたら僕の目の前にも来ているのかもしれません。いや、実は片足を船に乗せているのかもしれないですね。

「捨てる」という行為は一見怖い行為です。しかし、捨てる事でステージへ行けるならそれは楽しい事なんじゃないのかなと。

今はこのターニングポイントをワクワクした気持ちで迎えていたいです。

今日の一言

ターニングポイントは意外と簡単に起こせます。

捨てることはできるのか?捨てるときの恐怖を越えることができるのか?

怖いのは最初だけなのかもしれません。後はならしていくだけです。

58はつい昨日届いたので近日中にみたいと思います。

心屋さんの本

こんな記事もいかがですか?

心屋仁之助さんの心屋塾 Beトレに入会してみた。これからどうなっていくのか楽しみ。

「マンガで学ぶ 心屋仁之助の お金を引き寄せる体質改善!」@横山裕二 を読んでみた。「とりあえず」で自分を埋めない!

心屋仁之助 〈日めくり〉「お金」のお稽古 が到着!予想通りのカレンダーだった!

「一生お金に困らない生き方」(著:心屋仁之助 ) を読んだ。自分のあり方について考えさせられた。

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします