元祖 武蔵野うどん こう幸@経堂 肉と油揚げたっぷりの武蔵野うどん店が経堂にオープン!

経堂に新しくうどん店ががオープンしました。

名前は「元祖 武蔵野うどん こう幸」というお店。

23区には珍しい「武蔵野うどん」専門店です。

早速いってきましたよ!太い麺がとてもよかったです!

それではいってみましょう

■スポンサーリンク■

肉と油揚げたっぷりの武蔵野うどん店が経堂にオープン!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

経堂に武蔵野うどんのお店がオープンしたのでいってきました!

経堂に武蔵野うどんのお店ができた!

武蔵野うどん(むさしのうどん)とは、

東京都多摩地域と埼玉県西部(かつての武蔵国の入間郡と多摩郡)に伝わるうどんのことである。「手打ちうどん」「肉汁うどん」とも呼ばれる。wikiより

個人的には太麺で大好きなうどんです。

その武蔵野うどんのお店がホームタウンの経堂にできると聞いてワクワクしてオープンを待っていました。

お店の名前は元祖 武蔵野うどん 幸(こう)

 

場所は経堂駅から徒歩2分もかかりません。経堂コルティの裏手にあります。以前二郎インスパイア系の無頼庵があった場所です。

東京都世田谷区経堂2-14-13

 

さっそく入ってみます。

メニューは肉汁うどんをベースにいろいろあるみたいですね。

今回はベーシックに肉ねぎ汁を大盛で頼みました(880円)。あとは、きんぴら(300円)も頼んでみます。

茹でに時間がかかるかなと思いきや、意外とすぐに来ました。

コシの強い肉ねぎ汁をいただく

これが肉ねぎ汁です。

いいですねー。汁に肉と、ねぎと油揚げがたくさん入っています。

麺も太くて食べ応えありそう。これぞ「THE・武蔵野うどん」って感じですね。

さっそくいただきます。

うん!これは美味しい!コシのある麺に醤油ベースの汁があいますね。うどんはこうでなくては。

一緒に頼んだきんぴらもいただきます。こちらも太くて食べ応え十分。

箸が進みますね。

途中すりゴマと七味を入れて味に変化をもたせます。悪くないですね。

気がつけばあっという間に完食。美味しかったです!

 

経堂はラーメン激戦区というイメージで、うどん屋は限られています。ぜひ流行って欲しいですね。

夜のメニューもあるので、夜はお酒も飲めるのかな?夜もきてみたいですね。

次行くときはカレーを食べてみようかなと。

今日の一言

ラーメン激戦区に出来たうどん屋さん。

コシの強いうどんで好みなので注目&応援していきたいと思います!

 

店情報

関連ランキング:うどん | 経堂駅宮の坂駅千歳船橋駅

経堂に関する本

こんな記事も書いています

元祖 武蔵野うどん 幸(こう)@経堂 濃厚カレーのカレー汁をいただく。

元祖 武蔵野うどん 幸(こう)@経堂 きのこたっぷりのきのこ汁をいただく。きのこ好きにはたまらない1杯。

元祖 武蔵野うどん 幸(こう)@経堂 シンプルな冷汁をいただく。熱い日にはぴったりのさっぱりなうどん。

甚五郎 東小金井店@東小金井 スパイスの味がたまらない「激辛チーズカレーのおうどん・おそば」をいただく

小平うどん@小平市 極太麺の肉汁うどん(武蔵野うどん)をいただく!このコシはすごい!

 

■スポンサーリンク■

6/30 思考整理・アイデア・メンタルに効く「セルフケアノート術」講座

考え込んでしまったり、アイデアが浮かばなかったり、モヤモヤしてしまいがちなアナタにオススメです。そんな思考をノートでスッキリさせませんか?

3月に開催時も大好評だったこの講座。上半期もおわりのタイミング。下半期への準備のためにも是非ご参加ください!

6月の「アナタの本気を発信しよう!あまかずブログコンサル」のスケジュール

ブログの問題を解決したい。
そんな時には「アナタの本気を発信しよう!あまかずブログコンサル」にお申し込みください!ご質問にあまかずがお答えします!

「あなたのブログを加速度をつけて成⻑させるブログセミナー」の動画セミナー販売開始

2018年11月に開催されて大人気だったきむらあきらこさんとのコラボセミナーが動画となって販売開始になりました!

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間PVは20万)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ