東洋水産「珍々亭 濃厚油そば」を実食。もちもち麺とタレの相性が最高!

 

■スポンサーリンク■


東洋水産から発売になった「珍々亭 濃厚油そば」をいただきました。

油そば発祥のお店の麺が今年もカップで登場。

しかもノンフライ麺になって大幅リニューアル。

もちもちした麺がたまらないですね。めちゃうまい!

この記事では「珍々亭 濃厚油そば」の感想を写真付きで紹介。
  • 「珍々亭 濃厚油そば」ってどんな麺?
  • 麺は?味は?タレは?

など気になる方はぜひ参考にしてください。
あまかず
あまかず
こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。今年も珍珍亭の油そばが登場です!

油そば発祥の店の味がリニューアルして登場!


2022年4月26日より東洋水産から「珍々亭 濃厚油そば」が発売開始になりました。

珍々亭といえば東京・武蔵野市にある油そば発祥のお店と呼ばれる名店です。

僕も何度もお店に通って油そばを堪能してきました。このブログで何度かご紹介していますよね。

そんな名店の油そばですが過去に何度かカップ麺化しています。

何度目かのカップ化なんですが、今までと違う点が一つありました。

今までは揚げ麺タイプだったんですよね。今回はなんとノンフライなんです。

東洋水産といいえばマルちゃん正麺を始めノンフライ系の麺には定評があります。

果たしてどんな油そばに仕上がっているのか?

これはいただくのが楽しみです。

今回この商品を手に入れたのはローソンです。

コンビニで手に入るのは嬉しいですね。

「珍々亭 濃厚油そば」を実食

こちらが今回手に入れた「珍々亭 濃厚油そば」です。

パッケージにはお店のロゴや外観写真が載っていますね。

今までは角形のカップでしたが、今回は丼型です

早速作っていきましょう。

こちらが完成した「珍々亭 濃厚油そば」です。

おぉ〜これはなかなかに美味しそう。

具材はチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギが入っています。

麺にはしっかり油分が絡まっており油そば感ありますね。

それでは早速いただきましょう。

麺はもちもちっとしておりすごい弾力です。

これぞノンフライという感じです。

それでは一口。

おぉ〜いいですね。

麺の食感がたまりません。めっちゃモチモチしてますね。

コシがたまりませんよ。

タレの味はというと、醤油ダレの旨味と酢の酸味がたまりません。

この味は確かにこの味は珍々亭の味ですね。めちゃ美味しい。

続いて具材もいただきましょう、まずはチャーシューです。

細かいタイプのチャーシューです。

しっかりと肉の質を感じれるのがいいですね。

タレとの相性もいいですよ。

続いてメンマをいただきます。

メンマのコリコリ感がいいですね〜絶妙。

やっぱりやりたい卵トッピング

珍珍亭の油そばといえば、個人的にやりたいことがあります。

それは生卵のトッピング。

お店で食べるときも必ず追加で生卵を足すんですよね。

なのでカップでもやってみます。

ただ、今回は卵黄のみでいってみましょう。

卵黄を麺にあえていきます。

麺が卵黄で濃い色になるのがいいですね。

いただいてみます。

おぉ〜いいですね。濃厚感が加わってめちゃうまい。

タレの旨味に卵のまろやかさがよく合います。

これは全卵でも良かったかなぁ〜(笑)

「珍々亭 濃厚油そば」の感想


今回いただいた「珍々亭 濃厚油そば」の感想です。

この油そばはめっちゃ麺がいい。

ほんと、麺がめちゃ美味くなりましたよ。

今までは揚げ麺だったのでどうしても麺が柔くなり気味でした。

しかし、ノンフライになったことにより、もちもち感がたまりません。

より生麺に近い仕上がり。

麺の太さ的には揚げ麺の方がお店っぽさはありましたが、

食感や味ではやはりノンフライに負けますね。

タレの旨さも良かった。シンプルだけど飽きのこない味がいいですね。

かなりレベルが高い油そばに仕上がってるのが嬉しい。

試さなかったですが、オスやラー油を追加してもよさそうです。

これはまたリピートしてしまいそう。

これが「珍々亭 濃厚油そば」だ!

改めて「珍々亭 濃厚油そば」をご紹介
▲パッケージは金色ベース。お店のロゴもあります。
▲側面にはロゴ
▲こちらは原材料表
▲成分表示はこちら。気になるカロリーは472Kcal
▲蓋を開けると中には液体スープとかやくが入っています
▲麺はノンフライタイプ
 

■スポンサーリンク■

今日のポイント

以上、「珍々亭 濃厚油そば」をいただいた話でした。

いやぁ〜揚げ麺からノンフライ麺への変更はかなり大きかったですね。

以前のものも良かったですが、より麺が美味しくなりましたよ。

今後はずっとノンフライになるのかな?ぜひ続けてほしいですね〜

とりあえず、もう一回食べたいので手に入れてきます!
あまかず
あまかず
もちもち麺に絡むタレがめちゃ良かった!

あわせて読みたい関連記事

武蔵境「珍珍亭」で 元祖「油そば」を実食レビュー!代替わりしても変わらぬ味

武蔵境の珍珍亭さんで「油そば」を実食。ガッツリ&コッテリな油そばがめちゃうまい!

「珍々亭 油そば」(2019年)を実食レビュー。極太麺とタレがめちゃうまい!油そば好きは要チェックの一杯

「頂点の一杯 珍々亭 油そば」(マルちゃん)を実食!本場の味が家庭で楽しめてこれはいい!

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間41万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ