「頂点の一杯 珍々亭  油そば」(マルちゃん)を実食!本場の味が家庭で楽しめてこれはいい!

スーパーで販売していた「頂点の一杯 珍々亭  油そば」をたべてみました。

生麺タイプの油そば。脂とタレが絶妙。もっちりとした麺がとても良かったです!

カップ麺との差はどうなのか?

さっそくご紹介します!

■スポンサーリンク■

「頂点の一杯 珍々亭  油そば」(マルちゃん)を実食!本場の味が家庭で楽しめてこれはいい!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

スーパーで買うことが出来る珍珍亭さんの元祖「油そば」をいただきました!

スーパーで買える珍珍亭の油そば

珍珍亭と言えば油そばの元祖と呼ばれるお店。

武蔵境にある名店です。

先日カップ麺で発売になった「珍珍亭 油そば」についてご紹介しました。

コンビニを中心に発売されている商品ですが、

実はスーパーでも買える「珍珍亭」の油そばがありましか。

それが、「頂点の一杯 珍々亭  油そば」という商品。

生麺タイプの油そばです。スーパーの生麺のコーナーとかに売っていると思います。

今回はコレを食べてみて、先日のカップ麺とどう違うのか?比較してみますよ。

併せて読みたい記事

これが「頂点の一杯 珍々亭  油そば」

さっそく食ってみたのがコチラ!

トッピングにはチャーシュー、ネギ、メンマ、卵黄を乗せてみました。これらは別に用意しました。

さっそくまぜまぜしていきます!

麺は縮め目の中太麺。生麺なので混ぜるときのもっちり感がすごいですね。混ぜていて重さを感じます。

醤油ダレのいい匂いもしてきます。

 

それではいただいてます!

おお~甘めのある脂の味と醤油ダレの味がとてもいいですね。

とてもシンプルでこれぞ「油そば」という感じがたまりません。

お好みで酢やラー油も足せるので自分好みに変えられるのもいいですね。

 

続いて麺です。やっぱり生麺なのでとてもうまいです。もっちり感がたまらない。

個人的にはやや細めな感じもします。でも、それでも食べ応えは十分です。

タレと絶妙に絡んでるのがとてもいいですね!

 

今回たべた油そば、本家の味に近くてとても美味しかったです!

油そばってなかなか再現が難しいですよね。

それを手軽に食べられると言うのだからとてもいいですね。

今度はアレンジとかもおもしろいですね。やってみよう!

気になるカップ麺との差。

それでは、カップ麺との差についてです。

こんな感じになります。

  • タレはほぼ同じ味。
  • 脂はカップ麺の方が多かった。
  • 太さはカップ麺の方が太い。

で、どちらを選ぶ可と言われるとこの辺は好みだと思います。

僕は生麺の方が良かったかなぁ。

どちらでも本家の味を楽しめるので是非食べてみてください。

併せて読みたい記事

これが「頂点の一杯 珍々亭  油そば」!

「頂点の一杯 珍々亭  油そば」のスペックを紹介します。

▲こちらがパッケージ。2食入りです

 

▲裏面には作り方や各種表示。

 

▲カロリーは582kcal

 

▲中には麺とタレ、酢、ラー油が入っています。

今日のポイント

以上、「頂点の一杯 珍々亭  油そば」を食べた話でした。

武蔵野近辺は油そばの名店がひしめき合っています。

ここのところ家で食べる麺が多かったです。

久々に油そばを食べ歩いてみたいです!

あまかず
やっぱり珍珍亭油そばはおいしい!
シンプルなメニューだけに奥が深い。
もっといろいろな油そばに出会いたいです!

珍珍亭の油そばをネットで注文する

併せ読みたい関連記事

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします