ニュータッチ凄麺「千葉竹岡式らーめん」を実食。キレのある濃いめの醤油味がうまい!

 

■スポンサーリンク■


ニュータッチ凄麺の「千葉竹岡式らーめん」をいただきました。

千葉県富津のご当地ラーメンをカップ麺にしたこの商品。

キレのある濃いめ醤油味がたまりません。

この記事では「千葉竹岡式らーめん」の感想を写真付きで紹介。
  • 「千葉竹岡式らーめん」ってどんな麺?
  • 麺は?スープは?具材は?

など気になる方はぜひ参考にしてください。
あまかず
あまかず
こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。竹岡式ラーメンは一度は食べてみたいご当地ラーメンです!カップ麺で食べれるのは嬉しい。

千葉・富津のご当地ラーメン「竹岡式ラーメン」を凄麺で再現!


ヤマダイ食品の人気カップ麺「ニュータッチ凄麺」シリーズは、「ゆでたての旨さ、再現!」を合言葉に本格的なラーメンをカップでいただけるカップ麺です。

凄麺といえば日本各地のご当地ラーメンをカップ麺にしているのが特徴。

北は北海道、南は九州まで様々な麺が登場しています。

今回紹介するのは「千葉竹岡式らーめん」。

発売自体は2018年の商品。発売から3年以上たつロングセラー商品です。

「千葉竹岡式らーめん」とはどんなラーメンなのか?

千葉県富津にある「梅乃家」発祥のご当地ラーメン。

最大の特徴は醤油ダレにお湯を入れるだけのシンプルなスープです。

一見美味しいのか?と思われがちですが、醤油ダレはチャーシューを煮込んだ時に使った物を使用。

肉の旨みが溶け込んでいるそうです。

そんな竹岡式ラーメンをカップ麺でどう再現しているのか?

公式サイトによると
醤油感の強いシンプルなスープ
本格レトルト具材(豚バラチャーシュー&メンマ)使用
コシのあるノンフライ麺使用 公式サイトより

とのこと。

僕自身は残念ながらまだ本番の竹岡式ラーメンはいただいた事がありません。

ただ、鈴鬼のスタ満そばでインスパイアを食べた事がある程度なんですよね。

これはいただくのがたのしみですね。

「千葉竹岡式らーめん」を実食

こちらが今回手に入れた「千葉竹岡式らーめん」です。

パッケージには千葉県富津の港と完成イメージがあります。

さっそく作って行きましょう。

できあがりはこんな感じになります。

おお~なかなか美味しそうに仕上がりましたね。

一見見た感じは普通の醤油ラーメン。

気になる具材はバラチャーシュー、メンマ、刻みタマネギが入っています。

それではさっそくいただきましょう。

まずはスープから。

レンゲにとってみると琥珀色をしたいいスープです。なかなか美味しそう。

では一口。

おお~濃いめの醤油がうまい。

結構キレのある感じのスープですね。たまりません。

しっかりとタマネギの旨みも感じますね。

続けて麺もいただきましょう。

麺はストレートタイプの中細麺。

箸でつまんでもしっかりとした弾力がありますね。

それではいただきます。

うん!これはうまい。

しっかりとコシがあってたまらないですね。

のど越しもいい。

具材もいただいていきましょう。

まずは、チャーシューから。

チャーシューはバラ肉タイプ。レトルト式なので見た目からしっかりと肉感があります。

では一口。

おお~これはうまい。

バラ肉のジューシー感をしっかりと感じれてうまいですね。

湯戻し系のかやくにはない質感でたまりません。

続いてメンマ。こちらもレトルトタイプ。

結構大きめです。

うん。コリコリとした食感が全然違いますね。

「千葉竹岡式らーめん」の感想


それでは今回いただいた「竹岡式ラーメン」の感想です。

シンプルな醤油ラーメンと思いきや

キレのある濃いめの醤油がたまらないスープでしたね。

醤油だけで無くタマネギや肉の旨みがでていてめちゃうまかった。

麺もコシのある麺でプリプリした食感がたまらなかったですね。

具材も結構本格的なのがいい!

レトルトタイプだったので旨みが段違いでした。

一杯にいろいろな工夫がされていてなかなか奥の深い麺でしたね。

とても美味しいかったです!
 

■スポンサーリンク■

今日のポイント

以上、「千葉竹岡式らーめん」をいただいた話でした。

今回は具材もレトルトだったのでかなり本格的でよかった!

やっぱり凄麺はクオリティが高いですね。

凄麺シリーズには他にもご当地ラーメンがたくさんあるのでちょくちょくご紹介できればなと。

家にいながらにしてご当地麺を食べれるのは嬉しいですね。
あまかず
あまかず
恐るべし凄麺!これからもチェックしていきます。

あわせて読みたい関連記事

ニュータッチ 凄麺「徳島ラーメン醤油とんこつ味」を実食。豚骨&卵黄の濃厚スープがうまい!

ニュータッチ凄麺「富山ブラック」を実食。スパイシー&濃いめのスープがうまい!

ニュータッチ凄麺「冷し中華海藻サラダ風 」を実食。カップ麺で本格的な冷やし中華が食べられる!

ニュータッチ凄麺「静岡焼津かつおラーメン」を実食。ガツンとかつおを感じる一杯!

今回紹介した「千葉竹岡式らーめん」

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間41万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ