ニュータッチ凄麺「静岡焼津かつおラーメン」を実食。ガツンとかつおを感じる一杯!

 

■スポンサーリンク■


ヤマダイから発売中の凄麺シリーズ「静岡焼津かつおラーメン」をいただきました。

名前の通りかつおをふんだんに使ったラーメン。

香りと味ともにかつお充できる一杯です。

とても美味しかった!

この記事では「静岡焼津かつおラーメン」の感想を写真付で紹介。
  • かつおラーメンってどんな麺なの?
  • あっさりだけど旨味のある麺を食べたい!

と言う方は是非チェックしてください。
あまかず
あまかず
最近のムーブメントとは全く違う路線のラーメンです。でも美味しかった!

■スポンサーリンク■

ニュータッチ凄麺「静岡焼津かつおラーメン」を実食。ガツンとかつおを感じる一杯!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回はニュータッチ凄麺シリーズの麺をご紹介します。

麺シリーズから登場「静岡焼津かつおラーメン」


ヤマダイから登場しているカップ麺のシリーズ「凄麺」。

ゆでたての旨さ、再現!」を合言葉にお店のラーメンのような本格的な味を頂くことができるカップ麺。

しかも、日本各地の様々なご当地ラーメンを再現しています。

北は札幌の味噌ラーメンを始め、南は九州の博多豚骨ラーメンまでいろいろな麺があります。

そんな中でも、以前から気になっていたのが「静岡焼津かつおラーメン」。


このラーメンの特徴はスープ・オイル・トッピングに焼津産の鰹を使っているとのこと。

ではなぜ気になっていのか?それには理由があります。

個人的に焼津にはあるお店のラーメンを食べに何度か行った事があります。

そのお店は「カナキン亭」。あっさり系のおいしいラーメンです。

もしかして焼津かつおラーメンは「カナキン亭」をモチーフにしているのではないか?

というような淡い期待があり食べてみたかったんです。(後述しますがもちろん違います笑)

ちなみにこの焼津かつおラーメンは都内ではあまり見かけません。

今回は奥さんの実家が静岡という事で、義弟に現地で調達してもらい送ってもらいました。

ありがたい限りです。

凄麺「静岡焼津かつおラーメン」を実食

こちらが今回手に入れた「静岡焼津かつおラーメン」です。

カツオを配置してあったり、茶色系の配色なので全体的に鰹節をイメージしている感じでしょうか?

これを作るとこんな感じになります。

ベーシックな醤油ラーメンに花鰹が散らしてあります。

鰹節以外の具材は、チャーシュー、ネギ、メンマとかなりシンプル。

香りもカツオがすごい。ガツンと香ってきます。

これは食べるのが楽しみですね。

まずはスープからいただきます。

醤油の褐色に花鰹が溶け込んでいてなかなか美味しそう。

それでは一口。

おぉ〜口に入れた瞬間カツオの香りと風味がガツンとやってきます。

醤油の味もしっかりと感じで美味しいですね。

後味はややオイリーな感じ。これは動物系なのかな?

とはいえ、それほど豚骨は感じません。

続いて麺もいただきます。

麺はストレートタイプの中細麺。

ノンフライなので結構もっちりした感触があります。

これは美味しそう。

いただいてみましょう。

うん。美味しい。つるっとしたなめらかな食感がいいですね。

中細ではありますがしっかりとコシのような食感を感じます。

これはいいですね。

スープとの相性もしっかりとあっています。

ときおり花鰹が麺と絡んで口に入ってくるとより濃いカツオの味を感じておいしい。

具材もいただいってみましょう。

まずはチャーシューから、よくあるインスタント系の焼豚ですがしっかりとスープと馴染んでおいしい。

続いてメンマもいただきます。メンマもシャキシャキでいいですね。
 

凄麺「静岡焼津かつおラーメン」の感想

今回いただいた「静岡焼津かつおラーメン」の感想です。

いやー想像以上にカツオ味がするラーメンでした。

一見あっさりに見えるんですが、カツオの濃厚な味がいい!

特に鰹節がスープにとろけてより濃厚なかつお味になるのがすごい。

豚骨も入っているっぽいですが、それほど感じませんね。ほぼかつおと言っても過言はないでしょう(笑)

めちゃくちゃ美味しかったですね。

これはストックして定期的に食べた味です。定期的に送ってもらおう(笑)

ちなみに、当初予想していた「カナキン亭」とは全く別の味。

というのも、カナキンは昆布と動物系のスープ。旨味が違って当然ですね。

とはいえ「焼津かつおラーメン」はかつおのおダシを感じる事が出来るラーメン。

かなり完成度が高い一杯です。

是非気になる方はチェックしてみてください!

これが「静岡焼津かつおラーメン」だ!

改めて「静岡焼津かつおラーメン」をご紹介します
▲パッケージは鰹節をイメージしたデザイン
▲側面には原材料表
▲こちらは成分表示。気になるカロリーは364Kcal
▲蓋を開けると中にはかやく・液体スープ・調味油・鰹節が入ってます
▲麺はノンフライタイプ
▲裏蓋には開発担当からのメッセージが書かれています
▲お湯を入れて5分。液体スープ・調味油・鰹節を入れれば完成です。

今日のポイント

以上、「静岡焼津かつおラーメン」をいただいた話でした。

凄麺シリーズは改めて食べるとかなり完成度の高い麺ですね。

スープもしっかりとダシが出ているので深みがあります。

麺もノンフライなので食感もいい。

今まであまり食べていませんでしたが、改めて食べてみるのもありですね。

いろいろ出ているのでチェックしてみます!
あまかず
あまかず
焼津のかつおをふんだんに使ったラーメンなのでとても美味しかった!大満足でした。

今回いただいた「静岡焼津かつおラーメン」

あわせて読みたい関連記事

カナキン亭本舗 (静岡県焼津市)の「カナキンチャーシュー麺」を実食レビュー。旨みのあるスープがたまらない!

寿がきや食品「小田原タンタン麺 中辛」。トロミのあるスープが麺に絡んでうまい!

寿がきや「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」(2020年)を実食。より美味くなった辛味と濃厚スープがたまらない!

日清「豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」を実食レビュー。生麺みたいなゴワゴワの極太麺がうまい!
 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間38万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ