ニュータッチ 凄麺「徳島ラーメン醤油とんこつ味」を実食。豚骨&卵黄の濃厚スープがうまい!

 

■スポンサーリンク■


ニュータッチ凄麺の新作「徳島ラーメン醤油とんこつ味」をいただきました。

徳島県のご当地ラーメンがカップ麺で登場!

濃厚な豚骨ベースのスープと甘みのある醤油が印象的。

この記事では「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」の感想を写真付きで紹介。
  • 「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」ってどんな麺?
  • スープは?麺は?具材は?

など気になる方は参考にしてください。
あまかず
あまかず
こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。凄麺シリーズから「徳島ラーメン」が登場です。濃厚でまろやかなスープがよかった~

ニュータッチ 凄麺から徳島県のご当地ラーメンが初登場!


2021年6月7日よりヤマダイ株式会社から「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」が発売開始になりました。

凄麺は「ゆでたての旨さ、再現!」を合言葉にお店のラーメンのような本格的な味を頂くことができるカップ麺です。

全国各地のご当地ラーメンが発売されています。

今回登場したのは「徳島ラーメン」です。

徳島ラーメンはその名の通り、四国の徳島県のご当地ラーメン。濃厚な豚骨スープに濃口醤油で味つ
けられたスープと生卵をトッピングされているのが特徴です。

徳島ラーメンは僕も過去に一度高円寺にある「中華そば JAC」でいただいた事があります。

当時食べた時は、濃厚なスープがとても印象的でしたね。ご飯とも良くあいます。

そんな「徳島ラーメン」をどうカップ麺にしているのか?とてもたのしみですね。

ちなみに、どんな商品とか言うと
凄麺ご当地シリーズが四国初上陸。地元の味を再現した濃厚な醤油とんこつ味。まろやかでトロリとした別添卵黄ソース
公式サイトより

とのこと。

卵まで再現しているのは嬉しいですね。

今回この商品を手に入れたのは「イトーヨーカドー」です。ドラッグストアにも見かけました。

コンビニでは見かけなかったので、スーパーやドラッグストアで探してみるのがいいかも知れません。

「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」を実食

こちらが今回手に入れた「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」です。

パッケージ自体は赤茶色を主体としたいデザイン。

徳島のマスコットキャラの載っています。

果たしてどんな麺になるのか?さっそく作っていきましょう!

こちらが出来上がった「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」です。

おお~かなり濃厚そうな麺に仕上がりましたね。

具材はバラチャーシュー、メンマ、ネギが入っています。

豚骨スープの香りがしてなかなか美味しそうです。

さっそくスープからいただきましょう。

スープは濃い茶色をしています。粘度はそれほどありませんね。

では一口いただきます。

おお~これは濃い。

口に入れた瞬間に豚骨のこってりとした旨みが一気に広がります。

つづいて甘みのある醤油の味がやってくる感じ。

この状態でもかなり美味しい。

しかし、やはり徳島ラーメンには卵はかかせません。

と言うことで、付属の卵黄ソースを入れてみます。

うん。これでより徳島ラーメンっぽいしあがりですね。

それでは卵黄ソースをついかしたスープもいただきましょう。

見た目はあまり変わっていません。

その味は・・・・

おお~これはすごい。

豚骨のまろやかさだけでなく、卵黄ソースのまろやかさも加わりかなりに濃厚になりました。

そろそろ麺もいってみましょう。

麺は中細のストレート麺。もちろんノンフライタイプです。

箸でつまむとしっかりとした弾力を感じます。

それではこちらもいただきましょう。

うん!いいですねー

麺のコシがしっかりあります。

濃いめのスープに併せても麺が全然負けていません。

しかも、スープが麺によく絡んでより美味しくなっています。

さすが凄麺ですよ。

続いて具材もいただきます。まずは、チャーシューです。

チャーシューはバラ肉タイプです。しっかりと肉感がありますね。

ではコチラもいただきます。

おお~いいですね。バラの脂感をかんじますよ。

スープにマッチして美味しい。

続いてメンマもいただきます。

小ぶりのメンマが結構たくさん入っています。

シャキシャキ感がいいですねー

ちょい足しで「卵黄」を追加!

この「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」にはさらにオススメの食べ方があります。

それが「卵黄」を追加すること。商品の裏蓋でも紹介されています。

卵黄ソースも入っていますがやはり本物の卵黄もいれたいですよね。

と言うことで卵黄をいれてみました。

いやー美しい。

そして、この卵黄を潰してスープと混ぜてみます。

ではいただきましょう。

おお~めちゃくちゃ濃厚になりましたね。卵黄のまろやかさがたまりません。

これは是非試して欲しい。

「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」の感想


それでは今回いただいた「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」の感想です。

濃厚なスープがとても美味しかったですね。

豚骨の旨みとまろやかさ、醤油の甘みはバツグンでした。

卵黄ソースを入れるのと入れないのではやはり味は変わります。

入れる事でもっと濃厚かつまろやかになるのはよかった。

麺もスープにあう麺で美味しかった。

コシと食感がたまりません。流石凄麺ですね。

個人的にはもう少し豚骨のパンチがあってもいいかも。

好みは分かれるところですね。

また、スープにもう少しとろみがあってもよかったかなぁ。そうするとご飯にも合いそう。

今回はご飯と一緒に食べませんでしたが、スープの中にご飯を入れても美味しそう。

また買ってやってみたいですね。

濃厚なスープが好きなか方は是非食べてみてはいかがでしょうか?

オススメです。

これが「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」だ!

改めて「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」をご紹介。
▲パッケージは赤茶色ベース。徳島県のキャラクターも載っています
▲側面にはロゴ
▲原材料表もあります
▲こちらは成分表示。気になるカロリーは387kcal
▲蓋を開けると中には液体スープ、かやく、卵黄ソースが入っています
▲麺はノンフライ
▲お湯を入れて5分。麺をほぐしてからスープと卵黄ソースを入れれば完成
 

■スポンサーリンク■

今日のポイント

以上、「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」をいただいた話でした。

いやーヤマダイさんのクオリティにはいつも驚かされます。

凄麺で徳嶋ラーメンを食べられるとは思ってもみませんでした。

これからもいろいろなご当地ラーメンを出して欲しい。チェックしていきます!

そして、いつかは本物を食べてみたいですね。
あまかず
あまかず
日本各地にはいろいろなご当地ラーメンがあります。それを手軽に楽しめるのはいいですね~

あわせて読みたい関連記事

ニュータッチ凄麺「富山ブラック」を実食。スパイシー&濃いめのスープがうまい!

ニュータッチ凄麺「静岡焼津かつおラーメン」を実食。ガツンとかつおを感じる一杯!

「冬の塩らーめん」を実食。コッテリ系の塩でめちゃうまい!

ニュータッチ凄麺「冷し中華海藻サラダ風 」を実食。カップ麺で本格的な冷やし中華が食べられる!

今回紹介した「凄麺 徳島ラーメン醤油とんこつ味」

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間41万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ