ネガティブな自動思考に対するトレーニングをはじめた

ついつい出がちなネガティブな自動思考についての話。

この思考にいかにに対応するか。ヒントは以前読んだ本にありました。

それではいってみましょう!

■スポンサーリンク■

ネガティブな自動思考に対するトレーニングをはじめた

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

ネガティブな自動思考についてトレーニングを始めました。

すぐネガティブな自動思考が出る

僕の中にはすぐにネガティブに反応してしまう自分がいます。

ニュースやいろいろな出来事を見たり遭遇したりするとすぐに心のなかで批判したり皮肉ってしまう。

そして、意味なくイライラしてしまいます。

■イライラの例■
  • 道を歩いているとき、歩きスマホをしている人がぶつかってきた
  • 電車で自分が降りたいのに、入り口付近の人が直立不動でうごいてくれない
  • 電車で乗車するときに横から割り込みされる

こんな感じです

これは自動思考なんですよね。

もちろんすべての出来事に対してではありません。

ですが気づくとそういう面が出てきてしまいます。

こいつが出てきてしまうと、どうも気分が落ち込み気味になってしまいやすいです。

理由はわからないんですけどね。

どうしてもそう反応してしまうようです。

相手をリスペクトする

そんなネガティブな自動思考に悩まされていて、どうしたものかと思っていました。

そんなある日そういえば以前読んだ本にヒントのようなことがかいてあることを思い出しました。

その本は自己肯定感を高めることを書いた本。

併せて読みたい記事

そこでは自己肯定感を高める鍵は相手をリスペクトすること。

評価することを手放して相手に敬意を示すということが書かれていました。

もしかしてこれが使えるんじゃないかなと。

まずは褒めてみる

では、どうすればそのリスペクトができるか考えました。

その中で出てきた答えがこれで。

「出来事に対して褒めてみる」

という事です。

イラッとしたらそれはそれとして置いておいて、何事もすごいと思ってみることにしました。

■認めてあげる例■

街をあるいていて歩きスマホの人にぶつかったとします。

ぶつかられて僕はイラッとします。

しかし、こう考えてみます。

「ぶつかってきた人はそこまで集中しなければいけないことが在るんだな。すごい集中力だ。」

こんな感じですね。

もちろんイラッとしたことは自分の自動的な反応はそうであると認識する

その上ですごいなと思う。

これが大切。

まだ始めて間もないので効果はなんとも言えないですが続けていきたいです。

このことを担当の心理士に話したところ自己受容ということでとても大切な考え方だそうです。

今日の一言

染み付いた考え方や反応は一朝一夕では治りません。

先日の自己肯定感を高めるトレーニングと一緒で繰り返しやっていきたいと思います。

いまは練習あるのみです。

少しでも違う見方ができるようになればなと。

こんな記事も書いてます

自己肯定感を高める方法。毎朝ノートを書くだけの簡単ワーク!

自己肯定感を高めるトレーニング開始60日を経過。何か変化はあったのか?

「自己肯定感を高めるワーク」7ヶ月経過。いろいろ変化が出てきた

「自己肯定感、持っていますか?」by水島広子 を読んだ。ありのままを受け止めるための鍵。

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします