自己肯定感を高める方法。毎朝ノートを書くだけの簡単ワーク!

■スポンサーリンク■

自分に自信がなくて「自己肯定感」を高めたい。
自分をついつい低く評価して落ち込みやすいのでつらい。

そんな方に向けて書いています。

「自分なんて・・・・」「自信が無い・・・」とついついネガティブになってしまう事ありませんか?

これは「自己肯定感」が低くなっている状態です。

僕は過去にうつ病を経験しました。うつ病の時は自分をひたすら自責・過小評価ししつづけていました。

自己肯定感が低すぎて自信なんてないほぼない状況だったんですよね。

めちゃくちゃ苦しかったです。なんとかこんな状況から脱したい。

そんな中で始めた「自己肯定感を高めるワーク」。これをはじめると不思議な事に少しずつ自分を肯定できるようになってきました。

それはどんなワークというと「毎朝ノートを書くだけ」というとてもシンプルな物です。

やってると変化がありました。これはやる価値のあるワークですよ。

■スポンサーリンク■

自己肯定感を高める方法。毎朝ノートを書くだけの簡単ワーク!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は自己肯定感を高めるワークをご紹介します。

自己肯定感とは?

こんな考えに思い当たる節はありませんか?

  • 自分に価値はない
  • 自分はダメなヤツだと思う
  • 自分が犠牲になればいいと考えている
  • 自分に自信が持てない

これらはみんな「自己肯定感」が低いからおちいりやすい思考です。

 

自己肯定感とは、自分自身のことをどう考えているか?どのように捉えているか?自分自身を定義づけする為の価値観の一つです。

他者との比較ではなく自分自身の事を「大切な存在」「かけがえのない存在」などの自分に重きを置けているかが大切になってきます。

辞書では以下の通りに書かれています。

「自己肯定感」

自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する語。 自己否定の感情と対をなす感情とされる。引用元

自分の価値を判断する為の「自己肯定感」が低い状態とは、自分自身の価値を低く考えているという状態です。

冒頭に挙げた「自分に価値はない」というのはまさに自己肯定感の低い典型的な状態です。

こんな状態は少しでも改善したいというのは誰しも思うはずです。

今回ご紹介するワークは「低い自己肯定感」を改善するための「自己肯定感を高めるワーク」です。

僕が「うつ病」から回復するきっかけにもなったワークなんです。

自己肯定感の低い僕は「うつ病」だった

2015年夏に僕はうつ病と診断されました。しかも、中等度というそれなりに重い状態です。

当時の僕は自分に自信が持てませんでした。

自己評価はとても低い状態。

アレをやってもダメ、これをやってもダメ。上手くいかない。

仕事中、トイレで泣くことも多々。

そして、まともに歩く事すらできなくなる事もありました。

自分さえ犠牲になればいい。自分がいなくなれば全てが丸く収まる。

そんな状態まで自分を追い詰めていました。

そして、いつしか人生から退場したらどんなに楽になるのかと考える事も・・・・

苦しい日々の中メンターの一言からヒントを得てはじめた方法。

それが「自己肯定感」を高めるためのワークだったんです。

「自己肯定感を高めるワーク」のやり方

この「自己肯定感を高めるワーク」はとても簡単です。

高い教材を買ったり、セミナーに行く必要はありません。

必要なのは「ノート」と「筆記用具」。そして5分程度の時間です。

それではやり方をご紹介します。

このワークは基本的に毎朝起きてすぐにやります

ノートに以下の3項目についての内容を書き出すだけ。

  • 前日の出来事(あったこと) 3つ
  • 何でもいいのでやった事を褒める(ほめ) 3つ
  • 「〜してもいいんだよ」という自己承認(いいよ!) 2つ

自己肯定感を高めるノートの例

※書き出すのは基本的に前日についてです。溜めてしまったら2~3日分まとめてでもOKです。

とても簡単ですよね。

ベッドの横にノートを置いておいてもいいし、枕元に置いておいてもいい。

目覚めたらすぐノートに書き込む。

これだけです。

コチラは実際に僕が使っているノートです。

自己肯定感を高める方法で使った実際のノート

 

1ページのノートを半分にして、そこに書き込んでいきます。

自己肯定感を高めるワークの実例

こんな家事で書ければOKです。

「自己肯定感をあげるワーク」のポイントとコツ

このノートを続けて行くに当たってコツとポイントがあります。

まずはポイントです。

 ポイント 

それぞれの項目は以下のポイントを押さえて書いてみてください。

  • 「あったこと」はできるだけ客観的に書く。感想は書きません。「○○○した」という感じです。

例)「3食ごはんをたべた」・「散歩をした」・「本を読めた」

 

  • 「褒めること」はどんな些細な事でいいから褒める。どんどん書きだしてあげます。えらい!と最後につけてもOKです。

例)「外に出られた。えらい!」・「買い物に行けた。えらい!」・「しっかり寝られた。えらい」

 

  • 「いいよ!」については自分が自分にOKを出すイメージ。OKの基準はゆるくしてください。

例)「ごはんは残してもいいんだよ!」「寝坊してもいいんだよ!」

このポイントを押されると深く考えずに書き出すことができます。

気楽にやってください。

 

そしてこのワークのコツです。

最大のコツはしっかりやろうとしないところです。

真面目にやらなければいけない!毎日やらなければいけない!

こう意気込んで始めると失敗しやすいです。そうなると逆効果。

続かない自分に対して「あーだめヤツなんだ」と思ってしまいます。

なので、無理せずゆるくやることを心がけてください。

仮に習慣が止まってしまったら気軽に再開する感じでOKです。

「自己肯定感を高めるワーク」の効果は?

では、実際にワークの効果はあるのか?

とそう言う疑問が出てくるでしょう。

このワークは一朝一夕ではなく、ゆっくりときいてきます。

最初は、少しずつですが「自分は○○してもいい」と思えるようになる。

という感じです。

そして、徐々に自分を肯定できるようになってきます。

劇的な変化が無くても続けて行けば結果はおなずとついてきます。

焦らず続けてください。

僕自身の詳しい経過は以下の記事を読んでもらえると参考になるはずです。

自己肯定感を高めるトレーニング開始60日を経過。何か変化はあったのか?

「自己肯定感を高めるワーク」7ヶ月経過。いろいろ変化が出てきた

自己肯定感はゆっくり上がってくる

自己肯定感を上げる方法で使っているノート

2015年の僕は全く自分に価値を見いだせませんでした。

しかし、この習慣を続けたことにより徐々に自分自身を取り戻していきました。

おかげで今ではすっかり自分を肯定できています。

たった一冊のノートに書き込む習慣をつけるだけで「自己肯定感」が次第に上がってくる。

信じられないかもしれませんが試す価値はあります。

だって投資するのはノート一冊だけ。損はしません。

自分に価値がないと思い込んでしまっているアナタ。

このワークを試してみませんか?

きっと何かが変わるきっかけになるはずです。

感想をいただきました

このノートを実際に体験した方から感想をいただきました。

効果があったそうです。とても嬉しいですね。

併せて読みたい記事

また、感想もお待ちしています。

やってみて感じた事や良かったことなど僕に教えていただけると嬉しいです。

以下のフォームから送ることが出来ます。

お気軽に送ってください。お待ちしています。

今日のポイント

一度下がった自己肯定感を上げていくのはとても大変です。

でも、続けて行けば必ず変わってきます。

焦らずにコツコツと積み重ねてください。

きっと自分を認められるようになるはずです。

自分の思考を深めたい方はコチラの記事も参考にしてみてください。

併せて読みたい記事

あわせ読みたい関連記事

ノート1冊で出来る「自信を取り戻すワーク」自信がない人にオススメ!

もやもやをノートでスッキリ解消!カンタン「思考整理のノート術」

うつ病(中等症)だった僕が克服のためにした4つの行動

自分の中の「自分」に気づく事の大切さ。生きやすくなるためのヒント

あまかずも愛用のオススメのノート

 

■スポンサーリンク■

4月の「アナタの本気を発信しよう!あまかずブログコンサル」のスケジュール

ブログの問題を解決したい。
そんな時には「アナタの本気を発信しよう!あまかずブログコンサル」にお申し込みください!ご質問にあまかずがお答えします!

「あなたのブログを加速度をつけて成⻑させるブログセミナー」の動画セミナー販売開始

大人気だったきむらあきらこさんとのコラボセミナーが動画となって販売開始になりました!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間PVは20万)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします