「吉祥寺 武蔵家」でラーメン(中盛)を実食。家系MAXは濃厚でめちゃ旨かった!

 

■スポンサーリンク■


吉祥寺にある「吉祥寺 武蔵家」に行ってきました。

ラーメン激戦区である吉祥寺の中でも人気店の1つです。

今回いただいたのは「ラーメン」。

しかも、「麺固め・味濃いめ・脂多め」の通称「MAX」と呼ばれる仕様です。

濃厚なスープと固めの麺がとても美味しかった!

この記事では「吉祥寺 武蔵家」さんのラーメンを食べた感想を写真付きで紹介
  • 吉祥寺 武蔵家のラーメンってどんな感じ?
  • お店の場所は?雰囲気は?

と気になる方はぜひ参考にしてください。
あまかず
あまかず
一見シンプルな家系。しかし、スープはとても濃厚でうまい!

■スポンサーリンク■

「吉祥寺 武蔵家」でラーメン(中盛)を実食。家系MAXは濃厚でめちゃ旨かった!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は吉祥寺の家系ラーメンをご紹介します。

「吉祥寺 武蔵家」を初訪問

吉祥寺武蔵家 外観

「武蔵家」は都内に何店舗かある家系ラーメンのお店です。

なかでも「吉祥寺 武蔵家」は屈指の人気店。

先日も寿がきやから「吉祥寺武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン」が発売になったばかりです。
吉祥寺武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメンのパッケージ
 

僕も既にいただきましたが、カップを食べるとお店でも食べたくなりますよね。

ということで、先日吉祥寺に行く機会があので「吉祥寺 武蔵家」にいってきました。

吉祥寺 武蔵家は家系意外にも「あご塩」ラーメンもあります。

しかし、やはり今回はベーシックな「ラーメン」が食べたい。

ということで「ラーメン」を中盛りで注文しました。
券売機アップ

家系というと味の好みなどをえらべます。

ここはもちろん「麺固め・味濃いめ・脂多め」の「通称MAX」でいきます。
ラーメンの好み

果たしてどんな家系がたべられるのか?

楽しみですね。

吉祥寺 武蔵家の「ラーメン」を実食!

注文してしばらく、やってきました。

こちらが吉祥寺 武蔵家の「ラーメン(中盛)」です。
吉祥寺武蔵家のラーメン

具材はチャーシュー・ほうれん草・のり(3枚)。

これぞ、「家系のスタンダード」という感じでとてもシンプルです。

香ってくる豚骨スープが食欲をそそりますね。

近くでみるとこれは美味しそうです。
ラーメンのアップ

さっそくいただきましょう。

まずはスープから。
スープ

いい琥珀色をしていますね。しっかりとスープ表面には鶏油が浮いています。

それでは一口。

おお~口に入れると濃いめのタレの味が口の中にひろがります。

そのあとにガツンと重く濃厚な豚骨スープの味。

そして、鶏油のコッテリ感が後味として残ります。

これはうまい。なにより、スープの重さですね。

ずっしりくる濃厚感がたまりません。

つづいて麺もいただきます。麺は少し縮れのある太麺です。
麺のアップ

箸上げすると分かるのですが、武蔵家の麺は少し短めなのが特徴です。
麺リフト

もっちりとした弾力がたまりませんね。

では一口。

おお~しっかりとコシのある麺で美味しい。加水率低めなので食感がたまりません。

また、スープもしっかりと絡んでいます。

やはり家系は「固め」ですね。

つづいて具材もいただきます。

まずはほうれん草。コッテリ目のラーメンなのでいい箸休めになります。
ほうれん草をいただきます

そして、チャーシュー。肉厚なので食べ応えも十分。
チャーシューをいただきます

スープに浸して食べるのがやっぱりいいですね。

そして、のりはスープに浸して別売りのライスと一緒に食べるのが至福です。

「吉祥寺 武蔵家」の感想

ラーメンのを上から

今回いただいた「吉祥寺 武蔵家」さんの「ラーメン(中盛)」の感想です。

シンプルな家系でしたが、豚骨スープの濃厚感がすごかったですね。

獣感というか動物性のスープを食べているぞ!という重みを感じました。

鶏油もクセがなくとても食べやすくて良かったです。

また、麺も太め短めという特殊な麺なので普通のラーメンとはちょっと違います。

しかし、濃厚なスープにしっかりとマッチしてたまらないんですよね。

ご飯との相性も抜群です。つい、麺・スープ・ご飯の三角食べをしたくなります。

注意点としては豚骨系の香りが苦手な方は注意が必要です。

ただ、この辺は味の調節がききます。「濃いめ」にすると豚骨臭さは和らぐかなと。

とはいえ、濃厚なスープはたまらない家系好きなら是非食べて欲しい一杯です。

「吉祥寺 武蔵家」の場所や雰囲気

それでは今回たずねた「吉祥寺 武蔵家」さんの場所と雰囲気です。

吉祥寺駅南口を出て、井の頭公園方面へ徒歩4分程度。

ドンキホーテの横の道を入ったところにあります。

こちらが「吉祥寺 武蔵家」さん。
吉祥寺武蔵家の全体外観

迷っても豚骨の香りがしてくるのでわかりやすいかなと。

店頭には提灯や看板などがあります。
吉祥寺武蔵家の看板

お店に入って右手に券売機があります。
吉祥寺武蔵家の券売機

好きなメニューを買って席へ座ります。

食券を渡す際に定員さんに好みを伝えてください。

なお、混んでいる場合は店内後方に待ち席もあります。

店内はカウンターとテーブル席があり、一人でもグループでも楽しめます。

テーブルやカウンターにはおろし生姜やニンニクなどの調味料。箸・レンゲなどがあります。
テーブルの上
ご飯の美味しい食べ方を指南した張り紙もあります。
ライスの食べ方

なお、お水やご飯(別売り)はセルフサービスになっているので注意が必要です。

今日のポイント

以上、「吉祥寺 武蔵家」に行ってきた話でした。

以前から行きたかった店だったので嬉しい。

次に「吉祥寺 武蔵家」を訪問した際は、もう一つの看板メニュー「あご塩ラーメン」もたべてみたいですね。

ちなみに、馴染みのある東小金井の武蔵家とは若干味に違いがありました。

これはなかなか面白いです。この辺は店舗間に差があるみたいですね。

武蔵家を食べあるのも楽しいかもしれません。
あまかず
あまかず
家系はやっぱりクセになりますね。濃厚感が溜まらない!また食べに行きたい。

あわせて読みたい関連記事

寿がきや食品「吉祥寺武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン」を実食。濃いめのスープでめちゃ旨い!

東小金井「武蔵家」がうまい!定期的に食べたくなる家系ラーメン

武蔵境「武蔵家」であぶらそば。シンプルだけど家系らしい麺でうまい!

武蔵境「珍珍亭」で 元祖「油そば」を実食レビュー!代替わりしても変わらぬ味

家でも「吉祥寺 武蔵家」が楽しめる!

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間38万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ