「ペヤング激辛やきそば」を実食。ペヤング激辛系の元祖。とんでもない辛さは健在だ!

 

■スポンサーリンク■


まるか食品の「ペヤング 激辛やきそば」をいただきました。

ペヤングの激辛系のカップ麺の始まりとなるこの商品。

痛辛い刺激はここがスタートです。

一度ハマるとクセになるんですよね。

この記事では「ペヤング 激辛やきそば」の感想を写真付きで紹介。
  • 「ペヤング 激辛やきそば」ってどんな麺?
  • 味は?具材は?

など気になる方はぜひ参考にしてください。
あまかず
あまかず
こんにちは、ペヤング大好きブロガーあまかず(@amakazusan)です。今回は「激辛やきそば」をご紹介します。

ペヤング激辛伝説の始まりの商品!


激辛系のカップ麺の代名詞といえば「ペヤング 激辛やきそば」です。

舌を刺すような辛さは驚愕とも言えるでしょう。

このやきそばを一番最初に食べた時の衝撃はすごかったです。

特徴的なのが、このやきそばは2014年の発売休止前から発売されていること。

商品サイクルの短いペヤングの中では定番商品に位置しています。

そして、2015年の「ペヤングソースやきそば」復活の2ヶ月後には販売を開始しています。

では、この「激辛やきそば」がどんな商品かというと
本格的鉄板やきそばをイメージしたコシのある麺に、当社史上最強の激辛ソースがご好評を頂いております。 公式サイトより

とのこと。

結構大人しめの説明なんですよね(笑)

「ペヤング 激辛やきそば」を実食

こちらが「ペヤング 激辛やきそば」です。

赤のパッケージが特徴的。

パッケージは「ペヤングソースやきそば」同様にリニューアル後はフィルムで包まれている包装に変わりました。

パッケージにしはしっかりと警告文が書かれています。

さっそく作っていきましょう。

こちらが完成したのが「ペヤング 激辛やきそば」です。

香りは鼻孔を辛さが刺激してきます。

麺自体も赤くてなかなか辛そう。

具材はキャベツとミンチ肉というペヤングおなじみの具材です。

ではさっそくいただいてみましょう。

麺はペヤングおなじみの麺。しっかりと弾力があります。

では一口

おぉ~口に入れた瞬間に刺さるような辛さがやってくる。

これは刺激的です。辛いというか痛いですね。

舌がヒリヒリしてきますよ。

また額からじんわりと汗がでてきます。

つづいて具材もいただきましょう。

まずはミンチ肉から。俵状のお肉です。では一口。

うん!これも辛い。

舌のヒリヒリがとまらないですね。

続いてキャベツ。

こちらも赤くなっています。では、いただきましょう。

うん!痛辛いのは変わりませんね。

食感はシャキシャキですがソースのおかげで刺激が強いです。

ちょい足しで辛さを緩和!

この「ペヤング 激辛やきそば」は結構辛さがあります。

食べていると舌がヒリヒリしてしんどくなるんですよね。

そんな時にオススメなのが「生卵」です。

溶き卵に麺をつけて食べると辛さが緩和されるんですよね。

ということでさっそくためしていきましょう。

まずは、溶き卵を用意します。

ここにやきそばの麺をつけていただきます。

まるですき焼きの様な食べ方ですね。

うん!卵のまろやかさのおかげでかなり辛さが抑えられます。

麺に卵が絡んでいい感じにコーティングしてくれます。

これがたまりません。

辛いのが苦手な方は是非ためしてみてください。

「ペヤング 激辛やきそば」の感想


それでは今回いただいた「ペヤング 激辛やきそば」の感想です。

激辛系のカップ麺の代名詞ということもあり刺激的ですね。

辛いと言うとか痛いです。

刺さるような刺激はこの後に続く激辛系ペヤングに繋がっていきます。

辛いのが得意であれば激辛やきそばは結構余裕かも。

僕自身も卵以外は特に対策も用意せず頂けました。

獄激辛までいくとしんどいですが、激辛やきそばなら刺激が強い程度で楽しめます。

ペヤングの激辛系を試すならぜひここからスタートして欲しいですね。

これが「ペヤング 激辛やきそば」だ!

それでは改めて「ペヤング 激辛やきそば」をご紹介します。
▲赤のパッケージが特徴的です
▲原材料表は表のパッケージ
▲成分表示はこちら。気になるカロリーは556kcal
▲底面にはアレルギー表示
▲蓋をあけると中にはソースとかやくが入っています
▲ソースは赤みがかっています
▲お湯を入れて3分。湯切りしてソースを入れれば完成
 

■スポンサーリンク■

今日のポイント

以上、「ペヤング 激辛やきそば」をいただいた話でした。

やはりこの「激辛やきそば」は痛辛いですね。

食べ終わった後舌のヒリヒリがとまりません。

改めて感じるとやはりこのやきそばがスタートですね。

この後に続く激辛ペヤングも基本はこの刺激。

あとはどれくらい強くなるか?ですからね。

もし未食は人は一度挑戦してみてはいかがでしょうか?
あまかず
あまかず
痛辛さがクセになるんですよね~

あわせて読みたい関連記事

【最新版】ペヤング 歴代商品をまとめてみた 【実食レポートあり】

「ペヤング激辛やきそば」の「激辛」を抑えて食べる4つの方法

「ペヤング 獄激辛やきそば」を実食。本当に食べるな危険。暴力的な辛さで泣ける

「ペヤング 激辛やきそばEND」を実食。激辛過ぎて胃が痛くなる

今回紹介した「激辛やきそば」

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間41万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ