鶏そば十番156(麻布十番)で「鶏煮干中華そば」を実食。鶏と煮干しのダブルスープがうまい!

あまかずからのお知らせ

お知らせ
■あまかず主催のブログ講座
思うようにブログが書けない。そんな悩みを解決する講座が開催です!

麻布十番の鶏そば十番156さんで「鶏煮干中華そば」をいただきました。

鶏の濃厚スープに煮干しの味が加わりとても美味しかったです!

さっそくご紹介します。

広告

鶏そば十番156(麻布十番)で「鶏煮干中華そば」を実食。鶏と煮干しのダブルスープがうまい!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は麻布十番の鶏と煮干しのダブルスープのラーメンをいただきました。

鶏そば十番156で「鶏煮干中華そば」をいただく

麻布十番のラーメン屋さん「鶏そば十番156」に行ってきました。

ここのお店は鶏ベースの濃厚スープが特徴。

以前「純鶏あおさそば」をいただきましたが、まろやか且つクリーミーなスープがめちゃくちゃ美味しかった。

併せて読みたい記事

再訪となる今回は鶏白湯ではなく魚介ダシの加わった「鶏煮干中華そば」をいただきます。

鶏と魚介でどんなスープが出てくるのか?

とても楽しみです。

これが「鶏煮干中華そば」!

こちらが今回注文した「鶏煮干中華そば」(900円)です。

魚介のいい香りがしてきます。

具材は、鶏チャーシュー、メンマ、ほうれん草、味玉、ネギ。

これは美味しそうです。

まずはスープからいただきます。スープはとろみのある茶褐色。

それでは一口いただきます。

おお~口に入れた瞬間魚介と鶏の濃厚な味が広がります。舌触りはかなり重い感じです。

これはうまい!たまりませんね。スープばかり飲んでしまいそうになります。

続いて麺もいただきます。

麺は細目の角張った麺。いい感じにスープが絡んでますね。

それでは一口。

おお~細麺ですが歯触りも良くコシがある。これは好きなタイプの麺です。

スープとの相性もバッチリ。美味しいです。

具材の鶏チャーシューもいただいてみます。

とても柔らかく仕上がっていて食べやすいです。

「鶏煮干中華そば」のここがうまい!

今回いただいた鶏そば十番156さんの「鶏煮干中華そば」。

全体的に完成度が高くてとても良かった。

特にスープ。魚介がききが良くてとても美味しい。

鶏だけでなく魚介系が好きな方にはオススメです。

それにしても、以前食べた「純鶏あおさそば」とは全く違うタイプのスープで驚きでした。

魚介が入るだけでここまで変わるんだと驚きですね。

おいしさの甲乙とつけがたいですね。

是非食べてみて下さい。

鶏そば十番156さんの場所と店内の様子

今回訪問した「鶏そば十番156」さんについてです。

場所は麻布十番駅を降りて徒歩1分くらい。4番出口をつかうと早いです。

東京都港区麻布十番2-1-10

コチラが「鶏そば十番156」さん。

店頭にはメニューが掲示してあります。

店内に入ると正面に券売機があります。

券売機で食券を買ってから店員さんに案内されます。

席はカウンターとテーブル席の二つ。結構な人数が座れるようです。

カウンターの上には各種調味料。

メニューなんかもありました。

いろいろ気になるメニューはたくさんあります。

BARということなのでお酒があるのもいいですね。

今日のポイント

以上、鶏そば十番156さんで「鶏煮干中華そば」をいただいた話でした。

鶏白湯と煮干しスープはどちらも大好きなスープ。

そのダブルスープはやっぱり最強ですね。

いやー食べられて満足でした。

鶏そば十番156さんは他にもきになるメニューは多いのでまた行ってみます。

あまかず
美味しいラーメンと出会えるとやっぱり感動ですね。
これからもたくさんのラーメンと出会って
紹介してきます。お楽しみに!

店情報

  • 店名: 鶏そば十番156 麻布十番本店
  • ジャンル: ラーメン、つけ麺、汁なし担々麺
  • 営業時間: AM11:00~翌AM4:00
  • 定休日: 無休
  • 住所: 東京都港区麻布十番2-1-10
  • 地図:
東京都港区麻布十番2-1-10

併せ読みたい関連記事

東京のラーメン本



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・オタク・ペヤンガー etc。人生を好きな事、楽しいこと、幸せで満たすためのブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ