デジタル人間だった僕がノートを始めたわけ。

僕はノートにいろいろな事を書くのが好きです。

タスク、感情、思考、アイデア等々いろんな事を書いています。

しかし、以前の僕は超デジタル人間でした。

そんな僕がノートになぜハマったのかご紹介します。

それでは行ってみましょう。

■スポンサーリンク■

デジタル人間だった僕がノートを始めたわけ。

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回はノートを始めた訳をご紹介します。

僕は自分を整理する為にノートを書く

このブログでもいろいろ紹介していますが、

僕はノートを書くことがとても好きです。

なぜかというと、自分にある様々なことの整理が出来ます。

タスク、感情、思考、アイデア等

一冊のがあればいろんな事を整理出来ます。

整理だけではなく、心も落ち着くし、様々な気づきがあります。

僕にとってノートはなくてはならないツールです。

元々超デジタル人間だった僕がノートにハマる

僕自身は元々超デジタル人間でした。

手元にある書類はすべてPDF化。メモはEvernoteに記録。スケジュールはGoogleカレンダー。

すべてデータにしたがる人でした。

何もかもがデジタルで残される。デジタル化の気持ちよさにハマっていました。

しかし、なぜか頭の中のモヤモヤした物は晴れなかったんですよね。

外部にいろいろ記録媒体があるのにそれが晴れない。

もどかしさの極みでした。

そんななかたまたま手にしたのが一冊のノート。何の変哲のない大学ノート。

このノートでタスク管理をしたのが始まりです。

ノートに書き出すことにより、なんだか頭がスッキリすることに気づきました。

ここから僕がノートにハマっていくわけです。

何をノートに書いていたのか?

では、どんなことをノートに書いていたのか?

最初やっていたのは、以下のこと。

  • タスクの内容やポイント
  • 仕事に関するメモ
  • 翌日の作業についての申し送り

これらを書いて、やることをはっきりさせることによって、頭の中がクリアになっていくのがわかりました。

次にやったのが感情の書きだした。

当時、嫌なこと、辛いことなど感情的になる事が増えてきました。

どうしようもい自分の感情をノートに書いたんですよね。

すると不思議と落ち着ついてきました。書き終わった後はホッとした気持ちになっていました。

そして、最後に行き着いたのが頭の中の思考を書きすこと。

これは感情だけではなく、考えている事も書き出してみたらという発想から始まりました。

やってみると、これがかなり効果的。

試行錯誤しながら形を整えて今の僕のノート術に至るわけです。

ノートはパワフルなツール

ノートはとてもパワフルなツールです。

僕自身このノートに幾度となく助けられました。

「書き出す」というシンプルな作業をするだけで

タスク、思考、感情などいろいろな物を整理できます。

困ったことがあったら何でも書き出してみましょう。

きっとそこには様々な気づきや、解決に至るヒントが出てくるはず。

是非ノートを書いてみて下さい

今日のポイント

以上、僕がノートを書くことについての話でした。

ノートは無限の可能性を秘めています。

まだ、僕自身のノート術は進化の途中。

いつかどんな人でも効果があるノートの書き方を形にしていきます。

楽しみにしていて下さい。

あまかず
自分のやっている事が人の役に立つっていいですね。
これからも、ノートについてはこまめに情報発信してきます。
お楽しみに!

オススメのノート

併せ読みたい関連記事

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします