MIX PENLa ( ミックス ペンラ ) PRO 24Cをレビュー。色数の多さとコンパクトさに注目

あまかずからのお知らせ

お知らせ
■あまかず主催のブログ講座
思うようにブログが書けない。そんな悩みを解決する講座が開催です!

「MIX PENLa ( ミックス ペンラ ) PRO 24C」というペンライトを購入。

さっそくご紹介します。

このペンライトはコンパクトかつ発光色が24色もあるそうです。

なかなか良さそうなペンライトです。

広告

MIX PENLa ( ミックス ペンラ ) PRO 24Cを購入。色数の多さとコンパクトさに注目

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回はコンパクトなペンライトをご紹介します!

コンパクトなペンライト「MIX PENLa ( ミックス ペンラ ) PRO」

こちらが、「MIX PENLa ( ミックス ペンラ ) PRO 24C 」です。

20160824 blog-010

この商品はAmazonのランキング1位になったことがあるペンライトです。

特徴は発光色が24色あるいうところですね。

パッケージには簡単な説明が書いてあります。

難しい操作は必要なさそうなので使いやすそうですね。

20160824 blog-009

それでは開けてみます。

中には、本体と、マニュアル、ストラップが入っています。

20160824 blog-008

こちらがマニュアル。細かい解説が書いてあります。

2016-08-25 14.32

色の順番についても書かれていますね。

20160824 blog-003

色数や色順をカスタム出来る機能もあるようです。やはりマニュアルは一度必読ですね。

こちらが本体。

20160824 blog-007

グリップ部分は少し細くなっています。

シールに色順の頭文字が書かれいます。マニュアルを持ち歩かずにすみますね。

20160824 blog-004

裏面はこんな感じです。

20160824 blog-006

黒いボタンでON/OFFや色の切り替えが出来ます。

右がAボタン。主にON/OFFや色の切り替えをします。

左がBボタン。色の切り替えを始めカスタム機能の操作をするようです。

20160824 blog-005

ON/OFFが同じボタンなのは便利ですね。カスタム機能がついているのでそのご操作回避にはなりそうです。

気になったのは電池。

この商品はボタン電池を使う模様。

20160824 blog-001

ライブの現場でボタン電池の入れ替えはかなり面倒かも。

しかも6個はなかなかの数だなぁ。

ほかのペンライトと比べてみる

同じタイミングで買ったキンブレ3と比べてみます。

まずは並べてみます。

キンブレ3とくらべると少し短い感じですね。

20160824 blog-016

グリップ部分も短いですね。

20160824 blog-014

これ1本を持つと大分余ってしまいます。

20160824 blog-013

指の間に挟んで複数持つスタイルで使うのかな?

20160824 blog-012

その為に下の方が球体なのでしょうね。すっぽ抜けないように。

20160824 blog-002

気になる光量はどうなるのか?

これもキンブレ3と比べてみたいと思います。暗所で光らせてみました。

20160824 blog-011

キンブレ3に比べると少し弱いかも。

複数持ちしたら印象が変わるのかな?

大閃光などサイリウムなんかと併せて使ったら面白いかも。

一本より複数で活躍しそうなペンライトですね。

注意したいのはイベントによっては、

ペンライトの複数持ちは禁止や制限されている場合もあります。

そこはイベントの主催の指示に従って使ってみてください。

今日の一言

このペンライトは色数のに驚きました。

微妙な色合いまで再現できているのですごいなぁと。

キンブレ3のカスタムカラーといい進化しているペンライトに驚きの連続です。

今回購入したペンライト

ペンライトのまとめ記事

他のペンライトに関する記事

併せ読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ