KING BLADE(キングブレード)X10 II Neo を購入&レビュー!一発ジャンプできるHot Buttonが便利!

あまかずからのお知らせ
【開催する講座】

2/9・13 「書けない」をなくすブログの書き方講座(ZOOM)

キングブレード X10 II Neo

キングブレード X10 II Neo」を手に入れました。

このペンライトは「KING BLADE X10 II」のバージョンアップ版です。

使い心地はどうなのか?すでに出ている「KING BLADE X10 III」との違いはどこなのか?

実際にいじって試してみました。

さっそくご紹介します!

■スポンサーリンク■

KING BLADE X10 II Neo を購入&レビュー!一発ジャンプできるHot Buttonが便利!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

「KING BLADE X10 II Neo」というペンライトを購入しました!

KING BLADE X10 II Neoを購入!基本機能

2016年12月に発売になった「KING BLADE X10 II Neo」を購入しました。

キングブレード X10 II Neo

これは過去に発売されていた「KING BLADE X10 II」に追加機能をつけたのバージョンアップ機種となります。

「KING BLADE X10 II Neo」の基本的な機能は以下のような物です。

  • デフォルトカラー15色
  • 色順・色数組み替え可能(メモリー機能)

今回のメモリー機能は2パターン登録出来るそうです。

また、上記の機能に加えて新しい機能も追加されました。

  • Hot Button

この機能は当たらし出来た「Hot Button」を押すことにより設定した色に一発ジャンプする機能。

推しの色が来たときに便利ですね。

すでに発売中の「KING BLADE X10 III Neo」とは異なっています。

併せて読みたい記事

「KING BLADE X10 II Neo」の紹介と使い方

早速「KING BLADE X10 II Neo」を見ていきたいと思います。

キングブレード X10 II Neo ケース

プラケースの中に入っています。

開けて取り出すと中に入っているのは以下の物です。

  • 本体
  • ストラップ
  • マニュアル

キングブレード X10 II Neo セット内容

 

コチラがマニュアルです。使う前に必ずチェックしたいですね。

キングブレード X10 II Neo マニュアル

グリップは持ちやすい流線形。

キングブレード X10 II Neo グリップ

先端部には王冠のマーク。

先端

スイッチを入れると王冠のマークが光っているようにみえます。

キングブレード X10 II Neo 先端光る

操作は底面にあるボタンで行います。左がAボタン。右がBボタンとなります。

スイッチ

使い方はシンプル。

Aボタンを長押しでON/OFFとなります。Bボタンには溝があるので押し間違いは無くなりそうです。

真ん中部分に新しく追加されたHot Buttonがあります。

キングブレード X10 II Neo Hot button

電池は他のシリーズと変わらず単4を使用します。電池カバーを開ける際はコインが必須です。

受電式電池も対応している模様です。

「KING BLADE X10 II Neo」をいじってみた

実際にいじってみると「Hot Button」がなかなか便利です。

アーティストごとにある定番色を登録しておくと一発で出ます。

今までのキンブレで不便なところは一発出しが出来なかったところ。

このボタンがあればかなり便利につかえますね。

さわってみた動画をごらんください。

他の機種と比較

今回の「KING BLADE X10 II Neo」ですが、過去の機種と比べてみたいと思います。

実際に並べてみました。

左からKING BLADE X10・KING BLADE X10 II Neo・KING BLADE X10 IIIとなっています。

実際に光らせるとこんな感じになります。

II NeoとIIIの差はほぼないですね。

デザインもほぼ同じになります。違うのは色くらいですね。

「KING BLADE X10 III」との違い

デザイン・発光度は「KING BLADE X10 III」ほぼ一緒でした。

では「KING BLADE X10 II Neo」と「KING BLADE X10 III」は何が違うのか?

機能の差は以下の通りです。

■KING BLADE X10 II Neo

・Hot button搭載

■KING BLADE X10 III

・COLOR TUNING

II Neoの一発色変えか、IIIのCOLOR TUNING機能か。

この差ですね。

あと値段もやや「KING BLADE X10 III」がやや高くなっています。

II Neo が 3000円(メーカー希望小売価格) に対して、

III は 3500円(メーカー希望小売価格) ですね。

手軽に使いたいという方はII Neoがおすすめ。

色にこだわりたいという方はIIIがおすすめになります。

今日のポイント

いかがでしたか?

今回は「KING BLADE X10 II Neo」についてご紹介しました。

人気のシリーズなのでご紹介した商品事の違いが参考になれば幸いです。

これからも楽しくライブでペンライトを振りましょう!

今回紹介したペンライト

■あると便利な乾電池

ペンライトのまとめ記事

他のペンライトに関する記事

キングブレードから新作登場。2018年の新作は4本。進化するペンライトに注目!

「大閃光ブレード200」のレビュー。とても簡単でシンプルなペンライト!

「ルミエース2 オメガ」レビュー。カラーリザーブ機能が超便利!

MIX PENLa ( ミックス ペンラ ) PRO 24Cをレビュー。色数の多さとコンパクトさに注目

併せ読みたい関連記事

 

■スポンサーリンク■

「書けない」をなくすブログの書き方講座』

毎日ブログを書きたい!でも何をかいていいか?どう書いていいか分からない。
そんな悩みを解決する「書けないをなくすブログの書き方講座」をZOOMにて2月9日・13日に開催します!

「あなたのブログを加速度をつけて成⻑させるブログセミナー」の動画セミナー販売開始

大人気だったきむらあきらこさんとのコラボセミナーが動画となって販売開始になりました!

1月の「個別ブログ相談」のスケジュール

ブログの問題を解決したい。
そんな時には「個別ブログ相談」にお申し込みください!ご質問にあまかずがお答えします!

個別ブログ相談のご案内

あまかずによるブログのお悩み相談を受け付けています。

ブログの悩みを解決しませんか?

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします