「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」(著:吉田尚記)を読んだ。コミュニケーションについてたくさん気付きがあった! 

あまかずからのお知らせ

お知らせ
■あまかず主催のブログ講座
思うようにブログが書けない。そんな悩みを解決する講座が開催です!

ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんが書いた「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」をよみました。

日頃から感じているであろうコミュ障。この問題にヒントをくれた一冊です。

うまくコミュニケーションするための本を読みましたのでシェアしていきたいと思います。

それではいってみましょう!

広告

「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」(著:吉田尚記)を読んだ。コミュニケーションについてたくさん気付きがあった!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

コミュニケーションについての本を読んだのでご紹介します!

名物アナウンサーの書いたコミュニケーションについての本を読んだ

僕自身以前から自分がいわゆるコミュ障かなと思う節がありました。

もしかしたら少なからずいろいろな人が感じているかもしれません。

そんななか出会ったのがこの本。

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

書いたのはよっぴーこと吉田尚記さん。アナウンサーとしてラジオなどで活躍している方です。

オタの僕にしてみればオタクのアナウンサーとして有名。アニメ系のイベントで何回もおみかけしたことがあります。

実は以前お話する機会がありました。ライブイベントで話しかけたらすごく気さくに応えてくれたんですよね。その時からこの人はすごくコミュニケーション能力が高いんだろうなぁと思っていました。

そんな方の書いたコミュニケーションに関する内容の本。

いろいろヒントがあるだろうと思い読ませていただきました。

コミュニケーションとはゲームである

この本で印象的だったのは「コミュニケーションはゲームである」と言うこと。しかも、協力型のゲームでそのルールについても語られていました。

協力してするゲームでなので敵は相手ではなく「気まずさ」である。となるとコミュニケーションは自己表現では無いということ。

この考え方が自分の中で腑に落ちた感がありました。

どうしても自分の話ばかりしたくなってしまいます。

協力型のゲームと捉えると相手の事を考えつつすすめる必要がありますよね。そのことにきづかせてくれました。

技術的なことも先ほどの協力型という話を前提にしてすすめられていきます。

自分が優位に立つのではなく、話題は相手側にあるということ。そして、いかに相手と協力してコミュニケーションをするか。それをサッカーを例に挙げて、パスやドリブルという言葉をつかってわかりやすく表現されていました。わかり易い表現だとすごく自分に浸透してきます。

他にもキャラクター性についてもかかれていました。

いわゆるイジるということについて。ここは思うところはありました。劣っているところや欠点を素直受け入れられるかなぁー。多分その辺は自分自身のブロックとの兼ね合いなんだろうな。

でも書かれていることも確かにそうだよなぁと納得する場面もありました。

この辺はセルフブランディングなんかも関係してくるんだろうなぁ。今後の課題だ。

コミュニケーションについて考えるきっかけに

全体を通してコミュニケーションについて考えるいいきっかけになりました。

いろいろ腑に落ちる点も多かったです。

特に協力型のゲームと言う考え方がすごく印象的でした。

どうしても自分が自分がとなってしまうタイプなので注意していこうかなと。

最終的に自分で自分の会話をモニタリングできるようになれば御の字かもしれません。

この本をくり返し読めば「脱コミュ障!」もできるかな?何度も読み返したいと思える一冊でした。

また、すごく読みやすかったので今までビジネス書を読んだことのない方におすすめです。

今日の一言

自分のなかにすっと落ちてくる本と出会うと読んでいて楽しいです。

いままでいろいろ読んできましたがここまですっときたのは久々です。

いや、初めてかも。いい本に出会えて良かった!

ためになることが多く付箋の数も多くなりました。

今回読んだ本

こんな記事も書いてます

「ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方」@ ジョン・F・ディマティーニ  を読んだ。目的は価値観と共にある。
今回は人生の目的についての本を読みました。ここで大切なものについて気付かされました。どんな本だったのか?それではいってみましょう!
「一生お金に困らない生き方」(著:心屋仁之助 ) を読んだ。自分のあり方について考えさせられた。
今回は心屋仁之助の本「一生お金に困らない生き方」を読んだので書評を書いていこうと思います。いろいろ衝撃をうける内容でした。それではいってみましょう!
「誰も教えてくれない人を動かす文章術」@齋藤孝 を読んだ。ブログで使えそうな学びを得たぞ。
今回は久々の書評です。内容は文章術について。ただ、単なる文章術以上に良い学びを得ることができました。それではいってみましょう!
「自己肯定感、持っていますか?」by水島広子 を読んだ。ありのままを受け止めるための鍵。
水島広子さんの「自己肯定感、持っていますか?」という本を読みました。この本は自己肯定感をテーマにした内容。どんな内容なのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・オタク・ペヤンガー etc。人生を好きな事、楽しいこと、幸せで満たすためのブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ