新宿「AFURI辛紅」で「辛紅らーめん」を実食。辛味・旨み・酸味の三重奏がたまらない!

 

■スポンサーリンク■


新宿にある「AFURI辛紅」で「辛紅らーめん」をいただいてきました。

柚子が特徴であるAFURIが立ち上げたセカンドブランド「AFURI辛紅」。

名前の通り辛さに特化したお店です。

食べてみるとAFURIらしさもあり、辛さもしっかり感じる麺でとても良かった!

この記事では「辛紅らーめん」の感想を写真付きで紹介。
  • 「辛紅らーめん」ってどんな麺?
  • 味は?スープは?具材は?麺は?

など気になる方はぜひ参考にしてください。
あまかず
あまかず
こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。今回は念願だったAFURIのセカンドブランドに行ってきた話。辛いラーメン好きにはたまりません。

■スポンサーリンク■

新宿にある「AFURI辛紅」を初訪問!


先日新宿に行く機会があったので以前から行きたいお店に行ってきました。

AFURI辛紅」というお店です。

AFURIというと、柚子を利かせた「柚子塩らーめん」や「柚子醤油らーめん」が人気のお店です。

そんなAFURIですがセカンドブランドが2019年にオープンしました。

それが「AFURI辛紅」です。名前の通り「辛さ」をテーマにしたお店です。

AFURIではすでに「柚子辣湯麺」という辛いラーメンがあります。

しかし、辛紅ではより辛さに特化しているとのこと。
日清 東京NOODLES AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめんのパッケージ2

カップ麺にもなっていてピリ辛と柚子の風味がとても良かったことを記憶しています。

これはいただくのがたのしみですね。

「辛紅らーめん」を実食

今回「AFURI辛紅」でいたただくのは主役メニューである「辛紅らーめん」です。

なお辛さは8段階から選べます。

今回は初めてということなので、8段階あるうちの4番目にあたる中辛の『4丁目 覚醒の阿夫利神社』にしてみました。

どんな辛さなのか楽しみです。

注文して待つことしばし、やってきました!

こちらが「辛紅らーめん」です。

見た目が真っ赤のスープがとても印象的。

これはおいしそう!

気になる具材ですが、チャーシュー、メンマ、煮玉子、ネギが入っています。

チャーシューは鶏チャーシューかトロチャーシューを選択が可能です。

今回はトロチャーシューにしました。

まずは、スープからいただきましょう。

スープの赤味がたまりませんね。透明感のある赤でとても綺麗。

香りはというとほんのり柚子がとてもいい香りです。

おお~これはとてもすっかりとしたスープです。

口に入れた瞬間柚子の香りがしてきますね。

その後に辛味がやってきます。しかし、痛いとかではなく爽やかな辛さ。

スープの旨みと柚子の酸味もかんじますね。

これは美味しい。

辛味と旨みと酸味が程よいバランスでとてもいい。

つづいて麺もいただきます。

麺は全粒粉タイプの細麺。ストレートタイプです。

果たしてスープとの相性はいかに?

それではいただきます。

うん!いいですねー

プツッと歯切れの良い麺と、さっぱりとしたスープよくあいます。

これはたまりません。

ついつい箸がすすんでしまいます。

そして、具材もいただいていきましょう。

まずはチャーシューから。プルプルでトロトロのやわからさがとても印象的。

箸でつまむとすぐ崩れてしまいそうです。

さっそくいただきます。おお~これはいい。

口に入れた瞬間にとろけてしまいます。

肉の旨みをしっかりとかんじますね。

つづいてメンマをいただきます。メンマは細切りタイプ。

それではいただきます。

うん!いいですね。シャキシャキとした食感とスープの辛味が良くあいます。

つづいて、煮玉子。やや半熟気味でとても美味しそうです。

こちらも一口。

おお~濃厚な玉子の味がたまりません。

箸休めにはちょうどいいですね。

「辛紅らーめん」の感想


それでは今回いただいた「辛紅らーめん」の感想です。

爽やかな辛味、清湯の旨み、柚子の酸味この三つが絶妙なバランスでとてもおいしかった!

辛味が強いのがよかった。辛さ的には「柚子辣湯麺」より辛い感じでしたね。

とはいえ中辛なので僕的には若干の物足りなさがありました。

ただ、そんな時はカウンターにある辣油を入れるとさらに美味しくなります。

この辺は好みであわせてもいいのかなと。

スープだけでなく麺もよかった!

AFURIの麺は美味しいので辛いスープとも相性抜群でした。

具材も同じく美味しかった!

1つ1つが丁寧に作られていて満足。

辛い麺という辛さだけを追求しがちですが、しっかり旨みや柚子を活かした作りなのがよかったですね。

総合的にハイレベルな一杯でした。

これはまたたべにいきたいです!次はつけ麺とかもありかな?

「AFURI辛紅」の場所と雰囲気

「AFURI辛紅」の場所についてご紹介します。

場所は新宿駅より徒歩3分。新宿サブナードの中にあります。

西武新宿線からだと1分くらいですかね。

こちらが「AFURI辛紅」さんです。

大きな看板があるので分かりやすいかと。

店頭に券売機があります。タッチパネル式なのが驚きでした。

支払いは現金だけでなく電子決済も利用が可能みたいです。


メニューは
  • 辛紅らーめん 980円
  • 辛紅つけ麺 980円
  • 辛紅和えそば 1080円
の3種類。

他にもご飯やセットメニューもあるのでお好きな物を頼んでください。

注文時に麺の種類・チャーシューの種類・辛さを選びます。

券売機で食券を買かったら店内にすすみます。

店員さんから席を案内されますよ。

店内はカウンター席のみ。赤と黒でとてもシックな作りでした。

カウンターには酢・辣油などの調味料。

食べ方の紹介したパネル


ライスなどのメニュー表もあります。

今日のポイント

以上、AFURI辛紅で「辛紅らーめん」を食べてきた話でした。

いやーさすがAFURIさんという感じです。

辛いラーメンでもしっかりとAFURIらしさを出せるのがすごい。

「AFURI辛紅」は現在、新宿だけのようです。これからもっと増えてくれるといいなぁ~

そして、また食べに行こう!
あまかず
あまかず
中辛が簡単に食べられたので次は大辛とかに挑戦できるかもしれないですね。

店情報

関連ランキング:ラーメン | 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅

あわせて読みたい関連記事

AFURI 恵比寿@恵比寿 カップ麺になった「柚子辣湯麺」を実食。スッキリとした辛さで美味しい!

日清「東京NOODLES AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」を実食。刺激的な辛さと柚子の爽やかさが同居する一杯!

AFURIの「 限定柚子塩らーめん」(カップ麺)を実食。高い完成度!柚の香るスッキリ系のラーメンでうまい。

「AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ」を実食。柚子の香りと塩味が絶品!

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間41万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ