寿がきや食品「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」(2021年)を実食。濃厚&激辛!一体感のあるスープがうまい

 

■スポンサーリンク■


寿がきや食品より発売開始になった「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」をいただきました。

今年もやってきた「辛辛魚」。辛さと旨さの両方を兼ね備えた麺です。

その実力はカップ麺の中でもダントツ。

13年目の今年もやっぱり旨辛でした!

この記事では「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」の感想を写真付きで紹介。
  • 「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」ってどんな麺?
  • スープは?麺は?今年の味は?

など気になる方はぜひ参考にしてください。
あまかず
あまかず
こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。今回は寿がきや食品の新商品をご紹介。辛辛魚がついに登場です!

■スポンサーリンク■

今年も「辛辛魚」の季節がやってきた!


2021年1月25日より寿がきや食品から「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」が期間限定で発売開始になりました。

この商品は東京・石神井にある「麺屋 井の庄」が誇る人気メニュー「辛辛魚(からからかうお)」をカップ麺化した商品。
実際の辛辛魚

今年で13年目となります。

毎年1~2月に発売されてもはやこれを食べないと冬ではないとも言える定番です。

年々ブラシュアップされており今年はどう変わっていのでしょうか?

ちなみに、公式サイトの説明では
骨×魚介×激辛!!辛旨の最高峰を目指す!東京石神井の人気店『麺処井の庄』監修の「辛辛魚らーめん」。毎年大変ご好評をいただいている、発売13年目の激辛ラーメンです。辛辛魚らーめんの辛さと旨さはそのままに、より一体感のある重厚なスープに仕上げました。「濃厚」かつ「ワイルド」、「激辛」をお楽しみいただける一杯です。最後の一口までご賞味下さい。 公式サイトより

とのこと。
一体感があるスープらしいので食べるのが今から楽しみです。

今回この商品を手に入れのはローソンです。ファミマでも見かけたので比較的に手に入りやすいかなと。

「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」を実食

こちらが今回出に入れた「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」です。

真っ赤なデザインが印象的。まぁ、パッケージは毎年ほぼ同じなんですけどね。違うのは年の記載くらい。

これを作るとこんな感じに仕上がります。

真っ赤で美味しそうな麺ですね。

中央にあるのは唐辛子と魚粉を混ぜた辛魚粉。唐辛子と魚粉のいい香りがしてきます。

それではまずは普通にスープを頂きましょう。

辛魚粉は入っていないスープです。

この状態でも既に真っ赤。では一口。

うん!ピリ辛で濃厚なスープがたまりません。

しっかりと感じる豚骨の味がうまい。

この状態でもそこそこな辛さ。

これに辛魚粉をとかしてみましょう。

こんな感じです。赤がより濃く赤黒い感じになりました。

コチラのスープもいただきましょう。

果たしてお味はいかに?

おぉ~これは上手い!

濃厚な豚骨に唐辛子のインパクトのある辛味、魚粉の風味が加わってより美味しくなります。

辛味の中にしっかりと旨みがあります。

たまりません。

ただ、やっぱり辛いのでスープを通り過ぎる喉から食道にかけて熱い(笑)

続いて麺もいただきましょう。

麺は縮れのある平打ち系の麺。

ノンフライなのでモッチリとしています。

箸でつまむとその弾力がよくわかりますね。

ではこちらもいだたきます。

うん!食感がとてもいい。辛いスープともよくマッチしてたまりません。

余ったスープをアレンジして楽しむ

この辛辛魚っていつも麺を早く食べ終わってスープが余っちゃうんですよね。

そのまま飲み干してもいいですが、ここでアレンジ料理をしいきます。

そう。このスープを使った雑炊をつくります。

作り方は簡単。

小鍋にスープをいれ温めてそこにご飯と溶き卵をいれ一煮立ちさせるだけ。

これが完成した「辛辛魚雑炊」です。

いやーこれは美味しそうですね。

それではいただきましょう。

おお~お米にスープがしっかりと絡んで美味しいですね。

そして辛さは変わらない(笑)

いくら溶き卵が入っていても辛さは維持されています(笑)

でもスープを最後まで楽しめるのがいいですね。

「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」の感想


それでは今回いただいた「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」の感想です。

変わらずの辛さと濃厚さがたまりませんでした。

なによりしっかりとした旨みを感じてそれがよかった。

ちなみに、昨年と差についてです。

あまり変わっていない感じもしますが、スープの旨みと、唐辛子の辛さのバランスがちょうどよかったですね。

説明通り確かに一体感はありました。新しいチャレンジもいいですが、安定した旨さを追求すると言うのもありですよね。

まぁ、毎年思いますが、具材の物足りなさについては議論があります。

ただ、スープの濃厚さと辛さを強調するために具材は不要になっちゃうんですよね。

それは仕方無いのかなぁ~

ともあれ、今年も相変わらず美味しかった!

辛辛魚ファンなら今年も食べて起きたい一杯です。

これが「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」だ!

あらためて「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」をご紹介します。
▲パッケージは赤と黒を用いたデザイン。ロゴが特徴的ですね
▲側面にもロゴがあります
▲コチラは原材料表
▲こちらは成分表示。気になるカロリーは492kcal。案外高いめ
▲麺はノンフライです
▲蓋を開けると中に入っているのはスープ入りかやく・液体スープ・粉末スープ
▲お湯を入れて4分。仕上げにスープを入れれば完成です
 

■スポンサーリンク■

今日のポイント

以上、「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」を頂いた話でした。

今年も辛辛魚を食べられて良かったですね。

これがこないと冬を越せません(笑)

以前出たまぜそばなどの派生メニューはまた登場するのでしょうか?気になりますね。

今年も辛辛魚には注目していきたいです!
あまかず
あまかず
最近辛辛魚を食べる時、辛さ対策が必要なくなりました(笑)慣れてきたという事なのかな?

あわせて読みたい関連記事

寿がきや「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」(2020年)を実食。より美味くなった辛味と濃厚スープがたまらない!

麺処井の庄監修「辛辛魚まぜそば」を実食レビュー。辛さ・魚粉・ガーリックの三重奏でうまい!

「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」(2019年)を実食。辛さ×魚粉の味は過去最高の旨さ!

「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」(2018)を実食!激辛だけどうまい。魚介の味がクセになるラーメン。

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間41万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ