明星「ぶぶか 台湾油そば」を実食。極太麺に辛こってりなタレが絡んでうまい!

 

■スポンサーリンク■


明星食品の発売開始になった「ぶぶか 台湾油そば」をいただきました。

東京・吉祥寺にある油そばの名店が送るカップ麺は「台湾油そば」。

新宿店の人気メニューだそうです。

食べて見るとピリ辛で濃厚なタレがめちゃうまい!

この記事では「ぶぶか 台湾油そば」の感想を写真付きで紹介。
  • コンビニで見かけて気になっていた
  • 台湾油そばって一体何?

など気になる方はぜひ参考にしてください。
あまかず
あまかず
ぶぶかの台湾油そばは食べ応え十分でめちゃ美味かった!

■スポンサーリンク■

明星「ぶぶか 台湾油そば」を実食。極太麺に辛こってりなタレが絡んでうまい!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回はぶぶかの新作をご紹介します。

ぶぶか新宿店の人気メニューがカップ麺で登場!


2020年8月17日より明星食品から「ぶぶか 台湾油そば」が発売開始になりました。

ぶぶかは東京・吉祥寺にある油そばの名店。

カップにもなっており見たことがある・食べた事があると言う人は多いはず。

今回登場した「ぶぶか 台湾油そば」はぶぶかの新宿紀伊國屋店の人気メニュー。

もともとは開店1周年記念の限定メニュー。人気があり定番になったメニューなんです。

ぶぶかの油そばはカップでもお店でも食べた事があります。

しかし、このメニューはまだ未食。

果たしてどんな味なのか?気になりますね。

そして、名称も通常なら「台湾まぜそば」ですが「台湾油そば」。

この違いもあるのか?さらに気になります。

というわせで早速買ってきました。

今回購入したのはファミリーマート。他のコンビニやスーパーでも見かけたので比較的簡単に手に入りますね。

価格は税別で230円となります

ピリ辛コッテリな「ぶぶか 台湾油そば」を実食

こちらが今回購入してきた「ぶぶか 台湾油そば」です。

ぶぶかの油そばに比べると赤の強いパッケージです。

これを完成させるとこんな感じに仕上がります。
完成

具材は細かく刻まれたニラ、ミンチ、ネギ、海苔、唐辛子です。

全部乾燥タイプのかやくになっています。

そして、マヨネーズ。

アップでみると台湾まぜそばの具材感がありますね。これは「台湾まぜそば」と言っていいでしょう。
アップ

早速混ぜ合わせてみましょう。具材が全体に行き渡りました。
まぜまぜした

麺は極太麺。麺にはニンニクが練り込まれているとのこと。

この仕様は通常の油そばでも同じでしたね。千里眼などの他のカップ麺でもありました。

箸で持ってみるともっちりしている事が分かります。そして、重い(笑)
麺リフト

それではいただきます。

ん!これはうまい!

口に入れた瞬間に辛さと濃厚な醤油ダレの風味が口の中に広がってきます。

油分もあるので、コッテリしていますね。

これがたまらない。

マヨネーズの風味もクセになりますね。ソースと相まってより濃厚感が増します。

麺に絡んだ具材のニラや海苔の風味もいい味出しています。

ただ、アクセントになりますが、存在感があまり無いのが残念。

お店オススメのトッピングを試す

今回の「ぶぶか 台湾油そば」ですが、実はオススメのトッピングがあります。

それが「温泉たまご」。
温玉

この商品のプレスリリースで紹介されていました。

ということで早速トッピングしてみます。
温玉オン!

麺と温玉のコントラストがなかなかいいですね。

混ぜ合わせてみましょう。

白身と黄身が程よく混ざってドロッとした感じに仕上がりました。
温玉まぜまぜ

これは美味しそう。

では一口。
麺リフト

うん!温玉が入ったことで辛さは緩和されます。

しかし、温玉の濃厚感がソースの濃厚感とかさなりより重厚な味に。

これはいいですね。美味しい。

この「ぶぶか 台湾油そば」を食べる時には是非プラスしたいです。

「ぶぶか 台湾油そば」の感想

完成

それでは今回いただいた「ぶぶか 台湾油そば」の感想です。

ピリと程よい辛さと、こってりした醤油ダレの濃厚感がたまりませんでした。

麺も極太で食べ応えも十分。

個人的に残念だったのが具材の存在感ですね。

台湾まぜそばをイメージしたため刻んだ具材しか入っていませんでした。

なので、麺に絡んでくるだけ。

せめてミンチがもう少し入っていると存在感がでたかなぁと。

一方で温玉トッピングはとてもよかった。これは是非プラスして欲しい。

濃厚感が増しますね。

余談ですが、麺が少なくなったらご飯を入れて食べても美味しかったです。

追い飯が楽しくなるためにもっとタレが余って欲しかった(笑)

この台湾油そばはぶぶかの油そばに食べ飽きた方にもおすすめです。

これは是非お店でも食べたいメニューですね。

これが「ぶぶか 台湾油そば」だ!

あらためて「ぶぶか 台湾油そば」をご紹介します。
台湾油そば パッケージ
▲パッケージは赤を基調にしたデザイン
パッケージ側面
▲側面にはロゴ
▲こちらは原材料表
辛さレベル
▲辛さレベルは2と低めです
底面
▲こちらは成分表示。気になるカロリーは742kcal
成分表示
▲こちらは成分表示。気になるカロリーは742kcal
かやく・タレ・マヨネーズ
▲蓋を開けるとかやく・ソース・マヨネーズが入っています
麺
▲麺はこの状態でもかなり極太です
完成直前
▲お湯を入れて5分。湯切り後に液体ソース・かやく・マヨネーズをかければ完成です

今日のポイント

以上、「ぶぶか 台湾油そば」をいただいた話でした。

おもったよりコッテリでよかったですね。

これはお店でも食べて見たい!

新宿だけでなく吉祥寺でも期間限定で食べられる様です。

是非行ってみたいですね。近いうちに尋ねてみよう。
あまかず
あまかず
温玉トッピングは必須です!セットで買ってくださいね。

あわせて読みたい関連記事

「珍々亭 油そば」(2019年)を実食レビュー。極太麺とタレがめちゃうまい!油そば好きは要チェックの一杯

エースコック「スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛」を実食。食べ応え十分。激辛初心者向けの一杯

ファミリーマート限定「東京油組総本店 油そば」を実食。シンプルだけどうまい!これぞ「油そば」な一杯

今回紹介した「ぶぶか 台湾油そば」

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間38万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ