すき家「四川風牛すき鍋」を実食レビュー。追い麻辣必須!シビれる辛さがたまらない

 

■スポンサーリンク■

すき家から登場した「四川風牛すき鍋定食」をいただいてきました。

後がけできる「麻辣」が特徴のこの牛すき鍋。

たしかに、「麻辣」をいれるのと入れないのでは大違い。

物足りない方は追い麻辣は必須です。

シビれと辛さでとても良かったです!
あまかず
あまかず
こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。今回はすき家の新しいメニューをいただいてきました。シビれる辛さがたまりませんでしたよ!

■スポンサーリンク■

すき家から「四川風牛すき鍋定食」が登場!

2019年12月11日より牛丼チェーンの「すき家」で「四川風牛すき鍋定食」が提供開始になりました。

毎年冬に登場する牛すき系の定食。

今回は通常の「銃すき鍋定食」と「四川風牛すき鍋定食」の2種類が登場です。

辛い系の牛鍋はすでに吉野家で「麻辣牛鍋膳」が登場しています。

それに対抗する形ですき家でも辛い系が登場しました。

この「四川風牛すき鍋定食」の特徴は後入れの「食べるラー油」と「すき家オリジナル麻辣スパイス」です。

普通に食べても楽しめますが、さらに後入れすることで自分の好みの辛さにする事が可能とのこと。

吉野家の麻辣牛鍋も美味しかったので、この四川風もきっと美味しいに違いない。

ということで、早速すき家に行ってきました!

「四川風牛すき鍋定食」を実食


さっそくお目当ての「四川風牛すき鍋定食」(830円)を注文します。

この「四川風牛すき鍋定食」追加でスパイスを注文する事が可能です。

今回はせっかくなので3辛(+60円)を注文してみます。

しばらく待って御目当ての「四川風牛すき定食」がやってきました。

ちなみにライスは大盛にしてあります。

こちらがメインとなる牛鍋です。

赤いタレがかかっているのが印象的ですね。

ちなみに具材は牛肉、白菜、ネギ、ニンジン、シラタキ、豆腐、うどんと結構しっかり入っています。

この鍋ひとつで1日とるべき半分の野菜がとれるそうです。

そしてこちらが特製のスパイスと食べるラー油です。
特製のスパイスは3辛という事もあり、通常サイズよりたくさん入っています。
▲左が3辛。右が通常です

比較してみるとその量はわかりやすいです。

早速いただいてみましょう。

まずはお肉から。

辛そうなソースがかかったお肉の味はいかに?

おお〜これはピリ辛。四川風というか甘みのあるコチュジャンの味がベースです。そこまで辛くない。

白菜もいただきます。
うん。ピリ辛からで美味しい。

とはいえコチュジャンの味なのでやはり四川風とはちょっと異なります。

そこで、追加で投入するラー油と特製スパイスと入れてみます。

これを入れるとどう変化するのか?

まずはラー油を入れてから

麻辣スパイスを投入します。

できました。これで完成。

すごい麻辣の香り。鼻孔をガンガン刺激します。

早速お鍋のツユからいただきますよ。

スパイスによって変化したお味はいかに?

おお〜ビリビリくる!辛さもさらに増して美味しくなりました これですよ〜額から汗が止まりません。

麻辣スパイスがくわわったことでより四川ぽい味に変化しました。

それではお肉もいただきます。

たっぷりシビ辛のスープにくぐらせて一口。

うん!これはいいですね。ジンジンくる辛味とシビレがたまりません。

白菜も先ほどにも増して美味しい。

シビ辛スープで食べるうどんもたまりませんね。

辛さもいいんですが、食感が変化したのもいい。

食べるラー油のザクザク感は結構好きですよ。

「四川風牛すき鍋定食」の感想


それでは今回いただいた「四川風牛すき鍋定食」の感想です。

スパイスを入れる事で味変を楽しめるのはなかなか面白い。

何より好きな辛さにできるのがいいですね。5辛まであるのでチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

僕は3辛を普通にいけたので、辛いのが好きな方は挑戦してみるのもいいですね。

ただ、このスパイスを入れないと「四川風」にならないのが注意点です。

是非いれてください。足りない方は追い麻辣は必須ですよ。

具材やお肉もたっぷりなので個人的には満足でした。

ただ、あえて不満な点をあげるなら、提供されてから食べられるまでラグがありすぎるところですかね。グツグツいうまでかなりの時間がかかりました。

もちろん全体的にちゃんと調理されているからグツグツ言う前に食べればいいじゃん?という意見もあります。しかし、だったらこのスタイルでの提供はやめたほうがいいんじゃないかなと。

熱々の鍋を食べている感が少なかったのはちょっと残念だったかなぁと。

この辺はオペレーションの問題なのかな?なんとも言えません。

まぁ、鍋自体の味は美味しかったのでその不満さえ解消されればいいかなぁと。

<2020年11月日 追記>

2020年版は自宅で楽しめる鍋になりました!

詳しくは下記の記事を読んでください。

吉野家の「麻辣牛鍋膳」との比較は?


このメニューで気になるのはやはり吉野家の麻辣牛鍋膳との比較です。

一言で言えば「比較できない」につきます。

というのもコンセプトが違うんですよね。

吉野家の麻辣牛鍋膳は陳建一さん監修の元で出来上がった辛さと旨さです。

一方で今回食べた「四川風牛すき鍋定食」は自分で好みの辛さに仕上げるというのがコンセプト。

土俵が違うというかジャンルが違うというかそもそも比べても仕方が無い。

なので単純に「どっちが辛いか?」というような比較ができないんですよね。

ただ、完成された味というのであれば個人的に吉牛の方に軍配が上がります

あと、グツグツ感は圧倒的に吉野家でしたね。

今日のポイント

以上、すき家「四川風牛すき鍋定食」を食べた話でした。

ビリビリくるシビレと辛さがたまらなかったですね。

全身が熱くなる感じで良かった~。汗が噴き出て凄かったです。

辛さがしんどい方は生卵を頼んでみてもいいかもですね。

辛い物が好きな方は是非すき家に足を運んでみてくださいね。
あまかず
あまかず
追い麻辣するなら3辛以降がおすすめです。シビ辛いのスープとご飯の相性は最高でしたよ!

今回足を運んだすき家

関連ランキング:牛丼 | 武蔵小金井駅

あわせて読みたい関連記事

すき家「お家あさり牛火鍋定食」を実食。自宅ですき家の鍋が手軽に楽しめる!

すき家「食べラー・メンマ牛丼 担々ねぎMIX」を実食。いろいろな食感が楽しい麻辣&担々風味の牛丼

すき家「牛丼 トリプルニンニクMIX」を実食。ニンニクたっぷりでスタミナ感あふれる一杯!

吉野家「麻辣牛鍋膳」を実食レビュー。鼻孔と舌を刺激する本格的な麻辣鍋でうまい!

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間38万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ