僕のビリーフはなんだ?ビリーフリセット入門セミナーに行ってきた。

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は先日あった大塚彩子さん主催のビリーフリセット入門セミナーに行ってきたので、それについて書きたいと思います。

なぜいつも「こうなっちゃう」の?自分はどう変わったらいいの? 自分てどうしてこうなんだろう?こうしたいのに、なぜできないんだろう?そうはしたくないのに、なぜそうしちゃうんだろう?なぜいつも、こういう気持ちになっちゃうんだろう?なぜいつも、周りの人とこうなっちゃうんだろう?自分ていったい何なんだろう? そんな疑問を持

それではいってみましょう

ビリーフセットとは?

ビリーフセットとはカウンセラーであり音楽療法士の大塚彩子さんの提唱するメソッドです。

ビリーフとは簡単に言い換えれば思い込み。

人にはいろいろな思い込みがあり、その思い込みを理解しちゃんも取り組めば解除(リセット)できるそうです。

言われてみれば僕自身もいろいろというか、かなりの数思い込みがあると思います。

どんな感じだったのか?

今回は7名の少人数で行われました。

セミナーとはいうものの教壇に綾さんが立ちレクチャーするという形ではなく、テーブルを囲むワークショップのようなスタイルで行われました。

自分以外は女性だったので少しビビりながら受けていました(笑)

まず最初は普段どんな感情を抱くのかを全員で出し合い、どんな時にその感情を抱くのか綾さんが説明します。

そのあとにワークを行いながら実際に感情が出るときの動きを学びます。

そのワークとは…
苦手な人を思い出して、その人の嫌なところを思い出し、その感情についてどうすべきかを書き出す。

なかなか酷なワークです(笑)

というのも僕はどちらかといえば、自分に非があると考えがちです。

なのでなかなか難しかったです(笑)

(まぁ、逆に言えばそう考えてしまう行為も思い込みなのかも)

ワークのあとは
参加者の話をシェアしてもらいながらビリーフというのがなんなのかひもといていきます。

後半は自己定義のビリーフについて

自己定義のビリーフとは「自分は〇〇である」という思い込み。

それぞれありますよね。私は「お調子者」だとか「頑固だ」とか。

この〇〇について知るところから始めました。

そのあとに実際に解体する作業なのですが、
この「〇〇」はかなり根強いため今回の講座ではやり尽くせませんでした。

ただ、解体の簡易版を僕を事例に試みました。(笑)

内容はちょっとかけないのですが

方法はこの〇〇をいろいろな形に言い換えてみるやり方。

思い込みも見方を変える方法を知れば和らいでいくのだなと実感しました。

気づけば2時間という時間があっという間に過ぎてしまいました。

広告

まとめ

ビリーフについては実は2月に彩さんと立花岳志さんのセミナーに参加してなんとなく知っていた感じでした。

その予備知識めあったせいか、2月の時よりかなりわかりやすく浸透していったと思います。

今僕自信が自分を見つめ直す時期に来ているます。

見つめ直すにあたって、このビリーフは一番ネックになるポイントだと思います。

つまり、ビリーフ外しが絶対に必要になってくるのではないかなと。

もう少しこのビリーフについて学んでいこうと思います。

おまけ

今回もソノラスタジオのマスコット「ソルちゃん」のアップ写真が撮れました。

まぁ、すぐ離れちゃったんですけどね。

大塚彩子さんのサイト

思い込みに関する本

マインドフルネス音楽療法講座に行ってきた。今ある事を大切に
今回は先日受けてきたマインドフルネス音楽療法講座について書いてみたいと思います。マインドフルネスと音楽療法の合わせ技とは?それではいってみましょう!
ツナゲルアカデミーに参加してきました
今回は昨日参加してきた 2期ツナゲルアカデミー 1講について 説明や感想をふまえつつレポートしていきます。 ツナゲルアカデミーとは? ...
ツナゲルアカデミー第二講に参加してきました。生き方について考えさせられました。
先日開催された、立花岳志さんと大塚彩子さんの「ツナゲルアカデミー」の定例会に参加してきました。そこで生き方について考えさせられました。それでは行ってみましょう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・オタク・ペヤンガー etc。人生を好きな事、楽しいこと、幸せで満たすためのブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ