「男気わさビーフ」を実食。ガチで泣ける。このわさび感は男気が必要!

わさび味のスナックというとそんなに辛くない。

そんなイメージがありませんか?

ヤマヨシさんから登場した「男気わさビーフ」

このポテトチップスは名前の通り食べるのに男気が必要なほどのわさび感。

生半可な覚悟で食べると痛い目にあいますよ。

あまかず
「男気わさビーフ」を食べてみました。かなりキツイわさびがクセになりそうです!
■スポンサーリンク■

「男気わさビーフ」を実食。ガチで泣ける。このわさび感は男気が必要!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

ヤマヨシさんから登場したかなり辛味強めの「男気わさビーフ」をご紹介します。

気になるポテチ「男気わさビーフ」

わさビーフといえばわさび味がピリッときいたポテトチップス。わさびの風味が絶妙でなかなか美味しい。

そんな「わさビーフ」ですが、先日コンビニで「男気わさビーフ」なる物を発見。

なんでも通常のわさビーフより辛味を強くした商品とのこと。

以前「R-20 俺の本気のわさビーフ」という商品を出していたヤマヨシさん。

今回の「男気わさビーフ」との違いはどんな感じなのでしょうか?

気になったのでさっそく買ってきました。

「男気わさビーフ」を実食

こちらが今回購入した「男気わさビーフ」です。

ブラックのデザインがとても渋いですね。男気感があふれてます。

開封した瞬間わさびの香りがふわっと漂ってきます。

鼻孔を刺激するこの香りがたまりません。

お皿に出して気づいたのは、このポテチ一枚当たりが大きめにカットされています。

なかなか食べ応えありそうですね。

ちなみにポテト自体は薄く特殊な加工はされていません。

ではさっそくいただきます。

 

・・・・・・

んんんんん!!!!

 

口に入れた瞬間ツーンというわさびの風味が鼻を突き抜けてきます。

これ結構きますね。

涙が出てきそうな程のこの感覚。

わさびを間違えて大量に食べた時のあの感覚です。

しかも、一枚当たりが大きいので一口では食べづらい。

なので何回も口に運ばなければいけません。

辛さの追い打ちが半端ないですね。

「男気わさビーフ」の感想

それでは感想です。

今回の「男気わさビーフ」はかなりのわさび感でした。

わさび系スナックというと風味は生きてるけど辛味はあまり感じないモノばかり。

でも、これは違います。思いきりつーんとくるのでヤバい。

食べる手もあまり進みませんね。

以前あったR-20に比べると厚みが少ない分楽だろうと思っていました。

しかし、そうでもなかった。

かなりキツイわさび感なので一気に食べるのは無理でしたね。

でも、わさび好きにはたまりません。

僕もかなり気に入りました。

興味がある方は是非チャレンジしてください。

これが「男気わさビーフ」だ!

今回いただいた「男気わさビーフ」を改めてご紹介します

▲パッケージは黒を主体としたデザイン。マスコットの牛が渋い
▲最強クラスの辛さとのこと
▲裏面には「男気の極意」を掲載。3を実行すれば確かに男気です。
▲コチラが原材料表です。
▲コチラが成分表。カロリーは一袋当たり574kcalとかなり高めです。

今日のポイント

以上、ヤマヨシさんの「男気わさビーフ」をいただいた話でした。

普通のわさビーフも美味しいですが、わさびのききがいいコチラも美味しいデスね。

パーティー向けのネタとしてもつかったり、わさび好きがたべたり、いろいろな利用用途はありそうですね。

コンビニで見かけたので気になる方はチェックしてください!

あまかず
さすがヤマヨシさんという感じのポテチでした。ここまでわさびがキツいのは久し振りに食べました。とてもよかったです。(笑)

今回紹介した「男気わさビーフ」

あわせ読みたい関連記事

「R-20 俺の本気のわさビーフ」を実食。R-20は伊達じゃない本気のワサビに超注意!

「ポテトチップス 男気HOTチリビーフ」を実食。激辛注意!ヒリヒリする痛い系ポテチ

「パインアメ味のポテトチップス」を実食!確かにこれはパインアメ!甘塩っぱさがクセになる!

「岩下の新生姜 わさビーフ味」を実食!生姜なのにわさび味。めちゃビールに合う!

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします