「気仙沼ふかひれ濃縮スープ」。気仙沼に来たら必ず買いたい土産!

気仙沼でお土産にぴったりな物を発見しました。

その名も「気仙沼ふかひれ濃縮スープ」。

フカヒレのスープなのですがコスパも良くて美味しい!

さっそくご紹介します!

広告

「気仙沼ふかひれ濃縮スープ」。気仙沼に来たら必ず買いたい土産!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

気仙沼に旅行した際に見つけた「気仙沼ふかひれ濃縮スープ」がなかなか良かったです!

気仙沼と言えばフカヒレ

気仙沼と言えばサメの水揚げ量日本一と呼ばれている港です。

サメと言えば高級食材のフカヒレですよね。

気仙沼ではフカヒレの料理を提供しているお店もチラホラ。

そして、お土産にもフカヒレを使った物がたくさんありました。

そんな中、お土産に最適な商品を見つけました!

お土産にオススメ!「気仙沼ふかひれ濃縮スープ」

今回「気仙沼 海の市」でいろいろお土産を探す中で見つけたのがコレ!

「気仙沼ふかひれ濃縮スープ」です。お土産売り場で猛プッシュしていました。

このスープは南三陸の「ホテル観洋」監修で作られたスープだそうです。

1袋250円で売られているのですが、このスープはお土産としてなかなかすごい。

何が凄いかと言うと以下の点です。

  • 簡単に作れる!
  • たくさん種類がある!
  • 1袋のコスパがいい!

それではポイントについてご説明します。

簡単に作れる

このスープの作り方はとても手軽です。

必要な物は400mlの水と卵。

水とこのスープを火にかけて沸騰したら玉子を加えるだけ。

あっという間に出来てしまいます。

朝の忙しい時間にちゃちゃっとできるのはいいですね。

また、この濃縮スープは雑炊や茶碗蒸しの元なんかにも使えるそうです。とても便利!

たくさん種類がある

このスープのいい所は種類の豊富さです。

一種類だけだと食べ飽きてしまいますよね。

このスープは定番の中華である広東風をはじめ、四川風、チャウダーなど豊富な種類があります。

気分によって味を変えられるのもいいところです。

1袋のコスパがすごい

このスープですが、コスパがなかなかいいんです。

まずは量です。このスープ1袋で3~4人を作る事が出来ます。

思ったより量が出来ちゃうんですよね~おどろきです。

続いて値段です。とても魅力的なんですよね。1袋250円。

しかも、5袋買うと1150円と100円ほどお安い。まとめ買いがお得ですね。

ちなみに気仙沼以外だと少し値が上がっていました。

やはり気仙沼価格ということなんですね。

いただいてみる

こちらが今回買ったフカヒレスープです。広東風をいただいてみましょう!

できあがりはコチラ。とろとろのスープです。

具もたっぷり。具材はフカヒレの他に鶏肉にタケノコ、椎茸などが入っています。

ではいただきます。

うん!

フカヒレ感たっぷりでおいしいですね。

何より具材がたくさん入っているのがいい。

かなりお腹にたまります。

僕もパートナーと二人で食べて大満足でした。

今日のポイント

以上、気仙沼のお土産「気仙沼ふかひれ濃縮スープ」の話でした。

気仙沼で買えばリーズナブルです。

人にあげてもいいし、自分のために買ってきてもいい。

とてもお土産にぴったりですね。

こういうお土産を発見するのも旅行の楽しみですね。

今回紹介したスープ

宮城に行くとき読みたい本

こんな記事もいかがですか?

リアスキッチン@気仙沼 オシャレなレストランで海産物たっぷりの海鮮丼をいただく!
気仙沼へ旅行に行ってきました。お昼をいただいたのは気仙沼 海の市にある「リアスキッチン」さん。とてもオシャレで綺麗なレストランです。こちらでご当地食材を使った海鮮丼をいただきました!
「三陸うまいもの旅」で出会ったグルメ(1日目)
6/10〜11にかけて三陸まで取材旅に出かけています。旅先で出会ったグルメをご紹介します!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・オタク・ペヤンガー etc。オタが学び情報発信するブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ