他人と自分を比較してしまうとき。相手と自分を尊敬すればラクになる。

あまかずからのお知らせ

お知らせ
■あまかず主催講座のご案内■
ブログや食レポ、ノートに関する講座を開催中です!

「他人のすごい」=「自分はすごくない」

と考えることってありませんか?

以前このブログでも取り上げた話題です。

この考えについてもう一歩ツッコんで考えてみたいと思います。

それではいってみましょう。

■スポンサーリンク■

他人と自分を比較してしまうとき。相手と自分を尊敬すればラクになる。

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

ついつい他人と自分を比較して落ち込んでしまう方に読んでいただきたいです。

相手と自分を尊敬するとラクになる

ついつい他人と自分を比較して落ち込む事ってありませんか?

そういうときってこういうことを考えに陥っています。

「他人のすごい」=「自分はすごくない」

これの問題について以前このブログでも取り上げました。

他人と自分を比べてしまう。「他人のすごい」と「自分のすごくない」は関係ない

その時ぼくが気づいたのが

「他人のすごい」≠「自分のすごくない」

他人と自己評価は関係ないって事です。

ただ、これだけでは実はパーフェクトではありませんでした。

ではどうすればいいのか?

「他人はすごい。自分もすごい。」

こう考える事で、他人を比較することがなくなり生きやすくなりますよ。

「他人のすごい」≠「自分のすごくない」では不十分?

そもそも、「他人をすごい」と思うときはどんな感情なのか?

他人と比較してしまう時「うらやましい」とか「妬ましい」などの感情が強くなります。

そして、相手が持っている物がない自分はすごいやつではない。つまり、ダメなやつ

自己否定が強いとこう考えてしまいがちです。

従って

「他人のすごい」=「自分はすごくない」

こういう公式が成り立ちます。

これは他人と自己の評価が直列的になってしまっているんですよね。

そんな時に役に立つのが

「他人のすごい」≠「自分のすごくない」

と言う考え。

これは他人をすごいと思う気持ちと、自分のすごくないは関係ないという考え。

これで他人と自分への評価を切り離すことが出来ます。他人と自己の評価を並列にします。

 

ただ、この状態だとあくまで切り離しただけなんですよね。

ではこのあとどうすればいいのか?

次にするは

相手を「すごい」と尊敬すること。そして、自分も「すごい」と認めること。

これができるようになれば気持ちも楽になります。

自分も他人もすごいと思える考え方

でもいきなり、他の人もすごい!自分すごい!

なんて考えを持てと言われても困りますよね。

そんな時にヒントになる考え方をご紹介します。

ちょっと逆説的な発想になりますがおぼえてみてください。

  • 「相手をすごいと思った自分」を肯定する
  • 他人から「自分もすごい」と思われている

「相手をすごいと思った自分」を肯定する。

相手をすごいと素直に認める事って勇気がいりますよね。

うらやましい、妬ましいなどの感情が湧いてきます。素直に尊敬できないんです。

でも、こう考えたらどうでしょう?

「相手をすごいと思った自分」を肯定する。

すごい相手を認めるのではなく、自分自身を肯定するんです。

自分自身の事なら結構肯定しやすいんじゃないんでしょうか?

他人から「自分もすごい」と思われている

自分自身のことって意外と見えないものです。

誰にだって得意なことや特技はあります。

他の人からみたらすごいと思えることをたくさんもっています。

つまり、自分も他人からはすごいと思われているんですよ。

これは本人は気づかないだけです。

だから、「自分もすごいと思われている」そう思えば自分の事も認めたくなりますよね。

「他人もすごい、自分もすごい」が肝心

「他人のすごい」≠「自分のすごくない」

の先にある考えが

「他人もすごい、自分もすごい」

だと僕は思います。

この考えがとても重要。

ついつい何かにつけて他人と比較してしまいがちな今日。

相手を尊敬すること、自分をみとめること。

これが出来て初めて

「他人のすごい」=「自分はすごくない」

の罠から脱することが出来ます。

この罠から脱することが出来ればかなり生きやすくなるはずです。

今日のポイント

いかがでしたか?

ついつい他人と比較して落ち込んでしまいがちな方。

他人と自分をちょっとでもいいから認めてみませんか?

そこから何か変わり始めるかもしれません

読むと心がラクになる本

こんな記事もいかがですか?

他人と自分を比べてしまう。でも、「他人のすごい」と「自分のすごくない」は関係ない。

思考ばかりが先行しているときは動きだそう!

他の人が「羨ましい」。それは次は自分の番というサイン。

ネガティブな時の対処法。「感情」を受け入れてみる。

■スポンサーリンク■

あまかずからのお知らせ


個別ブログ相談受付中

ブログを書きたいけど思うように書けない。誰かに相談したいけどどうしていいかわからない。そんな時は是非あまかずにご相談ください!個別のブログ相談を受付中です!