富岡シルク 名物うどんを食べてみた。のどごしの良い食べやすいうどんだった。

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は先日買ってきたお土産の中で「富岡シルク 名物うどん」を作って食べてみました。

どんなうどんだったのでしょうか?

それではいってみましょう!

■スポンサーリンク■

地元富岡のうどんを買ってきた

先日ブログで群馬のお土産を紹介しました。

https://amakazusan.net/archives/5470

今回の帰省で「富岡シルク 名物うどん」といううどんを買ってきました。

一応僕は富岡市出身です。僕がいた頃にはこのうどんはありませんでした。

ここ最近にできたうどんなのかな?富岡製糸場も世界遺産になっかことですしね。

この名物うどんを早速食べてみたいと思います。

富岡シルク 名物うどんをいただく

見た目は細めのうどんですね。粉がきめ細かくてうどんが絹糸のように見えます。

これを茹でるのですがこのうどんの容量は300g。これを茹でるとかなりの量になりそうなので今回は半分にします。

沸騰したお湯で5分ほど茹でるだとと意外と簡単にできます。

茹で終わったら水で締め、今回はつけうどんでいただくことにしました。

これが「富岡シルク 名物うどん」です。

うどんにしては少し細め。のどごしもなかなかいいですね。

水で締めているのでコシもしっかり感じれます。

まぁ個人的には太麺でがっしりしたのがすきなのですが、これはこれでありかなと。

夏に食べるのがいいのかもしれません。

太いくてコシの強いのが苦手な方にはオススメのうどんです。

今日の一言

お土産も日々進化していますね。

目新しいお土産があったらまた買ってみたいと思います。

併せ読みたい関連記事

https://amakazusan.net/archives/5470

https://amakazusan.net/archives/5468

https://amakazusan.net/archives/2684

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします