富士そば「銀だこそば」を実食。そばとたこ焼きのコラボはアリ!

 

■スポンサーリンク■


富士そばの限定メニュー「銀だこそば」をいただいてきました。

そばとたこ焼きがまさかのコラボ?

食べてみるとこれはこれでアリですね。

シンプルでとても美味しかった!

この記事では「銀だこそば」の感想を写真付きで紹介。
  • 「銀だこそば」ってどんなメニュー?
  • たこ焼きは?そばは?つゆは?

など気になる方は参考にしてください。
あまかず
あまかず
こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。今回は富士そばのコラボメニューをご紹介。まさかのコラボにはおどろきです!

富士そばと銀だこがまさかのコラボ!?


2021年1月5日より富士そばで「銀だこそば」が発売開始になりました。

富士そばと言えば都内を中心に展開する立ち食い蕎麦のチェーン店です。

たまに奇抜なコラボが登場するのですが、今回はなんと「築地銀だこ」とコラボです。

築地銀だこはカリカリの表面が特徴のたこ焼きのお店です。

たこ焼きとおそば。一見コラボしそうにないメニューが組み合わさるとどうなるのか?めちゃくちゃきになりますね。

ちなみに、この商品は発売が発表された当初ネットで話題になりました。

果たしてどんな味なのか?

早速食べに行ってきました!

「銀だこそば」を実食

早速最寄りの銀だこに行くと・・・ありました!

店頭にしっかりと「銀だこそば」ポスターが設置されています。

全面推しなんですね(笑)

さっそくお店に入っていきましょう。

券売機でも上の方に「銀だこそば」(500円)がありました。

早速、券売機で購入して注文します。

しばらくして・・・きました。こちらが「銀だこそば」です。

おそばの上にどーんとたこ焼きが3つ。これはなかなかシュールな絵面です。

たこ焼きのタコはよく見ると、銀だこらしい揚げてあるような表面。

たこ焼きの上には、鰹節がかかっています。

それ以外は普通のおそば。わかめとネギがのっています。

それでは早速いだきましょう。

まずは肝心のたこ焼きです。

箸でつまんでみると表面はけっこう固めです。

そばのおつゆにつけて一口。

うん。これはいいですね。

たこ焼きに蕎麦の汁が染みて美味しい。

肝心のたこ焼きはというと、外はカリカリ、中は柔らかな銀だこのたこ焼きという感じです。

もちろん、タコもしっかりと入っています(笑)

ただ、焼きたてというわけではないので銀だこのアツアツ感はありません。

でもこれはこれでありですね。

続いておそばもいただきましょう。

おそばはベーシックな富士そばのそばです。

こちらもいただきます。

うん。シンプルな味がいいですね。

つゆも昆布やカツオの風味がいいですね。体にしみてきます。

この汁が次第にたこ焼きに染みてくるのがいいですね。

どんどん柔らかくなっていき、つゆがしみこんでさらに美味しくなります。

しばらく置いてのもありですね。

「銀だこそば」の感想


それでは今回いただいた「銀だこそば」の感想です。

今回のコラボはありかなしかと聞かれれば全然ありですね。

たこやきとおそばが結構美味しかった。

おつゆがしみこむたこ焼きは「赤石風」を彷彿とさせてこれはありですね。

自宅でたべるおそばでも、たこ焼きを入れて食べるのをやってみたい。

先入観や思い込みだけだと判断できませんね。

最初、「そば」に「たこ焼き」が乗っているときいてちょっと想像がつきませんでした。

でも、実際にみてみると、おそばにたこ焼きがのっているだけというシンプルなメニュー。

むしろそれが良かったのかも。

たこ焼きにいろいろのっていたらちょっとおかしな事になってました。

まぁ、普通の「たこ焼き」と聞くとはソースやマヨネーズ、青海苔がかかっていますからね。

そっちをイメージしてしまいました。さすがにそんな暴挙ではなかったですね(笑)

とにもかくにもこれはアリです!ぜひ食べてみて欲しい。

限定メニューなので興味がある方はお早めに。

今日のポイント

以上、富士そばの「銀だこそば」をいただいた話でした。

富士そばもなかなか侮れないんですよね。

たまに激辛なんかもやっていておもしろい。

店舗限定メニューもあるので巡ってみるのもおもしろいですね。

これらかもチェックしていきましょう。
あまかず
あまかず
たこ焼きにつゆがしみこんでいくととても美味しくなりますよ。

店情報

関連ランキング:そば(蕎麦) | 武蔵境駅

あわせて読みたい関連記事

ニュータッチ「名代富士そば紅生姜天そば」を実食レビュー。本格的に富士そばでマジでうまい!

冷凍食品「築地銀だこ」を実食レビュー。外がパリッ・中はトロッを冷食で再現!

武蔵境「武蔵家」であぶらそば。シンプルだけど家系らしい麺でうまい!

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間41万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ