パイフェイス(Pie Face)@渋谷モディ オーストラリア発のミートパイ専門店で本場の味をいただく。

今回は渋谷にオープンした「パイフェイス(Pie Face)」という

ミートパイ専門店に行ってきました。本場のミートパイはとても美味しかったです。

それではいってみましょう!

■スポンサーリンク■

パイフェイス(Pie Face)@渋谷モディ オーストラリア発のミートパイ専門店で本場の味をいただく。

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

オーストリアの友人と渋谷に出来たミートパイ専門店に行ってきました!

オーストラリア人の友人からの誘い

ある日オーストラリア人の友人から渋谷に行かないか?と連絡がありました。

詳しく聞いてみるとミートパイの店が出来たから行こうという話。

ミートパイって洋画とかにはよく出てきますが、実際にはあまり食べた事ありませんでした。

強いて挙げるならマクドナルドのミートパイくらいです。

興味深かったので行ってみる事にしました。

本場オーストラリアのミートパイ専門店

渋谷モディの一階に出来たそのお店は、「パイフェイス」というオーストラリアのミートパイ専門店との事。

場所は渋谷モディ。渋谷駅から代々木公園方面に5分くらいです。

東京都渋谷区神南1-21-3

ここがパイフェイス。

 

オープン2日目という事もあり、そこそこな人が並んでいました。

列の最後尾につくとお店の案内の人にパンフレットを渡されます。それを並びながら見てみます。

 

オーストラリアの友人曰く、オーストラリアでは日常的にミートパイを食べるとの事。

パンフにはメニューが書かれていてオススメを聞くと、チャンキーステーキクラシックミンスビーフがいいらしい。

30分ほどに待ってお店に入ります。

 

お店に入るとショーケースにはいろいろなミートパイが。

 

脇にはドリンクもあります。アルコールも置いてあるのが日本とは違いますね。

 

友人からオーストラリアのビールを渡されます。オーストラリアではよく飲まれているビールだそうです。

 

そして、ショーケース越しに注文します。

頼むのはもちろんオススメされた「チャンキーステーキ」と「クラシックミンスビーフ」。

会計で店内で食べる事を伝えると番号札を渡されて少し待たされます。温めてるんですかね?

 これがミートパイだ!

待つ事しばし。きました!

これがミートパイ+オーストラリアビールです。

 

なんかちょっと斬新ですね。

普通のハンバーガーショップと同じく、商品を渡されて席へ移動します。

店内の席はカウンター式が12席程度とテーブル席が何席かありました。

ほとんどの人がテイクアウトのようだったので意外に空いてました。

 

カウンター席に案内され、さっそくいただきます。

まずはチャンキーステーキから。

 

いいですねぇ。

ではいただきます。

んまー(O_O)!

パイのサクッとした生地から出てきたのはグレイビーソース。

 

グレイビーソースって初めてな気がするんですが

辛くて美味しい。ビールと相性はいいですね。

ビールは少し甘めのテイストで飲みやすい。

 

サクサクっと食べてしましました。

包み紙には温めての食べ方が書かれています。

 

次にいただくのはクラシックミンスビーフ。

ちなみに口のマークがどのミートパイかを表しているようです。

 

こちらもんまーい!(O_O)

先ほどとは違いひき肉感がたっぷり出ています。

胡椒の味もいいですね。

こちらもサックリと食べてしまいました。

美味しかったー

 

友人に聞いたところオーストラリアでは週6で食べていたらしいです。

なるほどソウルフードなんですねー

もっと食べたい!と思いましたが

並ばないといけないので今回は断念しました(笑)

また今度来たいと思います。

次はチキンマッシュルームとベジタブルかなぁー

 

余談ですが、ビールの蓋が王冠式だったので

栓抜きで開けるかと思いきや、

ねじって開ける方式だったので少し驚きました。

そのせいか店員さんも開けるのに困ってました(笑)

 

タコベルもそうですが、

最近海外のチェーンが入ってきていて

外国人に優しくなってきてますね。

オリンピックに向けてですかね?

今日の一言

本場のミートパイは美味しかったです。

是非また行ってみたいです。

以前から東京はいろいろな地方の味を楽しめる土地と言われています。

それもグローバル化してくると、

日本にいて世界を感じる事ができワクワクしてきますね。

店情報

関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅

ミートパイを取り寄せてみる

こんな記事もかいてます

https://amakazusan.net/archives/4122

https://amakazusan.net/archives/4064

https://amakazusan.net/archives/3966

 

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします