「マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」を読んだ。行動するしかない!

「マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」を読みました。

ストーリーと解説でわりとスムーズに読むことが出来る本です。

しかし、内容は思ったより濃厚。

自分が出来ていること、自分ができていないこと。

それらがぐぐっと入ってきて非常に勉強になりました。

さっそくご紹介します。

あまかず
やっぱり行動あるのみ。動くしかないんですよね。身につまされます。
■スポンサーリンク■

「マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」を読んだ。行動するしかない!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

刺激が強めの本をご紹介します!

「マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」を読んだ

「マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」をよみました。

この本は午堂 登紀雄さんの同名の著書をコミカライズした本。

手に取った理由は稼ぐためのマインドセットを知りたい。

そう思っていたから。

読んでみると、出来ている事はあります。

しかし、うぐっとささる部分がたくさんあった。

稼ぐ人はやっている事が違うな

そう身につまされる思いで若干胃がいたくなりました(笑

やっている行動もあれば、足りていない行動もある

ストーリー仕立てでわかりやすく本の内容を知る事ができます。

とここ、まではマンガ版〜のよくある定番の紹介。

しかし、内容はかなりグサッときます。

なぜかというとやれている行動とそうでない行動があったから

やはり稼ぐためには行動が必要なんですよね。

この本にはその行動の為のポイントはいくつかでてきます。

  • カフェでコーヒーではなく時間を買う
  • 待ち合わせは30分以上前につく
  • 上位のレベルの人とつき合う

などなど、この辺は一応自分でも出来ていると自負はしています。

カフェもただコーヒーのためではなく、ノートや読書の為に使ってますし

待ち合わせに至っては30分以上前につき本を読んだりしています。

ただ、決定的な部分でかけている部分があった。

 

それが、「できる」と言いきる事

 

やはり、慎重さがモットーで石橋は叩いて渡らないと気が済まない。

もちろんリスク回避としては有効です。

しかし、自分をさらに上に押し上げるには大胆な行動も時には必要。

その一歩を踏み出す訓練も必要だなと。

刺さりました。

また、「ビビりな人生」も自分を押しとどめている要因でもあります。

ピンチはチャンスでもあります。

そんなときに亀のように縮こまっていてはいけない。

時には大胆に「ギャンブル」を楽しむ事もダイナミックに動かすためには必要なのかなと。

読み終えての感想

この本の感想です。

自分の行動に説得力を持たせてくれる内容と、反省を促す内容の両方が書かれていました。

ぼくにしてみれば耳だけでなく、胸も痛くなるような厳しい内容もありました。

ただ、それは僕自身が更に先に行きたい。

そういう想いの表れです。

この本の内容を意識しながらチャンスを掴んでちきたきですね。

今日のポイント

以上、「マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」を読んだ話でした。

マンガ部分ならさっと読めてしまいます。

短時間で読めると言うことは繰り返し読みにも最適。

自分に落とし込んで行きたいですね。

あまかず
ストーリーはタイムリープ物なのでとっつきやすさもあります。自分を変えていきたいと言う方は一度手に取ってみてください。おすすめですよ。

今回読んだ本

あわせ読みたい関連記事

サバイバル! 炎上アイドル三姉妹がゆく:マンガで学ぶデジタル時代の「人を動かす」を読んだ。ブロガーとして大切な事をたくさん学べた!

「まんがでわかる 伝え方が9割」を読んだ。あらためて気づく「伝え方が9割」のすごさ。

「マンガでわかる 非常識な成功法則則」を読んだ。10数年経ってマンガになっても色あせる事ない名作!

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします