「シャドウ」に気づいたらイライラが減った件

心理学の「シャドウ」をしっていますか?

シャドウと言っても影ではありません。

抑圧していた感情の投影といわれる物です。

これを知る事により僕は常にイライラしていた日々が治まってきました。

イライラする瞬間。心中ではシャドウがあばれているんですよ。

あまかず
言葉では聞いた事があったシャドウ。改めてしるととても重要なキーワードです。
■スポンサーリンク■

「シャドウ」に気づいたらイライラが減った件

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は僕の気づきです。あることを知ったら凄くイライラが減ったという話。

シャドウを知って心が楽になってきた

先日TLIビジネス「シャドウ」について学びました。

シャドウとは心理学用語。

自分の抑圧した感情が投影されて現れてくる。

と言う物。

例を挙げると、

他人がやっている事を悔しく感じる。それは自分ができていないからうらやましいと感じてしまう。

皆さんも経験あるんじゃないでしょうか?

このシャドウを知ってから感情が揺らぐいろいろなことがシャドウの投影であり

僕自身の問題なんだなと気づく事ができるようになってきたんです。

するとどうでしょう。

結果凄く落ち着いた心持ちに変化してきました。

シャドウを知る前の僕はイライラの巣窟

シャドウを知る前の僕はイライラの塊でした。

リアル・SNS共に見たことに反応してイライラしてしまう。

表には出さないようにしていましたが、

凄くモヤモヤした気持ちでいっぱいだったんです。

例えば、誰かが楽しそうにしていても素直に見れない。ムカついて仕方無い。

これ以外にも、誰かが発する言葉にいらつきを覚える。

なんてことは多々ありました。

しかし、これはシャドウが原因なんです。

楽しくできていない自分がいるから、イライラしてしまう。

自分ができないからできている人の言葉にいらつきを覚える。

そう考えると問題はやっぱり自分なんですよね。

凄い発見です。

感情が揺れたらそれがシャドウのサイン

ではこのシャドウにどうやって気づけば良いのか?

どの状態も共通して言えるのが「感情が揺れること

怒りだったり、苛立ちだったり、むかつきだったり

自分の感情が揺れる瞬間があります。

その瞬間、シャドウがバリバリ反応している合図。

まさにシャドウからのサインなんですよね。

感情が揺れたら誰かを見るのではなく、自分の心を見る。

そうすると自己否定している自分に気づくんですよね。

ここに気づくようになってから「他者へのいらつき」

から「自分へのケア」に変わりました。

度々現れるシャドウはコツコツケアしていく

今まで僕はいろいろな自分を抑圧してきました。

なので様々なシャドウが現れてきます。

ちょっとした事でも現れるので驚きます。

そのたびに自分で気づきケアや手放しをする。

いたちごっこの用ですがこの積み重ねが大切なんですよね。

このサイクルをくり返していけば行くほど、自分がいろいろな物を抑えていたことに気づきます。

ホント我ながらよく抑えすぎです。

少しでも生きやすくなるためにはこの「気づき」大切。

是非皆さんも感情が揺れるときにでてくる「シャドウ」気づいてみてください。

今日のポイント

以上、シャドウをしってから自分の心が落ち着いたという話でした。

多かれ少なかれ誰にもシャドウはあります。

そんなのないと思っている人ほどたくさんあるんですよね。

自分と向き合う事は大変ですがシャドウを知る事は自分を救うことにつながるんですよね。

それを身をもって体験できました。

あまかず
シャドウと聞くとペルソナを思い出します。そういえばペルソナ5ってこの心理学用語をうまく解釈してよくできていたゲームだったなぁと。あらためて凄いゲームでしたね。

シャドウを知れる本

あわせ読みたい関連記事

自虐ネタで自己表現はやめよう!悪い結果をもたらす原因

他者と比較して自己否定をしてしまう僕。その思考の自己考察

デジタルデトックスをしてきた!ネットから隔絶され開放的な感覚になる

「頑張る」を「楽しむ」に言い換える。口癖は意識を変える

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします