「未来はえらべる」(著:バシャール・本田健)を読んだ。シンプルだけど奥が深い内容に驚いた!

バシャールと本田健さんの「未来はえらべる」という本を読みました。

この本は宇宙人バシャールと本田健さんの対談本。

ぶっ飛んだ内容ですがとても面白い。

そして、シンプルだけど奥が深い内容にくる物がありました。

さっそくご紹介します。

あまかず
バシャールの存在感はとてつもないです。すごく澄んでいて温かみを感じました!
■スポンサーリンク■

「未来はえらべる」(著:バシャール・本田健)を読んだ。シンプルだけど奥が深い内容に驚いた!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は在り方や行動についての本を読んだ話です。

「未来はえらべる」を再読

本田健さんとバシャールさんの本「未来はえらべる」を読みました。

この本は本田健さんとバシャールの対談を収録した物。

とても不思議かつパワフルな本でした。

そもそもバシャールの存在自体がすごい。

バシャールが何者かというと一言で言えば宇宙人。

ダリル・アンカさんという人物を通して平行宇宙からメッセージを送っている存在なんです。

普通の人が聞けば「は?」と言ってしまうでしょう。

僕自身もこの本を最初読んだ時は冗談半分で読んで手に取りました。

そのせいか理解する事ができず途中で投げ出した経験があります。

いろいろ学びが進む僕自身。改めてこの本に向き合って見た訳です。

するとどうでしょう。書かれている内容が理解できてくるし。

そのメッセージはハートにささる物がありました。

しかもシンプル。でも奥はかなり深いです。

キーワードは3つ

この本では幾つかの内容について書かれています。

僕が刺さったキーワードは以下の3つ。

  • ワクワク
  • 自分の観念
  • パラレルワールド

この三つ。

どれもすごく興味深く読めました。

「ワクワク」について

バシャールというと幾つかの本でも「ワクワクすることをしなさい」と言っています。

しかし、最初読んだ時この「ワクワク」が理解できなかった。

というのも「ワクワクする」ことがあまりピンと来なかったんですよね。

というのも、当時は感情を抑えまくった結果鬱になってその過程の最中。

ワクワクする感覚について思い出すせなかったんです。

今は回復していますがそれでもワクワクという感覚は何だろうなぁ~

と模索しています。

でも、このワクワクする事って自分が「情熱をもってやれること」なんですよね。

情熱をもってやる

こう考えると僕自身今情熱を注いでいるのはこの「ブログ」です。

僕にとってのワクワクはまさにここにあったという感じですね。

観念について

バシャールは「観念」についても語っています。

ネガティブな観念ですね。

このネガティブな観念は自分を社会的な成功像と比較させるというトリックを持っているという。

たしかに、僕にもあります。

「まだまだ、こんな物じゃない」「もっと成果をあげなければ認められない」

なんて思いが常に胸の中にあります。

これがまさにこの観念。

自分の動きの足かせになっていますよね。

しかし、この観念も気づく事で手放せるという。

それでもまた同じ考えが浮かんできてしまうとしたらそれも観念。

手放しを繰り返して行く事が必要になってきますね

パラレルワールド

3つめのキーワードは「パラレルワールド

パラレルワールドとはすなわち平行世界。

自分が信じた世界に進んでいくと言うことです。

今までの僕は自分を悲観的に捉えてきました。

「ダメな自分」「役に立たない自分」

これらの観念を持ち続けていればそんな世界に進んでいっても仕方ありません。

どちらかといえば悲観的な世界が広がってい多様な気がします。

今は自分自身を取り戻している過渡期。

悲観的な世界に進むのか?

ワクワクの世界に進むのか?

そんな試されるような出来事がたくさん起こっています。

しっかりと自分自身を向きあってワクワクの世界を選び進んでいきます。

読む人を選ぶ一冊

この本は読む人を選ぶ本です。

読み手の段階によって刺さる内容は変わってくるはずです。

そもそも宇宙人の本なんてという先入観があれば理解すらできません。

しかし、自分と向きあって「観念」を手放し

自分の純度を上げていけば理解し共感で来ます。

理解でき、共感できているということは僕自身も純度が上がっている証拠ということでしょうか?笑

もっと自分自身と向き合ってワクワクと共に進んでいきたいですね。

今日のポイント

以上、「未来はえらべる」を読んだ感想でした。

バシャールの本は何冊か手に取っていますが、存在を疑っていないと言う訳ではありませんでした。

しかし、先日テレビで実際のバシャールを拝見できました。

実在のする驚きと共に、チャネリングしているときの呼吸がとてもすごかったです。

なによりビビッとくる物を感じました。

このパワーは本物だなと直感できました。

これからもバシャールの本は手に取って読んでみたいですね。

あまかず
バシャールの言葉はシンプルですが奥が深い。シンプルが故に難しい。何度も読み返したい一冊ですね

今回読んだ本

併せ読みたい関連記事

『「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』を読んだ。3度目の正直。深い内容に理解が進む。

「エニアグラムで分かる 9つの性格」を再読。エニアグラムに対する勘違いに気づけた!

図解 「ザ・マネーゲーム」から脱出する法(著:ロバート・シャインフェルド ,‎ 本田 健 )を読んだ。刺激的な内容は理解はしても肚落ちはまだまだ。

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします