コシの強いうどんが大好き【僕の好きな物】

コシの強いうどんというと何をイメージしますか?

多くの人は 讃岐うどんを連想するはず。

しかし、日本にはそれ以外に硬いうどんが存在します。

そんなうどんが僕は大好きです。

■スポンサーリンク■

コシの強いうどんが大好き【僕の好きな物】

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は僕の好きな物シリーズ「うどん」です。

麺類好きの僕はうどんも大好き

僕は麺類が好きです。

このブログでも結構レポートをしています。

ラーメン好きという事もありラーメンのレポートが多いですが

実はうどんも大好きです。

うどんと一言に行ってももいろいろ種類がありますよね。

  • 讃岐うどんのようにコシが強めのうどん
  • 稲庭うどんのようなキメのこまかいうどん
  • おきりこみやほうとうのようなやわかいうどん

うどんだけでも千差万別です。

基本的にはどのうどんも大好きです。

しかし、このうどん以上に好きな種類のうどんが2種類存在します。

僕が大好きなうどんとは?

僕がうどんの中で最も好きな種類は太くてちゃくちゃコシのある硬いうどんです。

硬くて顎が痛くなる。そんな固さのうどんがいいですね。

小麦を食べている感があってとてもいい。

ラーメンだとなかなか味わえない感覚。

コシのあるうどんというと讃岐うどんをイメージする方も多いです。

実は、それ以外にも硬いうどんは存在するんですよ。

  • 山梨県富士吉田市の「吉田うどん」
  • 東京から埼玉の多摩地域にある「武蔵野うどん」

この二つはどのうどんよりもコシが強くぶっちゃけ硬いです。

富士吉田の吉田うどん

吉田うどんはいわゆる「汁うどん」。

馬肉やキャベツ、きんぴらなどがのっていて具だくさんです。

実際に富士吉田に食べに行くのがいいですね。

お店によって微妙に味も違うので食べ歩きとかも楽しめます。

個人的には「ほり端」さんのうどんがすきです。

併せて読みたい記事

多摩地域の武蔵野うどん

もう一つの「武蔵野うどん」。

こちらはつけ汁タイプのうどんです。

豚肉と油揚げが入った汁につけて食べるのが特徴。

これも美味しいんですよね。

個人的なオススメなのが新小金井街道沿いにある「小平うどん」。

ここのうどんはマジでヤバイ。

何がヤバいってめちゃくちゃ太くて硬いんです。

しかも量もたっぷりあるので大満足できます。

定期的に食べたくなるやばさですね。

ああ、また食べに行きたい(笑)

併せて読みたい記事

まだまだ知らないうどんがたくさんある

今回紹介したうどんは僕が今まで食べた中で硬いコシの強いうどんです。

日本中には様々なローカルうどんが存在しています。

その中には今回以上の固さのうどんが必ずあるはず。

是非そんなうどんが知りたい。

そして食べてみたい。

うどん好きの1人としてこれから出会う未知のうどん。

その出会いを楽しみにしていきたいです。

今日のポイント

以上、うどんが好きと言う話でした。

いままでブログではあまり語ってきましせんでした。

でも、僕はうどんが好きなんです。

だからもっと知りたいんです。

これからもっと勉強していきたいですね。

あまかず
コシが強い硬いうどん知りませんか?そんなうどんの情報をお待ちしています(笑)

吉田うどんをチェックする

あわせ読みたい関連記事

ほり端うどん@富士吉田 めっちゃ固い!独特のコシが特徴の富士吉田名物「吉田うどん」をいただく!

おお野@富士吉田市 シンプルだけど丁寧な「吉田うどん」をいただく

小平うどん@小平市 極太麺の肉汁うどん(武蔵野うどん)をいただく!このコシはすごい!

おにやんま@五反田 讃岐うどんの名店で本格立ち食いうどんをいただく

甚五郎 東小金井店@東小金井 スパイスの味がたまらない「激辛チーズカレーのおうどん・おそば」をいただく

丸香(まるか)@神保町 都内屈指の讃岐うどんの名店で釜たまをいただく。

小作 山梨の郷土料理「ほうとう」を頂く!具材がたくさんでお腹いっぱいになれる!

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします