まんパク2018@昭和記念公園(立川) 国内最大級のフードフェスでもつ鍋、カレーパン、やきそばを実食。どれも美味しい!

立川市の昭和記念公園で5/17~開催中の「まんパク」に行ってきました。

今回いただくのは初出店のお店のメニューを中心に気になった物をいただきました。

イベントで食べるメニューは美味しくて気持ちが良いです。

さっそくご紹介します!

あまかず
まんパクも開催期間の折り返しを過ぎました。気になるメニューもいっぱいなのでいろいろ食べたいですね。
■スポンサーリンク■

まんパク2018@昭和記念公園(立川) 国内最大級のフードフェスでもつ鍋、カレーパン、やきそばを実食。どれも美味しい!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

立川で開催中のまんパクにいってきました!初出店のメニューをいろいろたべてきましたよ。

「まんパク」に参加!夜も楽しめるイベント

5/17より立川市の昭和記念公園で「まんパク2018」にいってきました。

このイベントはラーメン、チーズ、揚げ物、海鮮、お肉など様々なジャンルのフードを楽しむ事ができます。

その規模は10エリア、60以上の店舗が出店している国内最大級のフードフェス 。

満腹博覧会「まんパク」の名にふさわしいラインナップです。

このまんパクの開催時間は10:30~21:00まで。

昼からよるまで長時間にわたり開催されています。

昼間は昼間で楽しいイベントですが、夜も独特な空気感があってとても楽しいイベントですよ。

▲フェス感ある雰囲気がたまりません

初出店のお店を中心にいろいろ実食!

この「まんパク」は本当に様々な食べ物をいただく事ができるイベント。

60店舗もあるので目移りしまします。

ただ、毎年出店しているお店もあれば今回初出店というお店もあります。

今回は初出店のお店を中心に回ってきました。

食べたものは以下のラインナップです。

  • 博多もつ鍋とホルモン焼き 黄金屋の「特製もつ鍋」
  • 100時間カレーパンの「100時間カレーパン」
  • ダイナマイト酒場の「もとだれ太麺焼きそば」

それではご紹介していきます

博多もつ鍋とホルモン焼き 黄金屋の「特製もつ鍋」

まんパクでまず欠かせないのは「お肉」のエリア。激戦区と言っても過言ではないでしょう。

いろいろあるお肉料理の中で選んだのが「博多もつ鍋とホルモン焼き 黄金屋」さんです。

コチラのお店は新宿を中心に何店舗かある居酒屋さん。名前の通り「もつ鍋」と「ホルモン焼き」を売りにしているお店です。

今回コチラでいただくのは「特製もつ鍋」です。

温かいものが食べたいと言うこともありこのもつ鍋をチョイス。

たっぷりの野菜(キャベツ、ニラ)とプリプリのもつがなんとも言えません。

 

さっそくいだたきます。

うん!弾力あるモツがとっても美味しい。お酒にも合います!めっちゃうまい。

野菜もしっかりと煮込まれていていいですね。

この手のフードフェスだとモツは申し訳程度に入っていることが多いです。

しかし、ここのもつ鍋はたっぷり入っていて大満足。

スープもキレのある醤油味で良かったです。

美味しかった!

100時間カレーパンの「100時間カレーパン」

続いていただくのが揚げ物エリアから「100時間カレーパン」です。

なんでも神田カレーグランプリに2度も優勝したカレーパンだそうです。

以前から気になっていた物をついにいただく事ができました。

今回は3種類ある中から「キーマ」をチョイス。

1個400円のこのパン。果たしてどんな味なのでしょうか?

まず手に取って驚いたのがその形状です。棒状なんですよね。

カレーパンと言うとラグビーボールのような形の楕円形の形状が多いです。

とても食べやすい形ですね。

さっそく割ってみます。

棒状のカレーパンの中にはトロッとしたキーマカレーが入っていました。

いい香りです。しかも、揚げたてなのでアツアツで美味しそう。

さっそく一口いただきます。

んん!

口に入れた瞬間、外側の胡麻の風味が広がってきます。

その後にサクサクのパン。そして、最後にやってくるカレーの味。

この食感すごいですね。

しかも、カレーも濃厚で美味しい。

しっかりとひき肉が入っているのでカレーを食べてる感があります。

流石神田カレーグランプリ優勝だけはありますね。

ダイナマイト酒場の「もとだれ太麺焼きそば」

最後に紹介するのは「たまエリア」からダイナマイト酒場さんの「もとだれ太麺焼きそば」です。

「もとだれ」というのは立川のご当地調味料。超特選醤油・鰹節・みりんベースの濃厚ダレです。

立川ではこのもとだれを使って料理を提供するお店もあるそうです。

今回のやきそばも「もとだれ」を使ったやきそばとのこと。

とても楽しみですね。

こちらがその「もとだれ太麺焼きそば」です。

 

具材はキャベツがたっぷりと入っています。紅ショウガもアクセントですね。

 

そして何より麺が太い。プリッとしているのでどんな食感なのか楽しみです。

 

まずは一口いただいてみましょう

おーもちもちっとした麺に濃いめのタレが絡んでいてうまいですね。

醤油と魚系のダシがきいていますね。

もとだれ自体は甘めのタレなんですが思ったより味は甘くありません。ソースにも負けてない味です。

味もいいんですが、個人的には麺が超好み。

太麺なのでかみ応えが十分です。焼きそばでコシを意識したのは初めて。

とても美味しそうです!

フード以外にも楽しめる「まんパク」

今回訪ねた「まんパク2018」についてご紹介します。

日程は5/17~6/4まで開催されています。

場所は立川市の「昭和記念公園 みどりの文化ゾーン」です。

JR立川駅から歩いて10分程度の場所にあります。

東京都立川市 緑町3173

入場料は平日500円。休日は800円となっています。

フードエリアはたくさん食べたいものがあって目が離せません。

しかし、食べるところ以外にも見所はありますよ。

まずは物産展。地元や北海道・沖縄など商品をたくさんとりそろえています。

他にも縁日ゾーンでは、金魚すくい、射的、輪投げなどノスタルジックなコーナーもあります。

お子さんも楽しめるイベントです。

今日のポイント

以上、「まんパク」でいろいろ食べてきた話でした。

今回はあまり食べられなかったのでまた遊びに行ってきます。

次は魚やチーズ系をいただく予定。

食べたいものが多いので1日だけでは足りませんね(笑)

あまかず
まんパクってほんと楽しいです。天気も良かったので気持ち良く食事ができて帰れました!また遊びにきます!

イベント概要

  • イベント名: まんパク
  • 開催期間: 2018/5/17~2017/6/4
  • 時間: 10:30~21:00
  • URL: http://manpaku.jp/201805/
  • 場所: 昭和記念公園 みどりの文化ゾーン
  • 備考: 入場料あり(平日500円・休日800円)
  • 地図:
東京都立川市 緑町3173

立川で遊ぶときに読む本

まんパク関連記事

■まんパク2018

まんパク2018 Hulu-luの「Italian風フルルの冷やしSOBA」を実食。さっぱりしたラーメンとは思えない一杯。

■まんパク2017

まんパク2017@昭和記念公園(立川)国内最大のフードフェスであわび・餃子・わさびをいただく!

まんパク2017@昭和記念公園(立川) 楽観の絶品塩ラーメンをいただく!これはまんパクで食べるべき一杯!

まんパク2017@昭和記念公園(立川) 国内最大のフードフェスで絶品肉料理をいただく!

まんパク2017@昭和記念公園(立川) ドゥエイタリアンの「黄金の塩らぁ麺」をいただく。上品なラーメンに感動した!

■まんパク2016

まんパク2016@立川 昭和記念公園 日本最大のフードフェス「まんパク」でまぐろのお寿司や台湾からあげカレーや羽根付き餃子を食べてきた!

まんパク2016@立川 昭和記念公園 日本最大のフードフェス「まんパク」でウニにメンチカツに牛タンにいろいろ食べてきた。

まんパク2016@立川 昭和記念公園 日本最大のフードフェス「まんパク」でラーメンやかすうどんや十勝牛トロ丼を食べて大満足!

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします