他の人が「羨ましい」。それは次は自分の番というサイン。

他の人を「羨ましい」と思うことってありますよね。

僕も多々あります。

そんな時は僕はワクワクして待つ用にしています。

なぜなら、その「羨ましい」は次は自分に来る番だからです。

広告

他の人が「羨ましい」。それは次は自分の番というサイン

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は他の人が「羨ましい」という事について書いてみました。

他の人を「羨ましい」と思うこと

他の人が「羨ましい」と思う時ってありますよね。

例えば、

  • 自分がやりたいことを先にやっている
  • 自分も同じ事をしたいのに出来ない
  • 自分も同じものが欲しい

いろいろあります。

いわゆる「嫉妬」って感情ですね。

こういうときどうすればいいか?

まずは、羨ましいという気持ちを認めます

次にワクワクして「待つ」と言うことが必要になってきます。

「羨ましい」と思ったときは次は自分の番

僕は「羨ましい」という感情を抱いたときはまずはそれを認めます。

そして、「次は自分の番だ」と思うようにしています。

なぜかというと、

羨ましいと言うことは、同じもの、同じ事、同じポジションを手に入れられる用意が出来ているのです。なので、後は待つだけなんですよね。

そもそもなぜ「羨ましい」とおもうのか?

気になるから羨ましいと思ってしまう。自分に必要なければ気にもならないはずです。

自分が気になるということは、それらを手に入れてもいいから気になるんです。

また、僕自身「羨ましい」と思っていたら、自分もなっていたという経験を何度もしてきました。

例えば、

  • 大きいCLUBでDJしたい!あそこに立っている友人が羨ましい!
  • セミナーに登壇したい!セミナーで話してるのが羨ましい!

こんな思いをしたことがあります。

この時羨ましいと思った事は後々実際に叶っています。

多少時間のラグはありますけど(笑)

自分の出来る事に最大限力を注ぐ

従って、羨ましいと思うことは絶対自分にやってきます。

あとはそのことを信じること。

この時に他人を批判したり、妬んだりするのはNGです。

ネガティブなパワーは強烈です。

ネガティブを出せば結果として自分の所にはやってこなくなります。

出来る事は、

  • 羨ましい気持ちを受け入れる事。
  • 自分の出来る事に最大限力を注ぐ事。
  • ワクワクして待つ事。

この3つがポイントですね。

最近僕の周りもとても騒がしいです。

勉強会を始めた、イベントを立ち上げた、等羨ましいと思うことがありました。

僕自身「羨ましい!」と思うと同時に、これは「次は自分の番だな」と直感しました。

なので、今は僕の出来る事に全力を出していきます。

そして、その羨ましいが自分にやってくるのを待ちたいと思います。

今日のポイント

以上、他の人の「羨ましい」と思ったときにどうするかの話でした。

もし、今他の人の「羨ましい」で悩んでいたらそれは吉兆のサインとして捉えてみてはいかがでしょうか?

きっとその「羨ましい」はやっくるはずです。

ワクワクして待ってみましょう!

学びの詰まった本

こんな記事もいかがですか?

ブログを2年間休まず書き続けたら人生は変わったのか?
2017年1月25日。ブログを初めて2周年の記念日です。無事2年を経過することができました。これまで読んでいただいた皆様にお礼の言葉を伝えたいです。本当にありがとうございます!
夢リストを振り返ってみた!ポイントを抑えてワクワク書いてみよう!
今年から心機一転書き直した夢リスト。一年通してたくさん書いてきました。見返してみるとかなっている物もありました。今回は書き方のポイントと、僕の夢リストの振り返りをしてみたいと思います。それではいってみましょう!
ネガティブな時の対処法。「感情」を受け入れてみる。
ネガティブな感情て誰でも起きますよね。僕もいろいろな方法を試してきました。今回も新しい方法を取り入れてみましたよ。それは「『ネガティブな感情』を受け入れる」という方法。どんな方法なのか紹介していきます。
自信ってなんだろう?僕が気づいた本当の自信
「自信」はありますか?自信って何なんでしょうか?僕が気づいた事を書いてみました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

麺と酒とアニソンを愛する「オタク」にして「アニソンDJ」にして「ブロガー」のあまかず。オタクが学び情報発信するブログ「あまかずさん@がんまらない」主宰。自由で豊かなオタクを目指して日々ブログを書き続ける。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ