「武器としての書く技術 」( 著:イケダハヤト)を読んだ。「書くこと」を真摯に考えさせてくれる一冊

イケダハヤトさんの「武器としての書く技術 」を読みました。

書くとについてすごく学ぶところの多い本でした。

真摯に書くこと・伝える事の大切さを教えてくれます。

なかなかいい本に出会えて良かったです。

さっそくご紹介します!

広告

「武器としての書く技術 」( 著:イケダハヤト)を読んだ。「書くこと」を真摯に考えさせてくれる一冊

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

イケダハヤトさんの本を読んで見ました。すごく参考になる本でした。

この本を読んだ理由

イケダハヤトさんの「武器としての書く技術 」を読んでみました。

読んだ理由ですが、

先日染谷昌利さんの「ブログ飯」読んでみてとても勉強になったので他のブロガーさんの本はどうなのだろう?と考えました。

そこで、イケダハヤトさんの本を読んでみることにしました。

内容も「書く事」についてだったので、きっと得られる物があると考えたからです。

イケダハヤトさんといえばいろいろ話題は尽きない方です。

果たしてどんな内容なのか戦々恐々とて読み始めました。

読み進めていくとすごく勉強になるポイントは多かったです。

すごく真摯さを感じる一冊

この本を読んで思った事はこの一言です。

書くことについて真摯に考えさせてくれる。

というところ。

イケダハヤトさんと言うとどうしても炎上というイメージが拭い切れません。

しかし、この本を読んでみるとイケダハヤトさんはすごく書くことに対して真摯なんだな。

と読み取る事ができました。イメージ先行で少し誤解してたようです。

内容も、最初からどういう文章が良くて、伝わりやすいのかしっかり書かれています。

また、伝わるにはどういうテクニックを使えばいいのかなど書かれていて勉強になりました。

得られたことは沢山あった

この本を読んで一番得られたことはコチラです。

しっかりと言い切ることの大切さ

僕自身もついつい批判を恐れて「~だと思います」とか「~かもしれません」など語尾をあやふやにしてしまいがちです。

伝える、情報発信するという意味ではしっかりと言い切った方が説得力が増します。

その方がいっていることに責任も生まれますし、誠実です。

自分の過去の記事を振り返ってみるとやっぱりごまかしている節はありました。

書くこと、使えることに真摯になるにはしっかりと言い切った方がいいですね。

これ以外にも、この本を読んで試したことはいつくかあります。

例えばこの記事。

タイトルに「年間600枚以上CDを借りる」と加えてみました。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)がとてもイイ!年間600枚以上CDをレンタルする僕がオススメする宅配レンタル。
僕はTSUTAYAで年間600枚以上CDをレンタルしています。そんな僕がオススメするのは宅配レンタルの「TSUTAYA DISCAS」。忙しくて店舗に行けない方や、店舗と併用するとかなりいろいろなCDを借りる事が出来ます。ではTSUTAYA DISCASとはどんなサービスなのか?さっそくご紹介します!

なんか説得力が増した気がします。

これ以外にも参考にするポイントは幾つもありました。

なので、定期的に何度か振り返りながら読んでみて自分に取り入れたいですね。

今日のポイント

以上、イケダハヤトさんの「武器としての書く技術 」をよんだ話でした。

今回「書くこと」についてすごく勉強になりました。

言い切ることで誠実になれる。書くことの真摯さを勉強できました。

これを始めいろいろな事を自分にプラスしてこれからも書いていこうと思います。

書くことで何かしら発信している方は一度読んでおいても損はない一冊だと思います。

今回紹介した本

こんな記事もいかがですか?

「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」(著:染谷昌利)を読んだ。どのレベルのブロガーも刺激になる一冊。
染谷昌利さんの「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」を読んでみました。この本はどのレベルのブロガーでも得るものがあるすごく価値のある本です。今回初めて読んですごく学びが多かったですね。それではご紹介します!
「見てる、知ってる、考えてる」@中島芭旺 を読んだ。あり方について一つ一つの言葉をうなずきながら確認した。
「見てる、知っている、考えている」という本をよみました。この本は10歳の少年「中島芭旺」くんが書いた本です。一気に読み進めてその言葉に一つ一つうなずきました。ぼくが学んで来たあり方について再確認する事ができましたよ。それではご紹介します!
「自分の言葉」で人を動かす@木暮 太一 を読んだ。自分が出来ていなかったところを気づかせてくれた一冊。
木暮太一さんの「 「自分の言葉」で人を動かす」をよんでみました。自分の中で出来ていなかったところと、ブロックについて気づかされました。それではいってみましょう!
「世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる(著:久賀谷 亮 )」を読んだ。マインドフルネスについてわかり安く書かれた書
「世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる」という本を読みました。マインドフルネスについて書かれた本です。とてもわかりやすく且つ引き込まれる内容だったのでご紹介していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・オタク・ペヤンガー etc。オタが学び情報発信するブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ