野菜炒めに焼き肉に!いろいろ使える「あまかず流万能ダレ」の作り方

 

■スポンサーリンク■

あまかず流の「万能ダレ」の作り方をご紹介します。

毎日の弁当作りの中。野菜炒めの味付けに使っているこのタレ。

これを使うと野菜炒めもパンチの効いた味付けになります。

しかも、いろいろな応用が可能なんですよね。

とても便利なタレです!

あまかず
このタレを使った野菜炒めは僕の定番!濃いめなので弁当にもちょうどいいんです
■スポンサーリンク■

いろいろ使える「あまかず流万能ダレ」の作り方

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は僕が普段から使っている万能ダレの作り方です

弁当発のあまかず流「万能ダレ」

ここ1年くらい弁当生活をしています。

僕が頻繁に作っているのは肉野菜炒めです。

キャベツと肉、あとは冷蔵庫に余り物の野菜を炒めるだという簡単な料理です。

ただ、野菜炒めというと味付けがネックなんですよね。

塩コショウでもいいんですが、お弁当に入れると薄味になってしまいます。

そこで僕が使っているのは秘伝の万能ダレ。

以前は市販のタレを使っていたのですが、もったいないと思いタレを自作しました。

このタレで作る野菜炒めは濃い味でお弁当にぴったりなんですよね。

しかも、このタレは単体で使ってもいいですが、

他の調味料と合わせても味の変化を楽しむ事ができるんです。

あまかず流「万能ダレ」の作り方

それでは万能ダレの材料と作り方をご紹介します。

まずは材料です。

  • 醤油 100ml
  • みりん  50ml
  • 料理酒 50ml

これだけ。

作り方も簡単

  1. 鍋に調味料を入れ一煮立ちさせます
  2. 粗熱を取ったら容器に入れるだけ

ちなみに量は目安です。

基本の割合は2:1:1でブレンドすればOK。

毎回作るなら大さじや小さじでも大丈夫です。

 

万能ダレの使い方

この万能ダレの使い方は簡単。

野菜炒めに味付けとして炒めているフライパンに入れるだけ。

これでパンチの効いた野菜いためになります。

こんな感じ。

この野菜炒めはキャベツ・ピーマン・肉を一緒に炒めて

最後にタレを入れて絡める感じで炒めただけ。

このタレには他にも使い方があります。

タレを別皿に入れていろいろな物をプラスすれば様々なテイストを楽しめるんです。

  • 生姜を加えれば生姜焼き
  • おろしニンニクを加えればスタミナ丼風に
  • 中華系のダシを加えれば中華風に
  • カツオダシを加えれば和風に
  • このタレで肉を煮詰めれば麺類のお供「悪魔肉」に

などなど、いろいろアレンジが可能です。

注意点としては使う量です。

結構濃いめに作っているので大量に使うとかなりしょっぱくなります。

味付けにつかうなら大さじ1くらいですかね~。

あと、そのまま使うとかなりしょっぱいので炒めるときの味付けとして使って見てください。

まだまだ使い道はあるので僕も模索していきます!

今日のポイント

以上、僕が普段使っている「万能ダレ」についてでした。

元々は弁当のおかずから発生したこのタレ。

いろいろ使い道がある事に我ながら驚いています。

余談ですが、二郎インスパイア系ラーメンのタレにも近いんですよね。

なので、自宅でインスパイア系を楽しむときカラメとしても使っていいですね。

いろいろな使い道をためしてみてください。

あまかず
僕のオススメはペーストの中華調味料+ニンニクで本格的なすた丼です。晩御飯にガッツリと食べたいときにはオススメですよ。

あわせて読みたい関連記事

「さばと大根の炊き込みご飯」の作り方。缶詰と大根があれば出来る簡単レシピ!

麺類にあう「トッピング用のお肉」の作り方

残り物のカボチャで作るシンプルで簡単なサラダ【料理】

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間38万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ