「GODZILLA 決戦機動増殖都市」を見てたき。メカニックにワクワクした!

劇場公開中の「GODZILLA 決戦機動増殖都市」をみてきました。

アニメ版ゴジラ3部作の2作目となる今作。

謎は謎を呼ぶ展開でしたが、メカニックはめっちゃかっこよかった。

やっぱりSF映画ですね。

あまかず
アニメ版ゴジラはやっぱり謎だらけ。メカがかっこよかったのでそれでOKです。
■スポンサーリンク■

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」を見てたき。メカニックにワクワクした!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

アニメ版ゴジラをみてきました!

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」を見てたき!

5/19から劇場公開になった「GODZILLA 決戦機動増殖都市」を見てきました。

この作品はフルCGで描かれるゴジラ初のアニメ作品。3部作の2作目です。

脚本・原案は虚淵玄さん(代表作は仮面ライダー鎧武・魔法少女まどか☆マギカ)。

重厚な世界観で描くアニメのゴジラは果たしてどんなストーリーなのか?

第1作目を見た時はSF映画として楽しめました。(感想はコチラ

果たして2作目はどうなるのか?今回も前作同様に「SF映画」といして見る事にしました。

映画館は立川のシネマシティ。重低音が好評の爆音上映でみてきました!

やっぱりSF映画としてみると楽しい

今回のGODZILLAですが、SF映画としてみるとめっちゃ楽しいです。

特にメカゴジラの話なのでメカニック系が見どころです。

見終わった後にタイトル「決戦機動増殖都市」の意味がわかりました。

そのままですね。

個人的に「ヴァルチャー」めっちゃかっこよかった。

ウィングを出したりしまったりのギミックがかっこよすぎです。

コードギアスのランスロット的で興奮しまくり。

スパロボに出てきてもおかしくないよなと言うレベルです。

ラスト直前でゴジラの上空で旋回しているところが劇場版エヴァンゲリオンの量産型を彷彿とさせました。

謎が謎を呼ぶ展開。そしてゴジラは・・・

気になるストーリーなんですが前作よりも人間の内面的な話に突っ込んだストーリーですね。

特に、主人公のハルオの葛藤がとても印象的でしたね。

迷いながらも戦う。仲間とぶつかってもリーダーとして戦う姿勢を見せる。

かっこよさを覚えました。

そして、謎が謎を呼びまくです。

フツアの民の言葉が意味深すぎて気になりますね。

そして、肝心のゴジラですよ。

はっきり言うと、前作以上にゴジラが出てきません。

ラスト20分くらいでようやくでした。

爆音上演でみてきたけどあまり意味がなかった(笑)

次作が気になる!

今回も気になるフラグがたくさんありました。

それが、「モスラ」です。ゴジラといえば「モスラ」。

個人的に大好きな怪獣です。

そのフラグが随所に見え隠れしてます。

  • 双子
  • 昆虫の鱗粉

これはもしかするとモスラがでてくるのでは?なんて期待をしちゃいます。

それに、次の作品にはゴジラシリーズでおなじみの首が3つあるヤツキングギドラが出てきそうな気配です。

ますます3作目が気になります。

次回こそ怪獣大決戦的なのを期待したいですね。

まぁ、虚淵玄作品なんで予想は裏切られる可能性が高いんですけど・・・・

次は11月なので楽しみにします!

今日のポイント

以上、「GODZILLA 決戦機動増殖都市」を見てきた話でした。

今回も最初から最後までハラハラした展開で楽しめました。

前作より絶望感はなかったですね。

怪獣映画ではなく戦争映画に近いかもしれません。

フルCGのアクションも見応えあるので興味ある方は見に行ってはいかがでしょうか?

あまかず
謎を残しつつ第3作へ。続きがきになります!早くみたいですね。

見ておきたい関連作品

あわせ読みたい関連記事

映画「GODZILLA 怪獣惑星」を見てきた!ひと味違うアニメのゴジラに驚いた

「ガールズ&パンツァー 最終章 第1話」を見てきた。やっぱり面白い!迫力の砲撃戦はたまらない。

映画「ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜」を見てきた!癒やしは健在。心ぴょんぴょんしてきた!

「シン・ゴジラ」をみてきた!これは大人の怪獣映画だ!

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします