僕自身気づいていない「がまん」。かけてもらった一言に涙した。

あまかずからのお知らせ

お知らせ
■あまかず主催のブログ術講座■
思うようにブログが書けない。そんな悩みをノートで解決する講座が開催です!
個別ブログ相談のご案内

僕自身気づいていないところで「がまん」をしていたようです。

それを気づかせてもらった事がありました。

向き合うべきキーワード「がまん」。これはなかなか大きそうです。

しっかりと向き合っていきましょう。

■スポンサーリンク■

僕自身気づいていない「がまん」。かけてもらった一言に涙した。

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

向き合うべきキーワードが見つりました。これはなかなか大きそうです。

僕の中にある「がまん」がキーワード

2015年に鬱病になって以降、自分自身と向き合うことがとても多くなりました。

様々な書籍やカウンセラー、臨床心理士の方の力を借りつついろいろな僕自身と対話してきたつもりです。

おかげでかなり整ってきたなと思っていました。

しかし、まだまだ向き合う物はたくさんあります。

先日あらためてそう感じさせられました。きっかけは些細な一言をいただいたことです。

それは「がまん」という言葉。

僕自身気づかぬうちにたくさん我慢をしてきたみたいです。

岡部明美さんの一言で涙した

先日、学びのイベントに参加しました。そのイベントはとてもパワーを貰えてとても有意義な時間でした。

併せて読みたい記事

このイベントが終了後の話です。希望者による懇親会があり参加してきました。

そこにいらっしゃったのがカウンセラーであり、セラピストである岡部明美さん。

いろいろな方から深く心を学んでいる方と伺っていました。

そして、関わっている方の変化がすごいので僕もいつかは話してみたい。そんな風に思っていました。

今回ありがたいことに初めてじっくりと岡部明美さんとお話する機会がありました。

横に座ってほんの10分ほどの会話のなかで言われた一言。

「あまかずさんは太っているから今までずっと我慢してきたんだね」

この言葉をと聞いた瞬間。

今まで感じた事がない感情の高ぶりを感じました。

そして、目からは自然に涙があふれてきました。

こんな感覚は初めてです。

悲しい、楽しい、悔しい、どの感情にも当てはまらない不思議な感覚。

しかし、愛に満ちたその言葉に僕は心を打たれました。

僕自身が「がまん」に気づいていない

なぜ「がまん」という言葉に反応したのか。

それは僕自身が知らないうちに「がまん」していたからなんですよね。

今まで潜在的に耐え続けていた部分を認めてもらえる一言をかけてもらった。

だからこそ、その一言に揺さぶられたのかなと分析してみます。

なんだかとても第三者的な書き方ですよね。

でもこれは仕方無い。

僕自身は「がまん」しているつもりは無いんですよね。

毎日を当たり前のように生きている。ただそれだけです。

分析通り我慢をしているのであれば

どこが「がまん」でどこが「がまん」じゃないのか?

まずそこをはっきりさせる必要がありますね。

ここからは自己探求です。

僕自身のがまんについてあらためて意識していきます。

今日のポイント

以上、岡部明美さんの一言で僕自身気づいていない自分に気づいた話でした。

本質を見抜かれたような一言にただただ脱帽です。

僕自身知らない自分がまだあると言うことですね。

諦めず自己探求していきます。

あまかず
僕の「がまん」とは一体何なんだろう。とても大きな課題であることは間違いなさそうです。生きやすくなるためにもこの自分とは真剣に向き合います。

岡部明美さんの本

併せ読みたい関連記事

■【最先端の働き方:ワークスタイルイノベーション】特別トークセッション 立花岳志×湯ノ口弘二に参加。パワーと勇気を貰えた4時間だった。

■「Being」から 「Doing」への転換期がやってきた!鎌倉でプロブロガー立花岳志さんの個別対面サービスを受ける。

■スポンサーリンク■

あまかずからのお知らせ

お知らせ
■あまかず主催のブログ術講座■
思うようにブログが書けない。そんな悩みをノートで解決する講座が開催です!
個別ブログ相談のご案内