ミニスーファミのファイナルファンタジー6が面白い。今と過去で楽しさが違う!

あまかずからのお知らせ

お知らせ
■あまかず主催のブログ講座
思うようにブログが書けない。そんな悩みを解決する講座が開催です!

10/5に発売されたニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンを楽しんでいます。

中でもかこ遊びまくった聖剣伝説2とファイナルファンタジー6は面白いですね。

ただ、面白さのポイントが過去とかわっていました。

これはなかなか面白い体験です。

それでは行ってみましょう

広告

ミニスーファミのファイナルファンタジー6が面白い。今と過去で楽しさが違う!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回はミニスーファミのFF6をプレイして気づいた事です。当時と今はやっぱり違うんだなぁ。

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンで楽しんでいる!

10/5に発売になったニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(以降ミニスーファミ)。

ちょくちょく遊んでいます。

やっぱりスーパーファミコンは楽しいですね。

自分が中高生時代に遊びまくっていた思いでもあります。

したし、実際今プレイしてもそのその面白さは遜色ないですよね。

中でも、最近よく遊んでいるのは「聖剣伝説2」「ファイナルファンタジー6(通称FF6)」。

特にFF6は改めて面白さを再認識しました。

ただ、当時とは違う面白さ。

過去のゲームの再評価って面白いですね。

過去と今、FF6の面白さはどこが違うのか?

FF6は1994年発売のソフトです。

僕も当時買ってプレイしました。

いかに早くクリア出来るかを友達と競ってたりなかなかハードな遊び方をしてました(笑)。

ただ、当時このゲームは面白いと思いつつ、実はあまり好きにはなれませんでした。

と言うのもこのゲームはプレイできる登場人物非常に多いんですよね。そして、その登場人物による群像劇として描かれています。なので、プレイするキャラクターが入れ替わりがあって固定されない事しばしば。

当時の僕はゲームで育てるキャラクターは固定された方がいい。そう思っていたのであまり好きになれませんでした。

時は20年以上経って改めてプレイすると、実はこの群像劇がとても面白い事に気づきました。

登場人物それぞれにドラマや生き様がある。すごく考えさせられるんですよね。

話の意味も当時はふわっとしか分かりませんでしたが、今ではしっかりと理解できます。

かつて苦手だった部分が今はそこが面白さになっています。

過去やったゲームの再評価って面白い

今回、ファイナルファンタジー6を通して過去やったゲームの感想が今と異なる。

という体験をしました。

これって実に面白いですね。

感想は昔のままかなと思っていましたが案外そうでないですね。

同じ人間ですが当時と今で考えている事が違う。

その差を知るのには過去のゲームの再評価って案外いいのかも。

いろんな物で試したら新たな発見があるかもしれません。

是非やってみよう。

今日のポイント

以上、「ファイナルファンタジー6」をやったら過去と感想が違うという話でした。

過去の自分と今の自分。

どちらも自分ですが違うんですね。

面白い気づきでした。

あまかず
今回はFF6ですが、聖剣2もやっぱり面白い。
それにしても昔のゲームって今と違って回復ポイントが少ないですよね。
難易度は高かったんですねー改めて再認識です

FF6のサウンドトラック

併せ読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・オタク・ペヤンガー etc。人生を好きな事、楽しいこと、幸せで満たすためのブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ